Gp7rl4ta9u3bz7frcqx9

インテリア

CATEGORY | インテリア

ラグとカーペットの違いは?絨毯・マットと敷き方は違うの?

2018.04.15

ラグとカーペットの違いは皆さんご存知ですか?なんとなくわかっているつもりでも意外と違いを分かっていないものって多いですよね。今回はラグやカーペットの違いや実際にどのような敷き方をするのかなどの活用方法についてご紹介したいと思います。

目次

  1. ラグやカーペットの違いは?ラグやカーペットを敷いて部屋をおしゃれに!
  2. ラグとカーペットの違いは存在!
  3. カーペットとは?
  4. ラグとは?
  5. ラグやカーペットの違いを分かりやすくすると?
  6. ラグやカーペットの違い別おすすめの敷く場所、敷き方も存在!
  7. 【ラグ】おすすめの敷き方① リビング
  8. 【ラグ】おすすめの敷き方② ダイニング
  9. 【ラグ】おすすめの敷き方③ ベッド下
  10. 【カーペット】おすすめの敷き方① リビング
  11. 【カーペット】おすすめの敷き方② 子供部屋
  12. 絨毯やマットも同様に違い・用途に合わせて敷くのが好ましい!
  13. 【まとめ】違いをしっかりと把握しておしゃれな部屋作りを!

カーペットの魅力④断熱性能

Fill 750x375 ad7a56d3 70aa 48af 82dc 2920e964fa78
引用: https://miraie.me/wp-content/uploads/2017/11/fill_750x375_ad7a56d3-70aa-48af-82dc-2920e964fa78.jpg

カーペットは断熱性も優れています。分厚さがあると途中でもご紹介しましたが、カーペットは断熱性が高く冬場でも快適に過ごせやすいです。寒い地方の人には重宝されるので、カーペットは今もなお人気です。もちろん寒い地方の方以外にも好評なので、お子さんがいるご家庭などにもおすすめと言えます。

F0a170fb522f2cbe1e2f9bc3d5f3e901
引用: https://i.pinimg.com/564x/f0/a1/70/f0a170fb522f2cbe1e2f9bc3d5f3e901.jpg

次はラグについてご紹介したいと思います。ラグは上記の画像を見ていただいてもわかるように、コンパクトサイズが多いです。カーペットは部屋全体を敷いたと思いますが、ラグは上記の画像のようなワンポイントデザインとして敷く場合が多いです。そのため、リビングなどに敷くことが多く、おしゃれなデザインが豊富です。次はさらにラグの魅力についてご紹介します。

ラグの魅力①手入れのしやすい

Electric carpets 7
引用: https://inzak.jp/wp-content/uploads/2017/10/electric-carpets-7.jpg

ラグの魅力として挙げられるのが手入れのしやすさです。先ほども触れたように、ラグは比較的コンパクトサイズが多いです。そのため、カーペットや絨毯などと比べると汚れてしまいやすいのですが、カーペットや絨毯とは違って簡単に退けるが可能です。常に清潔な状態なものを使えるのもラグ最大の魅力と言えます。

ラグの魅力②見た目がおしゃれ

Goods image
引用: http://hotmise.co/images/goods/00002/goods_image.jpg

さらに、ラグは見た目がおしゃれなものが多いです。インテリアとして敷く人も多く、おしゃれアイテムの一つと考える人も多いです。ラグは小さいため、気分や季節によって変えることができるのも魅力の一つと言えます。おしゃれな部屋作りをしたい方にはラグがおすすめです。

関連記事

違いは主に「サイズ」

040701208 g 003 bt interior m 600 thumb 600xauto 3046
引用: http://www.1hitorigurashi.com/coordinate/assets_c/2012/08/040701208_g_003_bt_interior_m_600-thumb-600xauto-3046.jpg

ラグとカーペットの魅力についてそれぞれご紹介しましたが、ラグとカーペットの違いはまさにサイズです。カーペットは部屋全体に敷き、ラグは部分的に敷くとイメージしていただいたら間違いないです。もちろん大きめのサイズのラグもあるのですが、その場合はラグカーペットと呼ばれることも多いです。カーペットと絨毯は似ている場合が多いです。

雰囲気、用途の違いによって使い分けるのがベスト!

Precious ind
引用: https://image.rakuten.co.jp/auc-youai/cabinet/fuwafuwa/precious-ind.jpg

ラグやカーペットは用途や目的によって使い分けるのが好ましいです。子供部屋はカーペット、リビングなどはラグというような形がおしゃれになりやすいです。もちろんラグやカーペット以外にもマットや絨毯があるのですが、マットや絨毯も場所によって使い分けるのが好ましいです。

2 / 4