Lx1tia1myhn2gbasapwq

筋トレ

CATEGORY | カテゴリー

ウォーキング30分の効果は?初心者が痩せない理由はこれ!

2018.04.08

ダイエットをしたいけど身体を動かすのが苦手という方におすすめのウォーキングです。ウォーキングは30分で効果がでます。30分で効果のでる距離や方法と痩せない失敗方法をご紹介します。ウォーキング初心者や効果のない痩せなかった方は必見です。

目次

  1. ウォーキングとは
  2. ウォーキングと散歩の違い
  3. 30分ウォーキングのポイント①:ダイエットに効果的?
  4. 30分ウォーキングのポイント②:30分ウォーキングがおすすめな人は?
  5. 30分ウォーキングのポイント③:得られる効果は?
  6. 30分ウォーキングのポイント④:歩ける距離は?
  7. 30分ウォーキングのポイント⑤:歩く距離は大切?
  8. 30分ウォーキングのポイント⑥:消費カロリーは?
  9. 30分ウォーキングのポイント⑦:ダイエットとしては効率が悪い?
  10. 30分ウォーキングのポイント⑧:ダイエットに効果を出す方法は?
  11. 30分ウォーキングのポイント⑨:ウォーキングは習慣付けて積み重ね?
  12. まとめ
1900cb92d4da9d76e7624b336157c1a4
引用: https://i.pinimg.com/564x/19/00/cb/1900cb92d4da9d76e7624b336157c1a4.jpg

ウォーキングとは歩くことを意識し時間や距離を設定して目標を掲げて歩くことです。ウォーキングを取り入れる理由で最も多いのがダイエットです。ウォーキングにはダイエット効果や健康にいい言われています。趣味としてウォーキングを行う方やダイエット目的で歩く方など様々です。

813cf5cf0c42e913fb0d00809fb5b393
引用: https://i.pinimg.com/564x/81/3c/f5/813cf5cf0c42e913fb0d00809fb5b393.jpg

ウォーキングと散歩はやっていることは傍から見れば同じように見える行動ですがウォーキングと散歩の意味はまったく違うものです。ウォーキングの意味は上記でも説明した通り意識して目標を持って行うことがウォーキングと言う行為です。散歩と言う意味は目標無くふらふらと歩くことも散歩と言います。同じ行動でも意味がまったく違うものでした。日頃から何気なく散歩と思ってあるていても目標を持て歩くことでウォーキングと言えます。同じ歩く行為をするなら目標を持ってあるくウォーキングがしたいですね。

関連記事

D16934e866cb08e7ea69c81abac5e966
引用: https://i.pinimg.com/564x/d1/69/34/d16934e866cb08e7ea69c81abac5e966.jpg

たった30分の運動でどんな効果があるのと思う方もいると重いですが、30分ウォーキングするだけでダイエット効果が得ることが出来ます。30分で痩せれないと言う方もいるかもしれませんが、1回2回しただけでは効果は得られませんダイエットに成功したいのなら継続することが必要です。継続することで痩せやすい体になりたった30分歩くだけで健康的なダイエットが出来ます。食事制限が厳しいと言う方はウォーキングをして見てはいかがでしょうか。

1fa9458f6648bf229627995e8725d7d6
引用: https://i.pinimg.com/564x/1f/a9/45/1fa9458f6648bf229627995e8725d7d6.jpg

1日30分のウォーキングがおすすめな方は、ダイエットしたいけど時間がない方や激しい運動が苦手な方、運動をすることで疲労が溜まりやすい方、意切れが激しく運動があまり出来ない方、肥満体系の方、激しい運動が行いたくない方、体系に自信がない方などにおすすめの運動方法です。

運動が苦手な方や体系が自信の無い方は

408d2efd6b969c1ee4c506a3c917cb22
引用: https://i.pinimg.com/564x/40/8d/2e/408d2efd6b969c1ee4c506a3c917cb22.jpg

運動が苦手な方や体系が自信の無い方は特にウォーキングがおすすめです。運動な苦手な方はいろいろスポーツがありますが、スクールに通うことで周りのペースに合わせなければいけないと思うことで無理をして怪我をしてしまったりストレスを感じて継続して行うことが出来ません。また、体系が気になってスクールやジムなどに通えないと言うはウォーキングがおすすめです。ウォーキングをしていると何かしら人目が気になるもので通りすがる方も何気なく目で追ってしまうと言う方が多くいます。人目が気になりできないと言う方は休日の朝や昼などは避けて日が少し書けた夕暮れ時や夜がおすすめです。

1 / 4