Ddquv53dazrmojf6aqtc

バイク

CATEGORY | カテゴリー

バイクの排気量の種類は?おすすめバイクと維持費などを基本から丁寧に。

2018.04.09

バイクの排気量にはどの位種類があるのかご存知ですか?そのバイクの排気量によって、メリットやデメリット、維持費なども変わってくるのでどれを選んで良いのか悩んでしまう方も。そこで今回はバイクの排気量の種類や、おすすめのバイクなどを紹介していきます。

目次

  1. 【バイクの排気量の種類】50cc
  2. 【バイクの排気量の種類】51〜125cc
  3. 【バイクの排気量の種類】126〜250cc
  4. 【バイクの排気量の種類】251〜400cc
  5. 【バイクの排気量の種類】401cc~最大排気量
  6. 【排気量250ccのおすすめバイク】カワサキ|ニンジャ250
  7. 【排気量250ccのおすすめバイク】ヤマハ|YZF-R25
  8. 【排気量250ccのおすすめバイク】スズキ|GSX250R
  9. 【排気量400ccのおすすめバイク】カワサキ|ZRX400-2型
  10. 【排気量400ccのおすすめバイク】ホンダ|CB400SF
  11. 【排気量400ccのおすすめバイク】カワサキ|ZEPHYRX
  12. 【排気量401cc~最大排気量のおすすめバイク】ホンダ|CB1100
  13. 【排気量401cc~最大排気量のおすすめバイク】ヤマハ|XJR1300
  14. 【排気量401cc~最大排気量のおすすめバイク】スズキ|バンディット1250
  15. バイクの排気量の種類は?おすすめバイクと維持費などを基本から丁寧に。のまとめ
6812a2a3ed6f7472e202a0e5e8249904
引用: https://i.pinimg.com/564x/68/12/a2/6812a2a3ed6f7472e202a0e5e8249904.jpg

バイクの排気量の種類で最も低いのが50ccのバイクになります。50ccのバイクの免許は最短で1日で交付することができるので、簡単に免許を所得することができるんです。またバイクの中でも価格が安く、維持費も比較的に安価で済ませるメリットがあります。

50ccのデメリット

55551b06eb4158d44925e0a1ebe1a45e
引用: https://i.pinimg.com/564x/55/55/1b/55551b06eb4158d44925e0a1ebe1a45e.jpg

そんな50ccの種類のデメリットには、他の排気量とは違いたとえ道路標識が50㎞などであっても、時速は最大で30㎞しか出せないということがあります。また交差点で二段階右折の標識があると、二回に分けて右折もしなければいけないのです。50ccは比較的に維持費を抑えることはできますが、長距離の移動には向かない排気量でもあります。

9c3de873acefc9f6cb634c3661354316
引用: https://i.pinimg.com/564x/9c/3d/e8/9c3de873acefc9f6cb634c3661354316.jpg

次のバイクの排気量の種類には51〜125ccのタイプがあります。50ccのバイクとは違い時速は60㎞まで出すことができ、二人乗りもできるメリットがあります。また50ccと維持費もあまり変わらないので、50ccよりも比較的に乗りやすい排気量の種類でもあります。

51〜125ccのデメリット

35984f8340fdf3d3a46794013ee069f0
引用: https://i.pinimg.com/236x/35/98/4f/35984f8340fdf3d3a46794013ee069f0.jpg

50ccよりも比較的に乗りやすくて、維持費もあまりかからない51〜125ccでもデメリットがあります。50ccの排気量の場合は最短で一日で交付することができますが、51〜125ccの場合は小型自動二輪の免許を所得する必要があります。また時速は60㎞まで出すことはできますが、高速道路に乗れないデメリットもあります。

1/8