2018年04月14日 UPDATE

散歩の効果は?精神的な意味や時間、脳への魅力的なメリットを解説。

散歩にどのようなイメージをお持ちですか?散歩には心身ともに優れた効果があると言われています。その効果の数々は現代を生きる我々にとって非常に意味のある大事な効果もたらしてくれます。必要な道具はウォーキングシューズ。あとは玄関を開けて歩き出すのみです。

目次

  1. 散歩の可能性
  2. 散歩するべきなのは高齢者だけじゃない。若い人にこそ散歩がおすすめ!
  3. 散歩に適した時間は、朝?夜?
  4. 散歩する時間は「5分でいい?」
  5. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット①:ウォーキングに匹敵する運動効果
  6. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット②:リフレッシュ効果
  7. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット③:幸せを感じる脳内ホルモンが分泌される
  8. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット④:高齢者の天敵?認知症への改善予防の効果
  9. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑤:現代病「うつ」への改善予防の効果
  10. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑥:体内時計を整える効果
  11. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑦:スティーブ・ジョブズも行っていた散歩ミーティング
  12. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑧:簡単に長く続けやすい
  13. 【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑨:寿命が3年~7年延びる?
  14. 【散歩の効果】まとめ

散歩の可能性

散歩は歩く事、ウォーキングも同じく歩く事を指します。「歩く」という共通の事ではありますが「散歩は気分転換などで歩く事」、「ウォーキングはダイエットなどのエクササイズを目的に歩く事」などのちょっとしたニュアンスの違いがあります。「散歩はただの気分転換かよw」と思った人に言いたいのは「散歩の効果は万物の源だぞ!」という事。

Leg 3229347 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/15/19/58/leg-3229347_1280.jpg

関連記事

散歩するべきなのは高齢者だけじゃない。若い人にこそ散歩がおすすめ!

「高齢者が老後の暇つぶしに行うのが散歩」、「足が悪くなってウォーキングが出来なくなった高齢者が行うのが散歩」といったように若い人にとって散歩は野暮ったいイメージがあるかもしれません。しかし、散歩によって得る効果は精神的な部分で作用する事が多いです。なので、この抑圧された社会でストレスを抱える我々にこそ精神的な安らぎが(散歩が)求められるのです。

Foot 3150923 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/02/13/15/07/foot-3150923_1280.jpg

散歩に適した時間は、朝?夜?

世間的には朝に出勤、通学をして、夜帰ってくるという人がほとんどだと思います。そうなると、散歩が可能なのは朝か夜の時間帯という事になります。どちらかと言えば散歩に適しているのは「朝」です。(詳しくは下記にて説明していきます)しかし、夜には夜なりのメリットがあります。例を言うなら、暑い時期は夜の散歩の方が快適に行えるといった具合いです。

Forest path 2754190  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/16/00/50/forest-path-2754190__340.jpg

散歩する時間は「5分でいい?」

グリーンエクササイズ(森林浴)という言葉をご存知ですか?緑の無い街の中を散歩するのと、公園などの緑のある所で行う散歩では、リフレッシュ効果に大きな差があります。しかも、だらだらと散歩を長く続けるのと、5分だけ行うグリーンエクササイズのリフレッシュ効果は同じという事も分かっています。つまり、散歩する時間は5分だけでも散歩の効果を引き出す事ができるのです。

Woman 2827304 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/10/07/17/40/woman-2827304_1280.jpg

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット①:ウォーキングに匹敵する運動効果

ダイエットやエクササイズを目的としたウォーキングは腕の振り方や姿勢を意識したトレーニングの一種です。一方散歩は悪い言い方をすると「外を歩いてるだけ」です。当然ながらウォーキングの方が運動効果に優れます。しかし、その2つの運動効果を比較すると、あまり大きな差は無いという事も分かっています。高齢者や体力の無い人でも散歩がおすすめだと言えます。

Run 1275786 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/23/22/33/run-1275786_1280.jpg

関連記事

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット②:リフレッシュ効果

散歩による効果は精神的なメリットとなるものが多いです。その中でも最も代表的なのが、リフレッシュ効果です。外に出て緑の中を風を感じていれば心が落ち着いてくると思います。また、太陽を浴びる事で「セロトニン」という脳内物質が分泌され、脳がリラックスします。このような精神状態になるとストレスを感じにくくなるので、溜まったストレスの緩和、新たなストレスを感じにくいという状況を作り出せます。

 m023838 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/_M023838_TP_V.jpg

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット③:幸せを感じる脳内ホルモンが分泌される

散歩やウォーキングなどを行うと「エンドルフィン」という神経伝達物質が分泌されます。エンドルフィンが分泌されると気分の高揚、多幸感を得る事ができます。エンドルフィンは別名「脳内麻薬」「快楽物質」とも呼ばれ、それだけ強力な多幸感があるとも言えます。

Adventure 2548133 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/28/09/34/adventure-2548133_1280.jpg

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット④:高齢者の天敵?認知症への改善予防の効果

日本は今、4人に1人が高齢者という超高齢化社会です。2060年には日本の人口の高齢者率は約4割になると予想され、高齢者が増え続けると、今後更に認知症患者は増加し続けていきます。散歩やウォーキングをする事で脳由来神経栄養因子というタンパク質の一種がたくさん出る事が分かりました。これによって認知症予防、認知症を遅らせる効果が期待できます。

Sport 2863541 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/10/18/10/20/sport-2863541_1280.jpg

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑤:現代病「うつ」への改善予防の効果

「忙しいから散歩なんてしている暇ないよ」という人も多いと思います。このストレス社会で忙しく働く人にこそ散歩は非常におすすめです。理由を挙げると、上記の通りリラックス効果があるという事と、脳由来神経栄養因子というタンパク質の一種には認知症への効果の他に現代病と言われるうつ病への改善予防効果が期待できます。過度の精神的ストレスで心を崩してはいけません。

Tokyo 960256 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/09/27/03/39/tokyo-960256_1280.jpg

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑥:体内時計を整える効果

仕事や学校で忙しい人が散歩をするとなると、終わって帰ってきた夜の時間帯になってしまうと思います。もちろん夜の散歩でも効果は見込めます。しかし、朝の散歩と比較すると決定的な差があります。それは「太陽」です。太陽の光を浴びる事で目で見る事ができない体内の生活リズムがリセットされるので規則正しい生活を送りやすくなります。朝の静かな中で行う散歩はよりリラックスできる環境を作ってくれます。

Alarm clock 2132264 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/03/10/09/14/alarm-clock-2132264_1280.jpg

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑦:スティーブ・ジョブズも行っていた散歩ミーティング

散歩をするとクリエイティブ性が上昇するという事が分かっています。散歩によって血流が良くなるとセロトニンという物質が分泌されクリエイティブ性を刺激するようです。かの有名なスティーブ・ジョブズも散歩を好み、散歩をしながら考え事をしたり、会議室などで行うイメージのあるミーティングも散歩をしながら行ったほどでした。

Business 1219868 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2016/02/24/13/46/business-1219868_1280.jpg

スティーブ・ジョブズの他にも、Facebook創始者のマーク・ザッカーバーグ、Twitter共同創始者のジャック・ドーシー、音楽家ベートーベン、物理学者アインシュタインなどそうそうたる人達が散歩をライフワークとしていたと言われています。共通しているのはクリエイティブ性が核となる仕事をしたというところです。散歩の効果が無関係とは思えません。

Steve jobs 1049872 960 720
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/11/18/20/03/steve-jobs-1049872_960_720.jpg

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑧:簡単に長く続けやすい

散歩の魅力はその手軽さにもあります。例えば、厳しい筋トレを毎日長続きさせるのは精神的にも時間的にも難しいものがあります。しかし、散歩なら精神的にきついどころか心穏やかになりますし、散歩をしている間ゆとりのある時間を過ごす事ができます。

City 3179473 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/02/24/23/23/city-3179473_1280.jpg

ジムに通うとなれば、ジムの営業時間や混雑状況などに囚われたりして、日々通うのが面倒になってしまう人も多いと思います。散歩なら家を出て歩きだした時から始まり、好きな場所好きな時間に行えます。

Family 2366129 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/06/02/12/03/family-2366129_1280.jpg

【散歩の効果】脳への魅力的なメリット⑨:寿命が3年~7年延びる?

散歩、最大にして究極のメリットが「寿命が延びる」です。毎日25分以上のウォーキングなどの軽い運動を続けると寿命が最大7年延びるという研究データがあります。ウォーキングを続ける事で老化の原因となる遺伝子を抑制し、結果として老化を遅らせて寿命が延びるという夢のような効果を期待できます。

Yotakaimgl5244 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yotakaIMGL5244_TP_V.jpg

1日10時間以上座っている人は4時間以下の人と比べて病気になるリスクが40%高いというデータもあります。それだけ体を動かすのは大事という事が分かります。

Aerial 3242869 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/20/10/55/aerial-3242869_1280.jpg

【散歩の効果】まとめ

リフレッシュ効果、病気の予防改善、クリエイティブ性のアップなど散歩は老若男女問わず気軽に出来て心身共に優れた健康効果を約束されています。他のエクササイズやトレーニングと比較しても散歩は精神面への効果が非常にあります。学生や社会人など立場がそれぞれ違えど、充実した日々を送るために必要なヒントは散歩中に見つけられるのかもしれません。

Girl 3288623 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/04/04/01/51/girl-3288623_1280.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/12/19/01/walk-2635038_1280.jpg