2018年04月14日 UPDATE

バイク映画のおすすめ特集!邦画・洋画別かっこいい作品を徹底解説!

映画作品にスパイスをプラスする小道具。バイクや自動車などが多く出る作品はアクション性が高くなるので、見どころも多くかっこいい仕上がりになります。今回はそんなバイクを中心とした映画をご紹介。洋画から邦画までさまざまな作品をまとめます。

目次

  1. バイク映画の特徴と魅力など
  2. かっこいいバイク映画①:イージー・ライダー
  3. かっこいいバイク映画②:マトリックス リローデッド
  4. かっこいいバイク映画③:Akira
  5. かっこいいバイク映画④:モーターサイクル・ダイアリーズ
  6. かっこいいバイク映画⑤:ゴーストライダー
  7. かっこいいバイク映画⑥:世界最速のインディアン
  8. かっこいいバイク映画⑦:ミッションインポッシブル2
  9. かっこいいバイク映画⑧:ホットロード
  10. かっこいいバイク映画⑨:パルプフィクション
  11. バイク映画のおすすめ特集!邦画・洋画別かっこいい作品を徹底解説!のまとめ

バイク映画の特徴と魅力など

バイク映画の特徴

洋画や邦画に限らず登場するバイクは、作品にさまざまな特色をプラスしてくれる要素です。その最たるものが「アクション性」です、バイクを始め車などの登場ぶぶんが多ければ多いほどアクション的な要素が強くなります。そしてバイクが映画に登場すということは、もちろん走らせるシーンもあるわけです。このため作品に疾走感がプラスされるのも大きな特徴。スピード感のあるシーンでパンチをプラスし、かっこよいテイストをグンとアップさせます。

バイク映画の魅力

バイク映画の最大の魅力は、何といってもそのかっこよさです。上記でも触れましたが、バイクが作品にあることでアクションシーンなども増え娯楽性の高い作品へと昇華します。クールな印象の作品にもなるので、男性好みのかっこよい作品が多いのです。しかもバイク映画の中には男らしいテイストの作品もあるので、憧れる人も多いのです。

関連記事

かっこいいバイク映画①:イージー・ライダー

バイク映画といえば定番の洋画「イージー・ライダー」。バイカーならマストの作品として王道です。そんなイージー・ライダーで使われているのは、大型バイクのハーレーダビッドソン。作中で重厚感とメタル感のあるアメリカンバイクを乗り回す姿は、日本でも大きな反響を呼んでいます。同作品は音楽も大きな話題を呼びました。

イージー・ライダーは1969年公開のアメリカ作品。俳優としても名高いデニス・ホッパーが監督として参加しています。作品が公開された時代は、ベトナム戦争が激化していた時代。このためヒッピーや反戦に対するシーンや演出が盛り込まれています。主人公が自由を求めてバイクでアメリカを走り回り現実に直面する姿は、自由の国アメリカが抱えるジレンマを連想させます。

イージー★ライダー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
価格 ¥ 1,500

かっこいいバイク映画②:マトリックス リローデッド

「マトリックス リローデッド」はマトリックス3部作の2作目にあたります。バーチャル世界と現実世界で戦う人間と機械の戦いを描いており、1作目に続き大きな興行収入を獲得した洋画です。作中のバイクはヒロインであるトリニティが乗っていたドゥカティ996です。作品のキーパーソンを乗せ、敵を避けながら高速道路を逆走する姿はクールの一言です。

マトリックス リローデッドの公開は2003年で、シーンによって近未来的な部分と現代的な要素が盛り込まれており見ごたえもあります。バイクシーンの音楽はテクノポップ風の疾走感ある店舗で、シーンのアクション性にスパイスを効かせています。

マトリックス リローデッド 特別版 [DVD]
価格 ¥ 1,300

かっこいいバイク映画③:Akira

バイクシーンがカッコイイ邦画の代表格である「Akira」。日本を代表するアニメ作品でもあり、海外でも人気を誇っています。そんなAkiraでは、主人公の金田が乗るバイクが印象的で、未来的で鮮やかな赤のボディは作品を見た人なら憧れます。

Akiraは1988年公開のアニメで、大友克洋の同名漫画をもとにしています。近未来と超能力というファンタジー要素を合わせ、アクション性を高めた邦画として今でも愛される作品です。

AKIRA 〈Blu-ray〉
価格 ¥ 3,045

かっこいいバイク映画④:モーターサイクル・ダイアリーズ

バイク作品を中心とした作品として名作にあげられるのが「モーターサイクル・ダイアリーズ」です。同作品は俳優としても著名なロバート・レッドフォード製作総指揮を担当したことでも話題に上がりました。登場するバイクはノートン500ですが、序盤を過ぎるとバイクに乗るシーンはほとんどない状態に。このためバイク映画を求める方にはあまり向いていないかもしれません。

モーターサイクル・ダイアリーズは2004年公開の洋画で、スペイン語の音楽がアカデミー賞を受賞しています。実はこの作品、今でも多くの人に愛されている革命家チェ・ゲバラの若いころをベースにした作品で、南米旅行の記録をもとにしています。キューバの革命に加わわる前のチェ・ゲバラの生きざまを見ることができるので、おすすめの作品です。

モーターサイクル・ダイアリーズ [Blu-ray]
価格 ¥ 2,410

かっこいいバイク映画⑤:ゴーストライダー

バイクを使ったヒーローものといえば「ゴーストライダー」が定番。マーベルコミックの同名作品をもとにしており、悪魔的な見た目ながらもヒーロー的な立ち回りをするギャップもあり公開から大きな人気を博しています。作品に出てくるバイクはハーレーダビッドソンで、父の形見という大きな意味も持っています。主人公がゴーストライダーに変身することで、炎をモチーフにしたデザインに変化するのが特徴です。

作品は2007年に公開された洋画で、ニコラス・ケイジが主演しているのも注目です。重厚感のある音楽も良い味を出しており、娯楽性の高い作品でもあります。

ゴーストライダー エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
価格 ¥ 1,373

かっこいいバイク映画⑥:世界最速のインディアン

最速を求め走り続けた男を描いた「世界最速のインディアン」は、ニュージーランドとアメリカ合作の作品。バイクの地上最速記録保持者であるバート・マンローの実話をベースにした洋画です。名優アンソニー・ホプキンが主演を務めているのも大きなポイント。作品に登場するすのは1920年製造のインディアン・スカウトで、速度を出すために改良しています。

実話をもとにしているとはいえ、脚色された部分も存在する同作品。実際にあったかは定かではありませんが、アメリカのバイカーとの触れ合いは必見。優しいテイストの音楽も注目です。

スマイルBEST 世界最速のインディアン [DVD]
価格 ¥ 1,500

かっこいいバイク映画⑦:ミッションインポッシブル2

アクションシーンたっぷりの洋画としておなじみの、ミッションインポッシブルシリーズ。バイクのカッコよさがピカイチなのが「ミッションインポッシブル2」です。作品はおなじみトム・クルーズ演じるイーサン・ハントが繰り出すアクションシーンが見もの。作品に登場するバイクはトライアンフスピードトリプルT509で、爆発をバックに走り去るシーン圧巻です。

ミッションインポッシブルシリーズの音楽もすっかりおなじみになっており、日本でも人気の高い作品です。

M:I-2 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
価格 ¥ 1,320

かっこいいバイク映画⑧:ホットロード

バイクの邦画はたくさんありますが、特に暴走族などの作品が多いです。そんなバイクの邦画としておすすめなのが、「ホットロード」です。紡木たく原作の少女漫画をそのまま映画にした作品で、2014年に公開されています。暴走族の総長とその彼女を描いており、処女漫画的な甘酸っぱい思いがこみ上げるストーリーです。作品は原作の時代から青春漫画の王道と名高く、今でも愛読者が多いです。

作中に登場するバイクはホンダCBR400F。ヨンフォアと呼ばれるほど人気が高く、原作の時代背景に合わせた車種でもあります。

ホットロード [Blu-ray]
価格 ¥ 4,281

かっこいいバイク映画⑨:パルプフィクション

名匠クエンティン・タランティーノが監督する「パルプフィクション」は、ハードボイルド系の洋画として知られる作品です。1994年の作品で、その年のアカデミー賞い7部門ノミネートされました。作品に登場するバイクはハーレーダビッドソンで、ブルース・ウィルス演じるキャラが乗っています。バイクをメインとした作品とはいいがたいですが、ギャングを中心としたストーリーや音楽のかっこよさも相まって最高の作品に仕上がっています。

作中の音楽は70年代などのレトロな選曲が多く、魅力の一つでもあります。

関連記事

バイク映画のおすすめ特集!邦画・洋画別かっこいい作品を徹底解説!のまとめ

かっこよさが引き立つバイク映画は、やはりハーレーダビッドソンを生んだアメリカなどの洋画が多いようです。邦画や洋画に限らず、バイク映画はたくさんあるので掘り出し物の作品を見つけてみるのもひとつです。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BgiewgEhGxG/?tagged=diariosdemotocicleta