2018年04月21日 UPDATE

スクワットの回数は何回?頻度や目安は?カロリー消費はダイエット向き?

スクワットはダイエットや筋トレに効果的なトレーニングでもありますが、その傾度や回数を何回していいのか分からないという方もいると思います。そこで今回は目安としたスクワットの回数や、傾度、効果的な筋トレ方法を紹介していきます。

目次

  1. スクワットの適した回数で筋トレする効果とは?
  2. 【ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度】一日に50回
  3. 【ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度】数セットに分ける
  4. 【ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度】慣れてきたら回数を増やす
  5. 【ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度】体と相談することも大切
  6. 【スクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法】骨盤を前傾させる
  7. 【スクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法】膝は伸ばさない
  8. 【スクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法】椅子に座るイメージでスクワットする
  9. 【スクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法】背中も意識する
  10. 【スクワットの回数や傾度でさらに効果を与える為の筋トレ方法】
  11. スクワットの回数は何回?頻度や目安は?カロリー消費はダイエット向き?のまとめ

スクワットの適した回数で筋トレする効果とは?

8246ca7fdd2de1c4b1d301a0d8fc1613
引用: https://i.pinimg.com/564x/82/46/ca/8246ca7fdd2de1c4b1d301a0d8fc1613.jpg

スクワットは筋トレの中でも、効果の高いトレーニング方法とされていますが、適した回数で行うことでどのような効果を得られるのか分からないという方もいると思います。スクワットは一度に沢山の筋肉を鍛えることができ、消費するカロリーも大きいのです。こちらではそんなスクワットをした事で、期待できる効果について以下に解説していきます。

大腿四頭筋

77429365a3700ee4889cba66b9cd7265
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/42/93/77429365a3700ee4889cba66b9cd7265.jpg

スクワットを適した回数で行うことで、大腿四頭筋を鍛えることができます。大腿四頭筋とは、太ももの前にある筋肉となっており、その筋肉を鍛えることで太ももを引き締めてくれる効果があります。

ハムストリングス

079bc0910e5190e58b9d02bfbc707262
引用: https://i.pinimg.com/564x/07/9b/c0/079bc0910e5190e58b9d02bfbc707262.jpg

スクワットを適した回数で行うことで得られる効果として、ハムストリングスを鍛えることもできます。ハムストリングスは、太ももの裏にある筋肉となっており、その筋肉は瞬発力を高めるのにも効果が期待できるとされています。

脊柱起立筋

Ba6306f9ab2c96c43001f8d6259a7941
引用: https://i.pinimg.com/564x/ba/63/06/ba6306f9ab2c96c43001f8d6259a7941.jpg

次にスクワットで鍛えることができる筋肉は、背中にある脊柱起立筋に効果があるとされています。脊柱起立筋は体幹を鍛えることもできるので、様々な効果が期待されています。

大殿筋

0c899f3aea54ae65dcbef992ff85e986
引用: https://i.pinimg.com/564x/0c/89/9f/0c899f3aea54ae65dcbef992ff85e986.jpg

大殿筋はおしりの筋肉ですが、その大殿筋をスクワットで鍛えることでお尻を引き締める効果が期待できます。

腹筋

79f0a3e7d93871b14e24d75431320a98
引用: https://i.pinimg.com/564x/79/f0/a3/79f0a3e7d93871b14e24d75431320a98.jpg

腹筋を鍛える筋トレ方法はスクワット以外には色々なやり方がありますが、スクワットでも腹筋を鍛えるのに効果があるんです。その腹筋を鍛えることで、ウエストラインを引き締めることができ、シックスパックを作り出すことができます。

ダイエット効果

F0bdfa492ac4b617f0dd56532fef7621
引用: https://i.pinimg.com/564x/f0/bd/fa/f0bdfa492ac4b617f0dd56532fef7621.jpg

またスクワットには様々な筋肉を鍛える効果だけでなく、ダイエット効果もあるんです。スクワットは消費カロリーも大きいので、スクワットをするだけでもダイエットをすることができるんです。

関連記事

【ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度】一日に50回

E2498f5c2647d6ed9715f6ee8988b0e9
引用: https://i.pinimg.com/564x/e2/49/8f/e2498f5c2647d6ed9715f6ee8988b0e9.jpg

上記でもお伝えしたようにスクワットにはダイエット効果も期待することができます。そんなダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度の一つ目のポイントは、1日に最低でも50回行うことをおすすめします。スクワットは消費カロリーは大きいのですが、回数と傾度を控えめにするとそれだけダイエットが期待できないのです。

【ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度】数セットに分ける

677d806312bb24aca98c41315dad30de
引用: https://i.pinimg.com/564x/67/7d/80/677d806312bb24aca98c41315dad30de.jpg

ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度として、1日に50回をすることをおすすめしますが、1回に50回行うわけではなく、数セットに分けてすることが大切です。1日に6回~8回程度を目安としてスクワットをすると、無理なく続けることもできます。

【ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度】慣れてきたら回数を増やす

F385cdfebabfc98974e6b9ae12946094
引用: https://i.pinimg.com/564x/f3/85/cd/f385cdfebabfc98974e6b9ae12946094.jpg

また1日のセットを目安にして、スクワットが慣れてきたら、50回だけでなく回数を増やすと更にカロリー消費を高めることができます。もしその回数の目安でも慣れてきたら、回数だけでなくセット数も増やすとそれだけカロリーを多く消費することができるので、ダイエットにも効果です。

【ダイエットにおすすめのスクワットの回数と傾度】体と相談することも大切

D4dc91480e699741f84f8291325893dc
引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/dc/91/d4dc91480e699741f84f8291325893dc.jpg

スクワットでダイエットする際には、回数と傾度の目安を決めて行うとそれだけカロリー消費が期待できますが、自分の体と相談することも大切なポイントです。たとえスクワットの傾度の目安を毎日行うと決めても、筋肉痛になった場合は控えた方がいいのです。筋肉痛の状態でスクワットを続けていると、体の負担となるので筋肉を休ませることも大切なのです。

【スクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法】骨盤を前傾させる

A1a887660c2f8d2a8bc2a04ee82b90e4
引用: https://i.pinimg.com/236x/a1/a8/87/a1a887660c2f8d2a8bc2a04ee82b90e4.jpg

スクワットと聞けば、簡単にできるイメージがありますが、実は基本となるやり方があるんです。そんなスクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法として一つ目のポイントは、骨盤を前傾させることをイメージすることです。しかし骨盤を前傾させる事にイメージしすぎてしまえば、腰に負担がかかってしまい、傷める原因にもなるのでやや骨盤を前傾させながら、スクワットをする様にしましょう。

【スクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法】膝は伸ばさない

50ef76f5047e0f32c0c59b983243db84
引用: https://i.pinimg.com/564x/50/ef/76/50ef76f5047e0f32c0c59b983243db84.jpg

またスクワットで上体を起こす時には、膝は伸ばしきらないこともポイントになります。膝は伸ばさずに、少しだけ曲げた状態を保ち、スクワットをするとそれだけ効果が期待できるのです。

【スクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法】椅子に座るイメージでスクワットする

3eed5b074663a60ad4d5e979a178360c
引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/ed/5b/3eed5b074663a60ad4d5e979a178360c.jpg

膝を完全に伸ばさないことも大切なポイントですが、上体を下げる時には、椅子に座るイメージでスクワットをするのも基本的な筋トレ方法です。お尻を突き出すように、下ろしていくと様々な筋肉に負荷をかけることができます。

【スクワットの回数で効果のある基本的な筋トレ方法】背中も意識する

77ca20b7e98e76c84c7a35a33f24b02b
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/ca/20/77ca20b7e98e76c84c7a35a33f24b02b.jpg

また椅子に座るイメージをしながら、背中も意識することが大切です。背中は首から真っ直ぐにすることを意識しながらスクワットを行うと、効果的に筋トレすることができます。

【スクワットの回数や傾度でさらに効果を与える為の筋トレ方法】

F291ed32f3977915374a83233d832fb2
引用: https://i.pinimg.com/564x/f2/91/ed/f291ed32f3977915374a83233d832fb2.jpg

今までは基本的なスクワットの筋トレ方法を紹介してきましたが、スクワットの回数や傾度でさらに効果を与える為の筋トレ方法もあるんです。こちらではそんなさらに効果を高めるスクワットの筋トレ方法を以下に紹介してきますので、さらに効果を高めたい方は是非参考にしてみてください。

スタートポジションを意識する

89b4ffefabeb3867349ca02e11301bd4
引用: https://i.pinimg.com/564x/89/b4/ff/89b4ffefabeb3867349ca02e11301bd4.jpg

スクワットでさらに効果を高める筋トレ方法の一つ目のポイントとして、はじめのスタートポジションに意識することが大切です。スタートポジションは肩の幅と足の幅を同じ位にして、足にはしっかりと力を込めながら、八の字にした状態でスクワットを行うと効果的に負荷をかけることができます。

上半身をゆっくりと下げる

D2eedfbe9c63ae496144fdd652c88fa8
引用: https://i.pinimg.com/564x/d2/ee/df/d2eedfbe9c63ae496144fdd652c88fa8.jpg

スクワットでさらに効果を与える筋トレ方法の次のポイントは、上半身はゆっくりと下げていくことが大切です。ゆっくりと上半身を下げていく時には、お尻に意識しながら、真下に下げていくような感じにすると、効果を高めることができます。また足には力を入れた状態をキープしながら、ゆっくりを下げていくようにします。

下げた時と同じ軌道で上半身を上げる

F85fbd160a28a372e2f75e9a8c7c7691
引用: https://i.pinimg.com/564x/f8/5f/bd/f85fbd160a28a372e2f75e9a8c7c7691.jpg

下げた時と同じ軌道で上半身を上げることも大切なポイントです。この方法を繰り返していくと、基本的なスクワット方法よりもさらに効果が期待できます。またこのスクワット方法をする際には、常に足に力が入っている状態で行うと、筋肉に負荷をかけ続けることができます。その他にも呼吸も大切なポイントとなっており、上体を下す時には息を吸いながら行い、逆に上体を上げる時には息を吐きながらスクワットすると、より効果を与えることができます。

関連記事

スクワットの回数は何回?頻度や目安は?カロリー消費はダイエット向き?のまとめ

59e36299f801d5cf974675ce38d32d65
引用: https://i.pinimg.com/236x/59/e3/62/59e36299f801d5cf974675ce38d32d65.jpg

スクワットの回数や傾度はお分かりして頂けましたか?スクワットは様々な筋トレ方法がある中でも、足腰の筋肉を鍛えることができるだけでなく、ダイエット効果も期待できるトレーニング法なのです。シンプルな筋トレ方法でもあるので、どこでも行うことができるので筋トレ初心者にもおすすめです。またそのやり方によって、さらに効果を高めることもできます。しかしそんなスクワットで筋トレする差には、体の負担にならないように、回数と傾度を設定して行うことも大切で、無理なく続けていきその効果を実感してみて下さい。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/e1/a1/fe/e1a1fea9849be25f477496426b915d28.jpg