Qgs2afit7qhwqheuq22q

自転車・バイク

CATEGORY | カテゴリー

クロスバイクをドロップハンドル化。おすすめのブレーキやシフターは?

2018.04.15

クロスバイクをカスタムしていくとやりたくなるのがドロップハンドル化。見た目もかっこよくなりお得に見えますが実はデメリットもあるんです。そこでここではクロスバイクのドロップハンドル化の利点・欠点の他おすすめブレーキやシフターもご紹介していきます。

目次

  1. そもそもドロップハンドルとは?
  2. クロスバイクをドロップハンドル化する利点
  3. クロスバイクをドロップハンドル化する欠点
  4. クロスバイクをドロップハンドル化するときに必要なもの:①ミニVブレーキ
  5. クロスバイクをドロップハンドル化するときに必要なもの:②STIシフター
  6. クロスバイクをドロップハンドル化するときに必要なもの:③ハンドル
  7. クロスバイクをドロップハンドル化するときに必要なもの:④ステム
  8. クロスバイクをドロップハンドル化するときに必要なもの:⑤バーテープ
  9. クロスバイクをドロップハンドル化するときに必要なもの:⑥各種工具類
  10. クロスバイクのドロップハンドル化の結論

ロードバイクなどに搭載されているハンドル

Uhdm9u67hw3dpxdzq99v
引用: https://www.instagram.com/p/Bhb64tphXql/?hl=ja&tagged=%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

ドロップハンドルとは、主にロードバイクに使われる上記の画像のような折れ曲がったデザインのハンドルです。前傾姿勢がとりやすいフォルムとなっており、シチュエーションに合わせてハンドルの握る部分を変えることで余計な力を入れずに自転車を操作することが可能になっています。

クロスバイクもドロップハンドル化できる

Zpcsi6saytctf8kmslnv
引用: https://www.instagram.com/p/Bhc2cn5gdoD/?hl=ja&tagged=%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

ストレートハンドルを特徴とするクロスバイクもカスタムによってドロップハンドル化することが可能です。詳しくは後述しますが、ドロップハンドル化には利点も欠点もあるのでカスタムの際には慎重に精査して改造に取り掛かりましょう。

関連記事

見た目がかっこよくなる

Hcgb1cxec96pfqls7jxu
引用: https://www.instagram.com/p/Bgt0TF-BFHU/?hl=ja&tagged=%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

クロスバイクをドロップハンドル化する利点と言ったら何といっても見た目がかっこよくなること。ドロップハンドルにするだけで本格的なフォルムにすることができます。操作性もそれに伴い上昇。ダウンヒルなどでの快適な走行にもつながります。

ロードバイクを買うよりも安上がり

Oprtm8wtvti5f3lfpooo
引用: https://www.instagram.com/p/BgYnoYrjGIo/?hl=ja&tagged=%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB

クロスバイクをフルカスタムでドロップハンドル化してもおおよそ3万円程度には収まります。そのため新たにロードバイクを買うよりもだいぶリーズナブル。ロードバイクは安いものでも10万円ほどするモデルが多く、クロスバイクをドロップハンドル化すれば3分の1ほどの予算でロードバイク気分を楽しむことができます。

1/5