Cj3rnfnjkytal4jajh7o

自転車・バイク

CATEGORY | 自転車・バイク

クロスバイクをブルホーン化する効果・メリットは?おすすめパーツはこれ。

2018.04.15

クロスバイクのカスタマイズ法であるブルホーン化。ハンドルを変えるだけでポジションが変わり長距離ライドも楽になると人気のカスタムとなっています。そこで今回はクロスバイクのブルホーン化で得られる効果やメリットについてご紹介。おすすめパーツも併せてお送りいたします!

目次

  1. そもそもブルホーンとは?
  2. クロスバイクをブルホーンにする効果やメリットとは?
  3. クロスバイクをブルホーンにするデメリットは?
  4. ブルホーンのバリエーション色々
  5. クロスバイクのブルホーン化におすすめのパーツ:Ruler ブルホーンバー
  6. クロスバイクのブルホーン化におすすめのパーツ:ENE CICLO サムシフター
  7. クロスバイクのブルホーン化におすすめのパーツ:TEKTRO TL720
  8. クロスバイクのブルホーン化におすすめのパーツ:シマノ ST-9071
  9. クロスバイクのブルホーン化におすすめのパーツ:SENQI 自転車ブレーキレバー
  10. クロスバイクのブルホーン化におすすめのパーツ:Supacaz ハンドルバーテープ
  11. まとめ

ブル(牛)の角(ホーン)のようなハンドル

Rntihg0twbeyuauhvo7a
引用: https://www.instagram.com/p/BMLd87hhWyd/?hl=ja&tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

ブルホーンとはその名の通り牛の角のような形をしたハンドルのことを指します。ドロップハンドルの下部分がないようなデザインとなっており、クロスバイクで主流のストレートハンドルと違った使用感を味わえるとして人気のカスタム法となっています。

手軽なカスタマイズとして人気

Ztcsmwmmq7nulkokvqlv
引用: https://www.instagram.com/p/BhHDf21jPcu/?hl=ja&tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

ハンドルを変えるだけでカスタムできるという手軽さが人気のブルホーン化。ほかにもブレーキ類まで交換するとより高性能にできるなど、オーナーの個性が出るカスタム手法でもあります。

関連記事

前傾姿勢がとりやすくスピードアップ効果が見込める

Gtudqocg3y8sajvzobyd
引用: https://www.instagram.com/p/BgaDMytFwcW/?hl=ja&tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

ブルホーン化で得られる効果として一番顕著なのはポジショニングが変わるという点です。前傾姿勢がとりやすくなるため風の抵抗が少なくなり、スピードアップ効果が期待できます。他にもハンドルを握る部分に自由が利くようになるので、ダウンヒルや上り坂など様々な道のコンディションに対応することが可能です。

何より見た目がかっこいい

Equqo5nuyfzxwdtfrsih
引用: https://www.instagram.com/p/BgNRW34FVqw/?hl=ja&tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

なによりブルホーン化は見た目がかっこよくなるのも重要なポイント。クロスバイクのストレートハンドルに比べて本格的なフォルムは男心をくすぐってくれます。ドロップハンドルはハードルが高いけれどかっこよくもしたいという方にぜひおすすめのカスタマイズ方法です。

ハンドルだけの交換だとブレーキ類が操作しにくい

Oasm9ilipvuvb4pbsbtm
引用: https://www.instagram.com/p/Bf40slUD2wX/?hl=ja&tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

デメリットとしては、ハンドルだけの交換だとどうしてもブレーキ類の操作に無理が生じてしまう点です。ストレートハンドル用のブレーキだと操作する際に片手を放さざるを得なくなってしまいます。慣れてしまえば問題が無いという方も多いですが初心者の方にはハードルとなってしまう点と言えるでしょう。

ハンドル以外もカスタムすると費用と手間がかかる

Qt3dhwacdopldqevrwwh
引用: https://www.instagram.com/p/BfFJR6rnoeO/?hl=ja&tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

もちろんブレーキ類も併せて交換することもできますが、費用や手間がかかってしまうのが難点。特にSTIブレーキを搭載したい時にはブレーキ機能ごと総とっかえする必要が出てきます。また、その場合には細かなブレーキの調整など技術が必要となってくるのもデメリットと言えます。

1 / 4