2018年04月14日 UPDATE

高級スーツブランド特集!普通のスーツと生地が違っておすすめ!

メンズなら誰もが憧れる高級スーツ、一着持っておくだけでやはり一味違うその存在感はやはり一線を画すものです。高級ともなれば生地の違いなども見られるので、今回は高級スーツブランドをいくつか取り上げ、その違いやデザインについて見ていこうと思います。

目次

  1. はじめに:高級スーツはメンズのステータスである!
  2. 【おすすめ高級スーツブランド】ダンヒル【生地の違いやクリーニングの如何について】
  3. 【おすすめ高級スーツブランド】イヴサンローラン【生地の違いやクリーニングの如何について】
  4. 【おすすめ高級スーツブランド】トムフォード【生地の違いやクリーニングの如何について】
  5. 【おすすめ高級スーツブランド】アルマーニ【生地の違いやクリーニングの如何について】
  6. 【おすすめ高級スーツブランド】ラルフローレン【生地の違いやクリーニングの如何について】
  7. 【おすすめ高級スーツブランド】ゼニア【生地の違いやクリーニングの如何について】
  8. 【おすすめ高級スーツブランド】バーバリー【生地の違いやクリーニングの如何について】
  9. 【おすすめ高級スーツブランド】トムブラウン【生地の違いやクリーニングの如何について】
  10. 【おすすめ高級スーツブランド】ディオール【生地の違いやクリーニングの如何について】
  11. 【おすすめ高級スーツブランド】ルイヴィトン【生地の違いやクリーニングの如何について】
  12. まとめ:ハイブランドの高級スーツはやはり格が違った!高級スーツで気品溢れるメンズを目指せ!

はじめに:高級スーツはメンズのステータスである!

0
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/01/0.jpg
Zeni
引用: http://xn--nckg2a1d4c2cycb9fdcb.com/wp-content/uploads/2013/03/ZENI.jpg

高級なスーツは着心地、見た目、生地、何もかもが一線級です。スーツはメンズのステータスとはよく言われたものですが、やはり高級なスーツに身を纏うと、仕事にしろ交友にしろ、さまざまな面で使うことができ、何より優越感を感じてしまいますね。自分はこの高級ブランドを背負って着ている、なんて想像が思わず膨らんでしまいそうなその気品溢れるフォルム、デザインはやはり憧れの的です。今回は誰もが羨む高級スーツブランドをいくつか取り上げて、生地やデザインなどの違いについて紐解いていきます。

【おすすめ高級スーツブランド】ダンヒル【生地の違いやクリーニングの如何について】

Daab7146ea2806f2a663def2a18491a4
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/07/daab7146ea2806f2a663def2a18491a4.jpg
03f03709f79500eb29e4b11eb24715c9
引用: https://www.imn.jp/api/image/max-width/810/images/upload/2017/03/03f03709f79500eb29e4b11eb24715c9.jpg

ダンヒルは少し大人向け、30~40代がターゲットになっているようなスーツが多く、気品溢れる上品な素材を使用した高級スーツが多数揃っています。生地はウール一つとってもいくつかの素材をミックスした混紡ウールと呼ばれる素材が使われていたり、あの高級生地のカシミヤを100パーセント使ったスーツだったり、とにかく生地にこだわっています。フルライニング仕様という裏地にも生地をふんだんに使っているデザインもあるなど、デザインに一切の余念がないそのこだわりはブランド創業当時から愛される理由です。

【おすすめ高級スーツブランド】イヴサンローラン【生地の違いやクリーニングの如何について】

Yves saint laurent 2012 13aw 3
引用: http://f-fiori-cafe.com/wordpress/wp-content/uploads/Yves-Saint-Laurent-2012-13AW-3.jpg
Cb42b46b30e9d8c9e5cbb31475823ac0
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2b/37/cb42b46b30e9d8c9e5cbb31475823ac0.jpg

まさにジェントルマン、若い方には少し敬遠されるかもしれないですが、非常におしゃれなイヴサンローランのスーツです。ポイントはテーラード技術が盛り込まれたコートのようなボタン配置、そしてレザーを使った光沢のある生地、まさしく紳士、貴族、といった単語が似合うようなデザインになっています。レザーをとにかく使うブランドなので、ポケットなどの細部にもレザーが盛り込まれ、とにかく高級仕様となっています。立食パーティなどで着ていけば、周辺の注目を浴びること間違いなしです。

【おすすめ高級スーツブランド】トムフォード【生地の違いやクリーニングの如何について】

Tom ford mens lookbook 2014fw15
引用: http://mensfashion-brand.com/wp-content/uploads/2016/03/tom-ford-mens-lookbook-2014FW15.jpg
2015 0115 photo19
引用: http://mensfashion-brand.com/wp-content/uploads/2016/03/2015_0115-photo19.jpg

トムフォードも高級スーツブランドとして注目されています。特筆すべきはボディーラインが如実に表れるそのデザインで、着丈は非常にスマート、細身はスーツが似合わないという常識を覆しているデザインです。生地は最高級の仕立てブランドと提携しており、一着一着使っている生地は違えど、その全てが抜かりの無いフォルムを作り上げています。新卒の方などにおすすめです。

【おすすめ高級スーツブランド】アルマーニ【生地の違いやクリーニングの如何について】

Rmpfnhbl1ua9wreinan7
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20141002%2F55%2F5679865%2F15%2F750x1175xe01aa825ac84a04f446c9fe.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
20151102 35373b
引用: https://www.scontocollection.com/data/scontocollection/product/20151102_35373b.jpg

光沢が味のある演出をする、アルマーニのスーツです。「ちょい悪」として知られているアルマーニですが、その名の通り、着た者に威圧感や荘厳な雰囲気を与えるため、一匹狼気質の方などにとてもおすすめしたいブランドです。極上ウールを100パーセント使用していますが、通常のウールと取り扱いはほとんど同じくできるので、クリーニングに出しても安心です。さらにウール生地特有の軽量感が、スーツの重々しさを取り払って非常に爽やかな着心地になります。

【おすすめ高級スーツブランド】ラルフローレン【生地の違いやクリーニングの如何について】

1 13
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/04/1-13.jpg
Adb gqjapan ralphlauren 04
引用: https://gqjapan.jp/uploads/conv/2011/03/ADB-GQJAPAN_RALPHLAUREN_04-.jpg

あの有名なポロシャツブランド、ラルフローレンのスーツも高級スーツとして知られています。ラルフローレンといえばポロシャツの加工井非常に力を入れていることで知られていますが、それはスーツにおいても同じこと。丈夫で、毎日仕事着として着用しても劣化が少ないため、外回りが多いビジネスマンには非常にうってつけのブランドです。胸元が少々開き気味で作られているため、少しセクシーな雰囲気も演出します。

【おすすめ高級スーツブランド】ゼニア【生地の違いやクリーニングの如何について】

01
引用: http://www.feric.ne.jp/fashion/ermenegildo-zegna/090903/img/01.jpg
2
引用: http://atmens.jp/zegna/files/entry_files/2/2.jpg

世界中の著名人が欲しがる高級スーツブランド、ゼニア。このゼニアは服地ブランドなので、生地作り、デザインは他の追随を許さないトップクラスのレベルを誇っています。本当に細部までこだわっており、ステッチなどの細かい場所にも繊細な技術が施されています。このゼニアブランドの生地を使っているハイブランドも多いので、他のブランドスーツの元祖を味わうなら是非チェックしておきたいブランドです。

【おすすめ高級スーツブランド】バーバリー【生地の違いやクリーニングの如何について】

Xaoqrygkgtezsgjovdzi
引用: https://assets.burberry.com/is/image/Burberryltd/cd994f8677c70876a3fcc7cf607adec80c5c8291.jpg?$BBY_V2_ML_1X1$&wid=1920&hei=1920
C974e0ef4fc25418837893b1134432b5  mohair suit chelsea
引用: https://i.pinimg.com/736x/c9/74/e0/c974e0ef4fc25418837893b1134432b5--mohair-suit-chelsea.jpg

ハイブランドのなかでも一際おしゃれな模様で有名なあのバーバリーもメンズスーツとしては高級品とし手取り扱われています。特徴としてはシルエットが非常にスリムなこと、ボディーラインが美しい方が着用するとさらに生きる、そんなスーツが目白押しです。羊毛99パーセントなど、ウールでない加工のスーツが稀にあるため、クリーニングに出す際には注意しましょう。

【おすすめ高級スーツブランド】トムブラウン【生地の違いやクリーニングの如何について】

20160102205151726 276
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/j395mc/20160102205151726/20160102205151726_276.jpg
Kyj66prdarrg4iixxcl5
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20150902%2F71%2F7448621%2F24%2F400x500x1b7bef26062515e7f331c767.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

少しスーツの常識から外れたトムブラウンのスーツも高級嗜好ということで愛されてきています。ポイントはジャケット、パンツ、裾に至るまで非常に着丈が短いことです。本来ならば隠れるべき場所なのですが、くるぶしを見せることによる、カジュアルダウンの思想がうかがえます。しかしここ以外の部位に至ってはスタンダード、創業者のスタンダード至高によってこだわり抜かれたデザインとなっています。

関連記事

【おすすめ高級スーツブランド】ディオール【生地の違いやクリーニングの如何について】

15a15d78a9e5e0b2a69e3071d8426e82
引用: https://www.fashion-headline.com/api/image/width/750/images/migration/2014/01/15a15d78a9e5e0b2a69e3071d8426e82.jpg
20140630diorhomme01
引用: http://static.fashionpost.jp/article/wp-content/uploads/2014/06/20140630diorhomme01.jpg

女性に大人気のブランド、ディオールも、関連ブランドのディオールオムでメンズスーツの根強い人気を誇っているブランドです。とにかくタイトな着心地と言え、痩せ型の方にベストマッチ。コートなどと合わせても非常にシックな印象が増す良い味が出るスーツなのです。スーツの形は非常に王道を行くスタイルになっているので、万人受け、そ人を選ばないというのも魅力の一つでしょう。香水などと一緒に使ったら女性が非常に喜ぶ存在になりそうですね。

【おすすめ高級スーツブランド】ルイヴィトン【生地の違いやクリーニングの如何について】

Img e5c2fc476afae8f9bd66e6fa85be2adc784688
引用: http://forza.ismcdn.jp/mwimgs/e/5/624m/img_e5c2fc476afae8f9bd66e6fa85be2adc784688.jpg
006 cesare attolini autumn winter 2011
引用: http://www.high-toned.fr/wp-content/gallery/look-books/006-cesare-attolini-autumn-winter-2011.jpg

誰もが認めるトップブランド、ルイヴィトンです。あの特徴的な模様、柄はスーツの外にはデザインされておらず、代わりに最高峰の気品溢れる生地にこだわっているトップブランドのスーツです。高級品かと思えば最高品質には変わりないですが、一般的に流通しているスーツと素材はあまり違わないので、クリーニングにも安心して出すことができます。ルイヴィトンだから為せるその高級感、そして気品は女性ウケがとんでもないことになりそうな勢いですね。

関連記事

まとめ:ハイブランドの高級スーツはやはり格が違った!高級スーツで気品溢れるメンズを目指せ!

最高級スーツブランドの紹介でしたがいかがだったでしょうか。今回挙げたブランドに限らず、今各ブランドはメンズのスーツにかなり力を入れています。ビジネスマンが増え、スーツを使う場面が多くなった昨今から、「やはりメンズはスーツでこそ輝く」という風潮が広まったのでしょう。スーツは今後生活していくうえで、ステータスとなりうる、男性の自満点、そして自己満足店に値します。どの生地が良くて、どのデザインが良いかというのは自分の体型を見つめ直し、体型と相談したうえで決めましょう。きっとあなたにも「これだ!」という高級スーツが現れますよ。

E47ed3dad145116f6edd61094deea4c9
引用: https://d1kls9wq53whe1.cloudfront.net/articles/12448/410x615/e47ed3dad145116f6edd61094deea4c9.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2017/01/0.jpg