2018年04月15日 UPDATE

ロードバイク用シューズのおすすめは?インソールや紐にもこだわりを。

ロードバイクに乗るためには、シューズにもこだわりを持ってみましょう。そこで、ロードバイクにはどのような靴がおすすめなのでしょうか。「ビンディングシューズ」をはじめ、インソールや紐にこだわったおすすめのロードバイクシューズをご紹介します!

目次

  1. ロードバイクシューズおすすめは
  2. 【ロードバイクシューズ】[クローム] CHROME スニーカーKURSK
  3. 【ロードバイクシューズ】[クローム] CHROME スニーカーTRUK
  4. 【ロードバイクシューズ】モンベル トレールライダー 1130429 NV
  5. 【ロードバイクシューズ】REPRODUCTION OF FOUND[リプロダクションオブファウンド] フレンチトレーナー 1300FS グレー
  6. ロードバイクビンディングシューズとは
  7. ロードバイクビンディングシューズの特徴
  8. どのようなビンディングシューズを選べばいいか
  9. ロードバイクシューズのサイズ
  10. 【ロードバイクシューズ】GIROのEMPIRE
  11. ロードバイク用シューズのおすすめは?インソールや紐にもこだわりを。まとめ

ロードバイクシューズおすすめは

Nbtno6cxfk7q2gbv3dko
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=1b7BfZsXyLHRY2apxpTDdz5n0b1F8D2VqJCesa2esvjr9aHbRZTNGsrgqIHuwtTQq_.M9XiSGx0pzd_Ns6FRNYSRhuv8y6mE2CSQVi3VgMIQjTBGzrBkGGc31oTTOlv4qcqWvSfhZDKwbFABlw--&sig=138ms342j&x=300&y=163
ロードバイクのためのシューズといえば、ビンディングシューズというイメージがあります。ただし、ロードバイクだけでなく、いろいろ移動をすれば歩くシーンもあるでしょう。ロードバイクシューズとしておすすめなものは同時に、歩きやすいものがいいかもしれません。SPD-SLタイプのサイクリングシューズは、結構本格的過ぎて、気楽な感じで、ロードバイクというのには、ちょっとおすすめではありません。
Wtsycnchtaokueaj0uo5
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=_W27EeIXyLEmTtWUBYRW4pIwRZo3AnrFU4PBY6K7zHicBd4EQg.SE52YKeFTbGCpwapmnllzwMv55DzXNTqZ3l.0orud.7stqM0rMpSRL5tOMFuWyL22hx6OqhBD7RXZUf.XothBMGgRafwxqbRq&sig=13as5vtk4&x=275&y=183
Ybzacjynminzmmorj0ul
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=5dD.YRUXyLH3JGzCC10KSA.YK2OiY3wCLffazETFJGKETZngvjTZ50OQyw6XCVuMY9ndi2h2gs9kThvPODcsGhfSVQbNkSo3ubve6j0sFKypDN4pxw0RliC2Ra6uNAqUWJLyXUSsSBax6b0civyv&sig=13aomhuho&x=259&y=194
実際に、SPD-SLタイプでNGと言っている訳では全然ありません。SPD-SLタイプのシューズは、ロードバイク用として、ペダリング性能は最高です。
しかし、歩くときは、ガチャガチャと音がしてちょっと違うかな……という感じがするときがあります。SPDタイプの靴ならカジュアルなものもあるし、長距離で歩くのも可能です。しかし、機能性をより充実させるためには、ペダルをSPD対応のものに交換する必要が出てきます。フラットペダルのままがいいという人たちには、カジュアルなスニーカーというのでもなく、普通の靴よりも快適にロードバイクに乗るための機能を持った、フラットペダル用のサイクリングシューズなどがいいかもしれません。
Yjtcw9fdtdnkjw9jxvys
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=CkYaVJ8XyLFEnVub.FfHX3ARv2ZGRm7SPcx8vyaRfSkMcPVakwMqn49cClKi1nRmQA6J2KBC_yF6psQ_JMYI_aQEkPJ5MjwBcmKzW1.aOSHtan18hrCP2lPGm3KdLiiuMqb0o33eM2lxOjUR9IZx&sig=13anh3ded&x=280&y=180
Qzlkzl4zljvsnlpe8ffz
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=bY7sVMkXyLETM7tvi8SL6gL0uLRaJyX0SoUP.W7GNsCgomqepyKmjFtXEAM7yydpH9r7AHHJfbKCR9oSGt2qFtuPiCM8CVFFmF9d0.oROI08bHXLHYMS4izlTgodyPelXXJWAXM0yza7H_g5Nd_d&sig=13apu0v1d&x=275&y=183
Yihbaqxjwejodr0gx0xa
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=82bmEPMXyLGgUTfjOmO10NlhLOPod4ZjEfMwUEk9qRU706.L0Oas5AmvBnf6u.RO1gxzoAUp4VPAKhjOw5nqN60xmUnorLKo_LIVgRiBvbLjGEHcylFxAaElm69rvQOOjAU5VBMOejp7iadNzw--&sig=1384dtstu&x=275&y=183

【ロードバイクシューズ】[クローム] CHROME スニーカーKURSK

Zebyoyr7a1anvoaiqwg3
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=e.nPqGYXyLGwh9sn6liiNGiI.XlTsQcRx_RXTqcCseoiZCqLc1fZIDAl9_TbNJvDyZUDYCWNxUIuoGtjV_8VPFuddPNsBbfek4tl71w1o8R12D0s6CWynemdjnt6yOHZd_4e5cIiGa1CTimUEw--&sig=1382jmnlu&x=300&y=162
普通のスニーカーと、自転車用サイクリングスニーカーの一番の違いはソールにあります。問題は、薄いソールのスニーカーでは、ペダルを踏んだ時には、靴底がやわらかく曲がってしまう感じがあり、力は逃げていってしまうことになり、足に負担もかなりかかってしまうことになるでしょう。しかし、おすすめのロードバイクでも乗ることができるように考案されているシューズなら、フラットソールの機能を持っているから、ロードバイクのペダルを踏んだとき、負担を少なく済ますことができます。長く乗っていて、こっちのシューズの方が確実に楽という気持ちになることができます。
O242sk5ed5v3hm3uwtw0
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=awq28dgXyLHlTifEbP.nEtwwBYiUwJ0JsFhSEQ_rly7NLtqFf.a3EnTBh8WZ_TuTA_W4xn.sbpB4FSVywrW1aAW9lFNVgeJUUMv2Bj410L.G.Gn6INtQIKAslzacOB8YJrp.UsMo4DbOq44R_TLW&sig=13amme9md&x=300&y=155
そこで、CHROME(クローム)のメーカーなとがおすすめです。おすすめの[クローム] CHROME スニーカーKURSKは、ちょっとクラシカルなデザインですが、都市のなかを走るロードバイクにもしっかり耐えてくれる作りになっています。[クローム] CHROME スニーカーKURSKで注目したいポイントは、ペダリングしたときの突き上げた感じを軽減させてくれるボードが入ったボードラスティング製法だということです。簡単に言えば、ソールに鉄板が入っているような感じと言っていいでしょう。非常に、タフでどこまでも走って行こうというモチベーションにもなることができます。
Yayxtlb1yglmoyvosgxg
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=3jv1CaMXyLETkouYAd_O7eZdeStzwyM8ZERM1wXDXSDHPhXj4G17ize7LhfVCzvE6dEUX0FmOUcFYwl95INmFz4TSdX83AwYl_AEGIvAIBKAuCWVNZuIIHuvfU8TTvD72Hukmi0b.Z5MKDbnkw--&sig=138sgua5i&x=300&y=168

【ロードバイクシューズ】[クローム] CHROME スニーカーTRUK

N4owqcpsmpppdkcipt2k
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=Dtq9V_IXyLHCLLC2rtVwyP70I05Aq.Bk9UN0jtP0CfT68Qa0kvvIlt3feBos.hiAS0S7Vb4EAv7D8aNTYVA6oKmI8185rbAoG.sMK5VOhbiLFh.dTU6CvSS.D1gfeFT7JZ1m7.A7E7VMa14oiQ--&sig=1380bga2l&x=300&y=164
次におすすめのロードバイクシューズは、[クローム] CHROME スニーカーTRUKです。[クローム] CHROME スニーカーTRUKは、伝統をしっかり継承し、強化ナイロンソールが自慢のシューズ。キャンバスの25倍の強度というのがアピールポイントです。よりカジュアルな感じなので、一日このシューズなら履いていて違和感を感じないでしょう。

【ロードバイクシューズ】モンベル トレールライダー 1130429 NV

Pi0pr64zpxubf1oiz1mo
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=2S._bVQXyLHjExn9L4VMsEkrDfvZKZBnmVdKxb3ter1P7dgozHWFkr2PmLDV8WVIciJn4n8cd1lyCvJmZfyPzU1GMLYdcbKbg_uR.0JvkZHnKg.rplFUYuv3s_SgQ7prhiftrw.SMqbkIGOWHw--&sig=138jad6s2&x=225&y=225
ビンディング並のグリップ力を発揮するフラットソールシューズがいいというのなら、おすすめは、 モンベル トレールライダー 1130429 NVです。ソールには、ペダルのピンが食いつきやすいものを採用しているので、想像以上のグリップ力を発揮することができるでしょう。

【ロードバイクシューズ】REPRODUCTION OF FOUND[リプロダクションオブファウンド] フレンチトレーナー 1300FS グレー

Qqcoij8pgzctcku1ysyy
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=dVfZh6MXyLE0c4Vh1Yuusugu.HlKVuIpytOVKkkPfMaksnUtKijI0RkwXnlKqf1ynAYDzbsv_vHT_DoJ6wy6mzctoX96wn2D2pqMl87gk34G3E_GHVF2s.i4BcQ.9cqLzzqhG0jYb24cmiQtvA--&sig=138l0iq5b&x=225&y=225
次におすすめのロードバイクシューズは、REPRODUCTION OF FOUND[リプロダクションオブファウンド] フレンチトレーナー 1300FS グレーです。REPRODUCTION OF FOUND[リプロダクションオブファウンド] フレンチトレーナー 1300FS グレーは、フランス軍がかつて使用していたトレーニング用の靴が基盤になっているということです。
だから、フレンチトレーナーという名前がついています。ミリタリーシューズという意味合いでもREPRODUCTION OF FOUND[リプロダクションオブファウンド] フレンチトレーナー 1300FS グレーは、ソールにかなり厚み感を期待することができます。 まさに、心地よい、ロードバイクのためのシューズであり、軍人のトレーニングシューズということになります。堅くあり、そして反りにくいソールは、非常に効率良くぺダリング体験をすることができます。

ロードバイクビンディングシューズとは

Lbeo5bqniucopwwbq312
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=U2.sij4XyLH1JVv3wi9NjSR65VrLj97qnldo6EGAmzx9OKP9rQJX3ErDQswv7larfDnKWPylahmrjk4yYjEGfxvuwjrL8G1EQKmEKdytnAfwuToAjRwGew_aLJPfKGCHaU4eo258suJRzlgYMA--&sig=1382a51a6&x=290&y=174
Drdrhmyc4kubpeg92d3t
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=NTJOTgsXyLGYKvdFXh.ok_9Vl27tSg1BM9XOgX729W2lvw_7x8axt9ELPC7ESGzpRQbN17b55qfXcnaBpF9CXl7HPEntmUaMzb9oif1KeGvb9zWl5lyAkJQ6yh8_BlZ0B7TB_3iRNMwtAtNNWQ--&sig=138dtgf6s&x=250&y=202
ビンディングシューズは、ロードバイクのビンディングペダルに直接つけるタイプのシューズです。ペダルとシューズを取り付けるためのペダルのことを、ビンディングペダルと言います。ここにはクリートと言われる留め金も必要になって来ます。ロードバイク用のSHIMANO SPD-SLなどが有名です。

ロードバイクビンディングシューズの特徴

Ynok5avh214uvlrpykbv
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=ldxe7icXyLHy005QO4V1OmC1pcN2FMqrdHpeJZPeJtzoS23cAyDC7ndFmu5g6IlvU7HM1f.4d19i2w42eRQRXVdS8VlTRD3xEnV7FdsWnoxpCGSk3sKbdoRPsVo.lAGAXcsx6fdOk0zJceDihg--&sig=1383kl11s&x=225&y=225
ビンディングシューズなどを履けば、この人もプロと思わせることもできるでしょう。やはり、出来れば、みなさんにもここまで到達していただきたいですね。ビンディングシューズのメリットは、足がペダルに完全に固定されているので簡単に操作することが可能であり、一定のフォームを維持することができ、 ペダルから足が外れないということは乗っていてバランスも崩れにくいと言うメリットもあります。
おすすめのビンディングシューズを履いているから、長距離走行や上り坂での負担を軽減させることができます。しっかり、ロードバイクという意識を持てば、このようなビンディングシューズがいいかもしれません。 ビンディングシューズが慣れないから転倒ししまうことも最初にはあるかもしれませんが、不意な転倒は、このようなシューズを履けば極力防ぐことができます。 大きな負荷がかかった場合には、クリートからシューズが外れる仕組みになっています。

どのようなビンディングシューズを選べばいいか

Hyoplv4fx0garohufzbq
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=dHIkobUXyLG2pxVC5OJURoFsYVwEokfldxhTHvdtBRdQrGu7AwjCn3NCYfmY0ha_W8KY12wY_rC2yj5TOkfeLN0OaflFZH0DH7eUZxaVSOrpkxtIo6Z_74A13W7AuMV3yazaxN8.LPNmD9ueAxRy&sig=13a04l5mi&x=275&y=183
どのようなビンディングシューズを選べばいいかというとき、しっかりサイズにも注目する必要があり、紐、インソールの問題とも向きあう必要があります。足がシューズが、そしてロードバイクが一体感を持つということはとても素敵なことです。そこに関わるのは、サイズ、紐、インソールという問題も関わって来ます。

ロードバイクシューズのサイズ

Cczlvmacazcdcrnwh8dg
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=jd2ccewXyLH8qPnr75IA6Vfz.z_2uOYe1_m2EfueLLTwU73Xo_s09Qf390hr4hDxFyfQu8hWPDe3f3.v7wgM_Fg4Q1yX6K27DHrPXtrnmHZSOduftaagcJOeQ9ekyfm6EEvjURKaGdtb92IrAirr&sig=13a0n6jfk&x=250&y=201
自分の足に合ったビンディングシューズを選ぶには、まず正確な足のサイズを知る必要があります。自分に合ったビンディングシューズのサイズを選ぶために、必ず実際に履いてみてサイズを確認してみましょう。 サイズを合わせる際に重要なのは、しっかりとかかとを合わせることです。シューズにかかとをしっかりと合わせた状態で、バックルを留めまてください。シューズの理想的なサイズは、5mm程度ゆとりがあって、シューズの中で指が動かせるくらいです。

【ロードバイクシューズ】GIROのEMPIRE

Unlczde3v5padjzbdolh
引用: https://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=ECHE5OYXyLFamppPTWxmA3U8NPEef9OmJkLk1YdMFcysyoj0n6vbfYmWqo5lEndJo.Xk_.SifsupSI_Zpj5UluUbSc09UR5yftAEMtId1ovGq7OY8n6HQ9J9CZ7I0rt8QAueJPPK1_syaokNPQ--&sig=138apvd4q&x=232&y=217
ベルクロやダイヤルクロージャーシステムが主流のビンディングシューズにおいて、シューレーススタイルを貫いているのが、 GIROのEMPIREです。シューレースって、見た目かっこいいと思うかもしれませんが、機能としてちょっと劣ると思っている人たちもいるようです。しかし、ここに存在しているのは、 ハイレベルのフィットした感じです。足にフィットすることでより力のロスを軽減させることができます。
ここでみなさんに快適にロードバイクに乗ってもらうために、インソールにも注目する必要があります。GIRO EMPIREのインソールは、 「スーパーナチュラル・フットベッド」というシステムが採用されたインソールです。このインソールは、簡単に言ってしえうぱ高さを調節できるインソールということです。インソールがベースとなって、さらに アーチサポートが付属していたりします。一番、みなさんにフィットするインソールの厚み感を選択してください。まさに、みなさんにとって一番おすすめなインソールです。
そして、サイズを一番自分自身にフィットさせるために紐にも拘りを持つ必要があります。シューレースタイプの靴を履くときには、まず踵をトントンとさせて、紐をしめていきます。そのような方法で紐をとめることでシューズの中で紐によって足が遊んでしまう感覚を回避することができます。紐でしめあげたときにはホールド感覚をしっかり維持することができます。 サイズに配慮して、そしてインソールにも、そしてこのように紐を意識して気分よく足下を決めてみましょう。紐は、出来るだけ左右を同じ長さに調節しておきましょう。紐をタンのシューレースホルダーへとやって、紐が走っている最中には絡まないという配慮も必要です。

ロードバイク用シューズのおすすめは?インソールや紐にもこだわりを。まとめ

51nn3efkzul
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51nN3EfkZUL.jpg
いかがでしたでしょうか?ロードバイクに乗る時は、バイクそのものだけでなく、シューズもおしゃれに決めたらもっと楽しくなると思います。ぜひ今回の記事を参考に、自分が気にいるお気に入りの一足を見つけてみてください!
Giro empire2 s matteblackflourescentorange hero
引用: http://geared.jp/wp-content/uploads/2014/05/Giro_Empire2_S_MatteBlackFlourescentOrange_Hero.jpg