Q2em3wp4lcxedlnvorye

筋トレ

CATEGORY | 筋トレ

ショルダープレスの効果は?マシンでのやり方やバーベルを使ったコツまで。

2018.04.14

皆様は毎日筋トレ、励んでますか?今回はショルダープレスというトレーニングについて紹介していきたいと思います。ショルダープレスはあまり聴き慣れないかもしれませんが、かなり効果の高いトレーニング方法として知られています。やり方からコツまで徹底解説していきます。

目次

  1. はしめに:ショルダープレスってどんなトレーニング?
  2. 【ショルダープレスのやり方とその効果】どこの筋肉が鍛えられる?【バーベルやマシンを使ったコツを掴もう!】
  3. 【ショルダープレスのやり方とその効果】ダンベルショルダープレスのやり方【バーベルやマシンを使ったコツを掴もう!】
  4. 【ショルダープレスのやり方とその効果】効率を上げるために①動作はゆっくり【バーベルやマシンを使ったコツを掴もう!】
  5. 【ショルダープレスのやり方とその効果】効率を上げるために②最高点に到達したら静止【バーベルやマシンを使ったコツを掴もう!】
  6. 【ショルダープレスのやり方とその効果】バーベルショルダープレスのやり方【バーベルやマシンを使ったコツを掴もう!】
  7. 【ショルダープレスのやり方とその効果】ショルダープレスマシンのメリット【バーベルやマシンを使ったコツを掴もう!】
  8. 【ショルダープレスのやり方とその効果】マシン・ショルダープレスのやり方【バーベルやマシンを使ったコツを掴もう!】
  9. 【ショルダープレスのやり方とその効果】順手グリップとニュートラルグリップ【バーベルやマシンを使ったコツを掴もう!】
  10. まとめ:ショルダープレスで男らしいガッチリした肩を!
Features of shoulder press machine
引用: https://bodymakeup.jp/wp-content/uploads/2016/11/features-of-shoulder-press-machine.jpg
Shutterstock 69079675 680x453
引用: https://kintore-diet-protein-supplement.com/wp-content/uploads/2017/08/shutterstock_69079675-680x453.jpg

ショルダープレスというトレーニングはいくつか種類があります。まず自宅でも簡単にできる「ダンベルショルダープレス」、ジムなどで行える「バーベルショルダープレス」、そしてマシンを使う「マシン・ショルダープレス」の3種類があります。いずれもかなり効果の高いトレーニングであり、男性は絶対やっておくべきトレーニングとも言えます。ボディラインが美しくなると言われているので、やり方やコツを覚えて、毎日のトレーニングに組み込んでいきましょう。

Imgres 5
引用: http://xn--eck7c4bye6ay531cu2ve.xyz/wp-content/uploads/2017/04/imgres-5.jpg
Shutterstock 425575576 e1499758734776
引用: https://kintorecamp-huvjjtmj02bn.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2017/07/shutterstock_425575576-e1499758734776.jpg

画像の赤い部分がショルダープレスで鍛えられる筋肉です。主に肩周りに作用するトレーニングで、メインに鍛えられるのは三角筋という筋肉です。三角筋の他にも肩周りに位置する僧帽筋、前鋸筋、上腕三頭筋も併せて鍛えることができます。かなり幅広い筋肉に作用するのでお得感があり、また効率も良いトレーニングです。肩を鍛えると肩幅を広く見せることができます。胸板が厚い、腕が太い男性はかっこいいですが、それに合わせた方の筋肉も必要になってきます。バランスの悪い身体にならないためにも、ショルダープレストレーニングを取り入れていきましょう。

105
引用: http://pt-ban.com/wp/wp-content/uploads/2016/10/105.jpg
6923d8125d47d7f3c7375bd6eb6df654
引用: https://santtie.com/wp-content/uploads/2016/10/6923d8125d47d7f3c7375bd6eb6df654.jpg

①椅子やベンチに腰掛け、ダンベルを縦にして太腿の上に乗せる

できれば背もたれの付いている椅子がオススメです。理由は後述します。また手のひらは前方に向くように構えてください。

②背筋を伸ばして胸を張り、ダンベルを肩のあたりまで持っていく

背もたれの付いている椅子が良い理由がこれで、背筋の矯正をするためです。持ってもなお、手のひらは前方を向くように持ってください。

③ひじを伸ばしてダンベルを持ち上げる

息を吐きながら上げていきましょう。息を止めてはいけません。

④ダンベルを下げ、元の位置に戻す

下げるときは息を吸いながら行いましょう。呼吸が逆になってはいけません。

⑤8~12回を3セットほど繰り返す

ここまでが一連の動作です。自宅でもダンベルさえあれば簡単な動きなので、すぐに試せるトレーニングとなっています。

Purotan6
引用: https://kintore.fun/wp-content/uploads/2017/10/purotan6.png
1 / 4