Vmzd4ghozjjr8hzg3ki4

筋トレ

CATEGORY | 筋トレ

腹筋ローラーは立ちコロがベスト。正しいやり方(フォーム)で練習を。

2019.02.22

腹筋ローラーは効果を実感しやすいことでも人気のトレーニングアイテムですよね。腹筋ローラーは特に立ちコロでのトレーニングがおすすめですが、正しいフォーム、やり方でないと効果が半減します。今回は立ちコロの正しいフォーム、やり方についてご紹介したいと思います。

目次

  1. 腹筋ローラーは毎日トレーニングするのがいい?
  2. 腹筋ローラーは立ちコロが一番効果的!
  3. 腹筋ローラーとは?
  4. 正しいフォーム、やり方でないと練習・トレーニングの意味がない!
  5. 腹筋ローラーで立ちコロができないのは原因が存在
  6. 腹筋ローラーで立ちコロができないのは原因① 筋力が足りない
  7. 腹筋ローラーで立ちコロができないのは原因② フォーム、やり方が違う
  8. 腹筋ローラーで立ちコロができないのは原因③ コツを掴めていない
  9. 腹筋ローラーで立ちコロができないのは原因④ 集中力が高まっていない
  10. 腹筋ローラーでの立ちコロで重要なのは「腹直筋」
  11. 腹筋ローラーでの正しい立ちコロのやり方はこちら!
  12. 腹筋ローラーでの正しい立ちコロのやり方① 前屈姿勢で床に腹筋ローラーをセット
  13. 腹筋ローラーでの正しい立ちコロのやり方② ゆっくり前方へ腕を伸ばす
  14. 腹筋ローラーでの正しい立ちコロのやり方③ 適度なところで止まる
  15. 腹筋ローラーでの正しい立ちコロのやり方④ 腹筋を意識しながら戻る
  16. 立ちコロ以上の上級者向け腹筋ローラー
  17. 腹筋ローラーを使ったトレーニングの理想的な期間は?
  18. 【まとめ】立ちコロでより効果的なトレーニングを!

腹筋ローラーは、複数の筋肉を効果的に鍛えられる器具として注目のアイテム。毎日トレーニングするのが、いいのか悪いのか?その疑問の答えは、筋肉の回復時間にあります。筋肉は、筋トレで追い込んで使いんだ後は、じっくり回復させ、再び追い込むという繰り返しのサイクルによって効果的に作り上げることができます。

主な部位の筋肉の回復時間は?

主な部位の筋肉の回復時間は、背中と太ももが4日間、胸と背中が3日間と長く、三角筋(肩)・僧帽筋(背中・首)・上腕三頭筋(腕)・上腕二頭筋(腕)が2日間、前腕(腕)・腹筋・脚が1日となっています。

腹筋ローラーで鍛えられる筋肉は?

腹筋ローラーで鍛えられる筋肉の回復時間が分かれば、トレーニングの効果的な頻度が大まかに分かります。腹筋ローラーで鍛えられる筋肉は回復期間が3日間の背中の筋肉、回復期間が2日間の三角筋(肩)・上腕三頭筋(腕)、回復期間が1日の腹筋などです。いずれも3日間から1日は回復するのに時間がかかるわけですから、トレーニングは毎日するよりは時間をおいたほうが効果的なことが想定されます、

Main shutterstock 549798931
引用: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2017/5/1ae92da48f520bf15b4e8ebb7f39a5b9/main_shutterstock_549798931.jpg

腹筋ローラーは皆さんどのくらい挑戦していますか?腹筋ローラーは膝ころから立ちコロまで様々なトレーニング方法が存在しますが、一番効果的なのが立ちコロとされています。足を広げた立ちコロも存在しますが、今回は基本的な立ちコロの方法・練習方法をご紹介したいと思います。

51mocodefql. sl1011
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mOcodefqL._SL1011_.jpg

腹筋ローラーといえば、上記の画像の筋トレアイテムですが、テレビなどで多く取り上げられていたことから一度は目にしたことがある人も多いと思います。腹筋ローラーと呼ばれることが多いのですが、アブホイールという正式名称が存在し、ホイールに両手バーが付いた筋トレグッズとなっています。値段もお手頃でコストパフォーマンスに優れていることで一躍人気になりました。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き
価格 ¥ 1,170
Ab
引用: http://orenokintore.com/wp-content/uploads/2017/01/ab.jpg

腹筋ローラーを使う上では正しいフォーム・やり方で行うのが必須となっています。これは腹筋ローラーの膝コロや立ちコロに限った話ではないのですが、正しいフォームで練習を行わないといくら期間を設けて練習を行っても体に負担をかけているだけで練習の意味はないです。正しいフォームを覚えてからトレーニングを行うようにしましょう。

1 / 4