Buypccla4zstfco2mzs8

バイク

CATEGORY | カテゴリー

バイク映画のおすすめ特集!邦画・洋画別かっこいい作品を徹底解説!

2018.04.14

映画作品にスパイスをプラスする小道具。バイクや自動車などが多く出る作品はアクション性が高くなるので、見どころも多くかっこいい仕上がりになります。今回はそんなバイクを中心とした映画をご紹介。洋画から邦画までさまざまな作品をまとめます。

目次

  1. バイク映画の特徴と魅力など
  2. かっこいいバイク映画①:イージー・ライダー
  3. かっこいいバイク映画②:マトリックス リローデッド
  4. かっこいいバイク映画③:Akira
  5. かっこいいバイク映画④:モーターサイクル・ダイアリーズ
  6. かっこいいバイク映画⑤:ゴーストライダー
  7. かっこいいバイク映画⑥:世界最速のインディアン
  8. かっこいいバイク映画⑦:ミッションインポッシブル2
  9. かっこいいバイク映画⑧:ホットロード
  10. かっこいいバイク映画⑨:パルプフィクション
  11. バイク映画のおすすめ特集!邦画・洋画別かっこいい作品を徹底解説!のまとめ

バイク映画の特徴

洋画や邦画に限らず登場するバイクは、作品にさまざまな特色をプラスしてくれる要素です。その最たるものが「アクション性」です、バイクを始め車などの登場ぶぶんが多ければ多いほどアクション的な要素が強くなります。そしてバイクが映画に登場すということは、もちろん走らせるシーンもあるわけです。このため作品に疾走感がプラスされるのも大きな特徴。スピード感のあるシーンでパンチをプラスし、かっこよいテイストをグンとアップさせます。

バイク映画の魅力

バイク映画の最大の魅力は、何といってもそのかっこよさです。上記でも触れましたが、バイクが作品にあることでアクションシーンなども増え娯楽性の高い作品へと昇華します。クールな印象の作品にもなるので、男性好みのかっこよい作品が多いのです。しかもバイク映画の中には男らしいテイストの作品もあるので、憧れる人も多いのです。

関連記事

バイク映画といえば定番の洋画「イージー・ライダー」。バイカーならマストの作品として王道です。そんなイージー・ライダーで使われているのは、大型バイクのハーレーダビッドソン。作中で重厚感とメタル感のあるアメリカンバイクを乗り回す姿は、日本でも大きな反響を呼んでいます。同作品は音楽も大きな話題を呼びました。

イージー・ライダーは1969年公開のアメリカ作品。俳優としても名高いデニス・ホッパーが監督として参加しています。作品が公開された時代は、ベトナム戦争が激化していた時代。このためヒッピーや反戦に対するシーンや演出が盛り込まれています。主人公が自由を求めてバイクでアメリカを走り回り現実に直面する姿は、自由の国アメリカが抱えるジレンマを連想させます。

イージー★ライダー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
価格 ¥ 1,500
1/6