Lnf23yownreb5esxezaf

自転車・バイク

CATEGORY | カテゴリー

ロードバイクにアイウェアを。自分に合うメガネやサングラスの選び方!

2018.04.22

ロードバイクに乗る上で「ロードバイク用アイウェア」は初心者から上級者まで使用する必需品です。スポーツ用アイウェアはスポーティーな見た目からも分かるようにスポーツに特化しています。その中でもロードバイク用アイウェアは「ロードバイクに特化した」機能があります。

目次

  1. ロードバイクにアイウェアは必要なのか?
  2. 【ロードバイク】アイウェアが必要なのも納得?魅力的なアイウェアの機能
  3. 【ロードバイク】魅力的なアイウェアの機能①:「風の巻き込み防止」
  4. 【ロードバイク】魅力的なアイウェアの機能②:「目の保護」
  5. 【ロードバイク】魅力的なアイウェアの機能③:「紫外線予防」
  6. 【ロードバイク】魅力的なアイウェアの機能④:「視界の確保」
  7. 【ロードバイク】幅広いラインナップ!レンズの色とその選び方
  8. 【ロードバイク】レンズの色とその選び方①:クリア(透明)レンズ
  9. 【ロードバイク】レンズの色とその選び方②:グレーレンズ
  10. 【ロードバイク】レンズの色とその選び方③:ブルーレンズ
  11. 【ロードバイク】レンズの色とその選び方④:イエローレンズ
  12. 【ロードバイク】レンズの色とその選び方⑤:ミラーレンズ
  13. ロードバイク用サングラスとメガネ!目が悪い人におすすめのアイウェア
  14. 【ロードバイク】まとめ

ロードバイクの必須アイテムと言っても過言ではないのが「アイウェア」です。なぜそんなに必要なのか?ファッション的な意味合いでアイウェアをかけている人も0ではないと思うが、大半の人はその機能性に惹かれて着用しています。

Road bike 1812217 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/09/17/11/road-bike-1812217_1280.jpg

時速30キロにも迫るスピードで走行できるロードバイクは自分はもちろんだが、周りも危険な目に遭わせる可能性もあります。安全な走行をする為には目からの情報は最も大事なものになります。目からの情報全てをロスなくキャッチするにはアイウェアが必要だと断言できます。では具体的にアイウェアにはどんな機能があるのか?

71vacohpmpl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71vAcoHpMPL._SL1500_.jpg

ロードバイクに乗っている人でアイウェアは着用しない人は少数派です。しかも一般的なサングラスで代用せず、ロードバイク専用のアイウェアを使っています。ロードバイク専用のアイウェアにはロードバイクに最適化された優れた機能、「風の巻き込み防止」「目の保護」「紫外線予防」「視界の確保」などがあり、ロードバイク愛用者に支持されています。

Cycling 1814362 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/10/14/00/cycling-1814362_1280.jpg

関連記事

ロードバイク用のアイウェアとスポーツ用サングラスは、見た目だけでは同じに見えるかもしれませんが、ロードバイク用アイウェアの場合は目の周りにフィットするように作られているので風の巻き込みを軽減する事が出来ます。風避けの無い状況で走るロードバイクは顔で風を受けるような形になります。サングラスが顔にフィットしていないと、目に強烈な風が当たり続けてしまい、目が乾燥してしまいます。見た目が同じでもこの差は非常に大きいので、ロードバイクをする時はロードバイク用のアイウェアを着用しましょう。

Triathlon 2440855 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/06/25/13/36/triathlon-2440855_1280.jpg

先程の「風の巻き込み防止」の話の続きになってしまいますが、風が目に入るという事は、ほこりなどのゴミが目に入る恐れがあります。時速30キロにも迫るようなスピードで走行している時に突然目にゴミが入ったとなれば事故などに繋がる可能性もあります。顔にフィットする設計のロードバイク用のアイウェアを使う事で目にゴミが入る確率は大きく下げることができます。注意が必要なのは、種類やメーカーが変わればアイウェアの形も変わりますし、また、顔の形も十人十色、人それぞれです。自分の顔にあったアイウェア選びが大事になります。

1 / 4