2018年04月09日 UPDATE

ゴムチューブダイエットのやり方とは?足・二の腕を引き締めよう!

いつでもどこでも気軽にできる、ダイエットトレーニングとして、ゴムチューブダイエットが話題です。ダンベルなどの重量のある器具は、自宅やジムでしか使えませんが、携帯できるゴムチューブなら、ちょっとした時間に、いつでもどこでも行えます。

目次

  1. ゴムチューブダイエットはいつでもどこでも気軽に行える
  2. 足を引き締めるゴムチューブダイエットのやり方:露出の多いふくらはぎを引き締める
  3. 足を引き締めるゴムチューブダイエットのやり方:伸ばすだけ太ももダイエット
  4. 二の腕を引き締めるゴムチューブダイエットのやり方:短いゴムチューブの場合
  5. 二の腕を引き締めるゴムチューブダイエットのやり方:長いゴムチューブのが合い
  6. ゴムチューブダイエットの本
  7. まとめ

ゴムチューブダイエットはいつでもどこでも気軽に行える

ゴムチューブダイエットに使う器具は、ゴムチューブだけ。ゴムチューブはさまざまなデザインや大きさのモデルが提案されていますが、携帯できるモデルを使えば、いつでもどこでも空いている時間にトレーニングをすることが出来ます。

J2czt5retvsw5ndtbltw
引用: https://www.instagram.com/p/BduHnUTFlAi/?tagged=%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96

ゴムチューブダイエットは、決まった時間にしっかり行うこともできますが、ちょっとしたすき間時間に気楽に行えるところが魅力的。たとえば、デスクワークの合間にちょっと行えば、息抜きにもなって一石二鳥です。

足を引き締めるゴムチューブダイエットのやり方:露出の多いふくらはぎを引き締める

Dfukd1k8dm1vyr45kbzr
引用: https://www.instagram.com/p/Bc7YV86FRNr/?tagged=%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96

夏のシーズンは、ショートパンツなどで露出が多くなる、ふくらはぎもゴムチューブで引き締めるトレーニングがあります。椅子に座って簡単にできるトレーニングです。

椅子に座って、片足を伸ばし、ゴムチューブを足の裏にセットして引き延ばし、足首を上下に動かす運動になります。

足を引き締めるゴムチューブダイエットのやり方:伸ばすだけ太ももダイエット

Zbhf3xnulnoup1ccrvxu
引用: https://www.instagram.com/p/BdxLGfZl7-L/?tagged=%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96

ゴムチューブダイエットの魅力は、簡単にできるので、継続しやすい点です。ゴムチューブを使って、足を引き締める手軽なトレーニングを紹介します。太ももに効果がありますので、トレーニングは、太ももに意識を集中して行います。

フロアーに足を延ばした状態で座った姿勢からトレーニングをスタートします。足の膝を曲げて、ゴムチューブを足の裏にセットして、両手でゴムチューブの端を持ちます。太ももに負荷を感じながら、膝を伸ばしていきます。この運動を繰り返します。

二の腕を引き締めるゴムチューブダイエットのやり方:短いゴムチューブの場合

二の腕は、いつでもどこでもできるゴムチューブダイエットで効果が出せる身体の部位の代表です。二の腕は、腕の裏の部位にあたるため、普段とは違った動きを実行するとトレーニングによって引き締めることが出来ます。短いゴムチューブの場合は、両手で持って行いますので立っていても座っていても気軽に簡単にできます。携帯できるゴムチューブさえあれば、デスクワークの合間に息抜きとして行うこともできます。

二の腕の引き締める動きは、万歳をして腕を上げた姿勢から、肘を頭の後ろを通るように曲げる動きです。この動きをやると、二の腕に負荷がかかることを確認できるはずです。ゴムチューブダイエットでは、ゴムチューブの両端を背中の後ろでそれぞれ手のひらでつかんで、片腕ずつ万歳をして腕を上げた姿勢から、肘を頭の後ろを通るように曲げる動きを実行することになります。ゴムチューブを使うことで一連の動きに負荷が加わり、二の腕を引き締めることになります。

二の腕を引き締めるゴムチューブダイエットのやり方:長いゴムチューブのが合い

万歳をして腕を上げた姿勢から、肘を頭の後ろを通るように曲げる動きを負荷をプラスして行うトレーニング方法として、長いゴムチューブを使っておこなう方法があります。短いゴムチューブと違って、長いゴムチューブを使う場合は、立った姿勢でゴムチューブを片足で踏んで行い、より負荷を強くかけた本格的なダイエットトレーニングになります。

短いゴムチューブと違って、長いゴムチューブを使う場合は、立った姿勢でゴムチューブを片足で踏んで行い、より負荷を強くかけた本格的なダイエットトレーニングになります。

ゴムチューブダイエットの本

81evnwqpwll
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81EvnWQpwlL.jpg
巻いて1分動かすだけ 奇跡の7日間レッスン for MODELS ([バラエティ])
価格 1620

ゴムチューブを使ったダイエットやトレーニングの本は、たくさん書かれていますので、参考にするのもいい方法です。本のいいところは、トレーニング中の傍らに置いてのぞけるところ。姿勢や効率的に効果を出すポイントなども本に書いてあることが多いので必見です。

まとめ

Mxhe882mnmkainzyowdj
引用: https://www.instagram.com/p/Bc_o44lg9ID/?tagged=%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96

ゴムチューブダイエットは、いつでもどこでもできるトレーニングなので、継続していける可能性が高いダイエット方法です。ダイエット方法は無数にありますが、大切なポイントのひとつが、継続していくこと。継続できなければ、ダイエット効果はあまり期待できないでしょう。気軽に続けられる点が、ゴムチューブダイエットの最大の魅力です。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bf5tAQwgbzi/?tagged=%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96