2018年04月02日 UPDATE

ラグ特集!夏に敷きたいおしゃれアイテムを厳選して紹介します。

夏になると床には何も敷きたくなくなりますよね?ラグは夏には取りたいと思う方が多くいらっしゃると思います。夏にラグ?ラグを外すじゃなくてラグを敷きましょう。夏に敷くと良いと言われているラグですが暑苦しくも思えますが敷いてる人も増えてるそうで見てみましょう。

目次

  1. 夏にラグを敷くメリット
  2. 夏にラグを敷くデメリット
  3. 暑い夏にラグを敷く理由は
  4. 夏にはラグ?ゴザ?
  5. 夏にラグを敷いた時のお手入れ
  6. 夏に合うおしゃれなラグ【竹ラグ】
  7. 夏に合うおしゃれなラグ【接触冷感タイプ】
  8. 夏に合うおしゃれなラグ【クールラグ】
  9. 夏に合うおしゃれなラグ【日本製スミノエマリンボーダー】
  10. 夏に合うおしゃれなラグ【まとめ】

夏にラグを敷くメリット

Ayjdaxgzc23dujqnhmvp
引用: http://xn--ebay-3e9fu753a.jp/?p=260
Xsearm1izvchlptbjaob
引用: http://www.cainz.com/shop/g/g4549509173748/

夏にラグを敷く人?敷かない人?どちらかというと夏はゴザの方が多いかもしれませんね。しかし夏んいラグを敷くと良いことも多くあります。まず夏にラグを敷くことで座ったり寝転んだりするときの心地よさが良いですね。フローリングの硬いままだとやはり居心地が悪くなりますね。ラグをしいているとフローリングに傷がつきにくいため賃貸であればラグを敷いているといいですね。床に傷をつけたりすると賃貸だと支払いが発生するためラグを敷くことで予防できますね。テレビや本を寝転がってみる時にフローリングの上だと痛くて見にくいですよね?ラグがしいていると暑い夏でも寝転がって気持ちよく見ることができますね。

夏にラグを敷くデメリット

Ozj51fqsz0f38wqslp7c
引用: http://iewouru.com/archives/13
Cbko3dsdwoapwtgtndxq
引用: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%...

夏にラグを敷いているとデメリットもあります。デメリットはラグは暑苦しいということが一番のデメリットです。暑い夏の中に更にラグを敷くとエアコン付けていても効き目が半減しますね。ラグを敷いてひんやり感が無い暑苦しい夏だと暑さが嫌いな方には夏のラグは地獄かもしれませんね。この暑いというデメリットがなくなるとラグをしいていると利点ばっかりになりますがデメリットがなくなってメリットが増えることがあるのでしょうか?色々な使い方、素材が出ているようですので紹介してみましょう。

暑い夏にラグを敷く理由は

Sgpkaqxbcqjedibmhkwc
引用: https://curama.jp/magazine/499/
Bjhx4qjnmo0wp59ucnne
引用: https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_L...

夏にラグを敷く理由はラグは暑さを我慢できるとたいしたことではないようです。フローリングのままだと足元が滑りやすかったり足元を痛めたりすることもありますのでラグを敷いているとこういうトラブルは軽減されますね。また、最近ではフローリングではほこりが舞いやすいがラグだとほこりが舞いにくいということで夏に敷くラグも暑さやほこりの問題が無ければ夏にラグを敷くのが良いことというご意見が多いようです。夏にはゴザという人もいますがゴザとラグは何が違うのか?素材そのものが違いゴザは夏は涼しいですね。特にい草でできているゴザは夏は気持ちが良いものです。

夏にはラグ?ゴザ?

Dstzl9g7aubqiwem4x49
引用: http://www.tatami-tsuuhan.net/shopping/goza/polka/...
Kfswz1u26cextznwnrno
引用: https://belluna.jp/interior/01/010401/d/OBYV/01998...

ラグとゴザの違いはまずは大きさはほぼ同じですね。というか大きさ自体はラグもゴザも選べます。大きさはラグとゴザでは問題は無いようです。ただ大きさを大きくしたりするにはラグがタイル状の大きさで販売されているものもあるため大きさを合わせるにはラグが便利かもしれません。しかしラグとゴザで大きさのみで比較する人はいないですね。大きさで大小はゴザでも変えようと思えば変えられます。洗えるか洗えないかを比較すると洗えるラグはタイル状になっているもので汚れた箇所が洗えると便利ですがラグ自体洗える素材になっています。ゴザは洗えるか?微妙ですね。洗えるという方もいますが速攻で乾かさないといけないですし、洗えると言っても手洗い限定で洗えると言ってもいいでしょう。ラグの欠点はとにかく暑いイメージですね。暑いイメージが無ければラグを使う人が増えるでしょう。

関連記事

夏にラグを敷いた時のお手入れ

Va9vzzu5yauyma4fic4z
引用: http://www.flannelsofa.com/contents/page.php?id=11...
Yxtzx6njbhzueocfpbf3
引用: https://roomclip.jp/tag/774816

夏にラグを敷いた時のお手入れ方法ですが最近では大物を洗える洗濯機もありますがコインランドリーにも大物が洗えるものがありますね。夏にラグを敷いていると汗などでどうしても汚れることがありますよね。ラグは昔なら硬く絞った雑巾で拭いて湿気を持たせないことをコツとしていましたが最近では便利な世の中で洗濯機で洗えるようになったため暑い夏に汗でラグが汚れても洗えますね。ラグが汚れる時は冬とかより暑い夏がよごれやすいです。タイルタイプのラグですと1枚単位で洗えるため便利ですが大きめのラグだと大物洗いのコインランドリーがおすすめです。

夏に合うおしゃれなラグ【竹ラグ】

Ttx5ijtl6jwo7uhlykfj
引用: http://sp.cecile.co.jp/detail/VP-432/
Dpq2mecm0eoiizjbg3cv
引用: https://www.pinterest.jp/pin/311241024224480735/

日本の夏といえば涼しげな竹ですね。ラグは今では色々なタイプがでています。カーペット上のラグだと暑いイメージしかないですがこのように竹模様のラグマットですと涼しげな感じになり日本の夏にピッタリのイメージですね。竹柄のラグは暑い夏を涼しく見せてくれて更にフローリングにしてるよりラグを敷いている方がほこりが舞わないのでいいですね。また竹柄のラグはおしゃれですね。おしゃれで渋い感じがしてお友達など呼ばれると好評かもしれませんね。竹柄を見ているだけでも涼しげなイメージになれますね。夏にはおしゃれな竹柄のラグがおすすめです。

夏に合うおしゃれなラグ【接触冷感タイプ】

O45w0mpwahbovogm3qrh
引用: http://rugblogs.com/recommend-summer-cool-rug/
Hvd4crpw1s6khnkkmyrw
引用: https://www.air-r.jp/blog/rug/%E5%86%B7%E6%84%9F%E...

夏は暑いです。この暑い中に暑いラグを敷くとほこりが舞いにくい、滑りにくいと言っても暑さには耐えがたいですよね?最近は本当に便利になりましたね。接触冷感タイプのラグが販売されています。夏はこの接触冷感タイプのラグをお勧めします。おしゃれかどうかというと微妙ですが接触冷感はとにかく涼しいです。またエアコンをかけるとラグも冷たい空気を吸収しため込みますのでマット自体も冷たくなるためラグが気持ち良くなります。快適な夏になりますね。最近の夏は年々気温が上昇しているため暑いラグは嫌ですよね。接触冷感ラグは誰もが夏には喜ばれると思いますのでおすすめです。欠点は夏限定というところですかね。

夏に合うおしゃれなラグ【クールラグ】

Rohoryhw9gazymmqjzbl
引用: https://item.rakuten.co.jp/reform-myhome/aswan-ice...
Jrwwcqmivyycj10pwee9
引用: https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E5%86%B7...

夏に合うラグはやはりひんやりクールラグで接触冷感が標準装備のようについてきていますね。しかも丸洗いOKのラグです。見た目は接触冷感にしてはおしゃれにできていると思います。ホワイトで涼しげなイメージですが注意はホワイトは汚れが非常に目立ちますね。丸洗いは出来るようですがペットや小さなお子さんがいらっしゃるお宅には毎日洗濯が必要になるかもしれませんね。しかし普通のマットのラグよりはここ数年の猛暑続きの夏にはクールラグが各家庭で必須アイテムになっているかもしれませんね。こちらも欠点といえば夏限定でしか使えないという点ですが夏は快適に涼しく過ごせますね。

夏に合うおしゃれなラグ【日本製スミノエマリンボーダー】

Jqbliwap9ya7yocpujjq
引用: https://www.amazon.co.jp/%E6%B4%97%E3%81%88%E3%82%...
Ayhfvcdumelulm9ttder
引用: https://store.shopping.yahoo.co.jp/e-alamode/48-87..

次にご紹介するラグは日本製のラグであり涼しげなカラーで素材もポリエステルや綿中心で夏でも意外と涼しく過ごせるラグですね。ラグといえば暑いイメージがありますが素材も昔の物とは変わってきています。昔はウールが多かったラグですが最近ではポリエステルなど季節に問わず使えるものが使われていますね。そして丸洗いができるラグですので汚れても全然問題がありません。夏は汗かいたまま寝転がったり子供たちが居れば多いと思います。そういう時はやはり洗えるラグが便利ですね。また夏だけでなく1年を通して使えるラグは良いものですね。

夏に合うおしゃれなラグ【まとめ】

色々なラグがありますが一部ご紹介しました通り最近のラグは接触冷感のラグが出ています。夏用には接触冷感が売れているようですが夏以外では使えない欠点もあるようですね。また昔と違い手洗いとかではなく丸洗いができるラグが多いため夏場でも安心して使えますね。ラグはフローリングの上に敷くことで誇りの舞い方も違いますし床に傷がつきにくくなりますし床が直接汚れないので便利ですね。

また竹柄など日本の風情を楽しめるラグもありましたので色々なラグを参考にして使われると良いと思います。ラグはタイル状で1枚1枚分けられるものもあります。1枚1枚は敷くのは面倒とは思いますが便利な点は汚れたところだけ外して洗ったり古くなってきたところだけを買い替えたりできるところは便利ですね。まだまだここでご紹介したラグは一部です。他にもたくさんありますので色々なラグをご覧になりゆっくりと決められてください。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1522611700/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5iZWxsZW1haXNvbi5qcC9jcGcvcGNfY29tbW9uL2luY19odG1sL3AvZXBmYjAwMDIvbWFpbi8xMl9pbWFnZXMvMTAwMV91bml0cnVnXzU4N180NjUuanBn/RS=%5EADBWrKgyrj_oo6g7F4R21UmELFTYkw-;_ylt=A2RCCzJ05L9abigAqQKU3uV7