2018年03月28日 UPDATE

筋トレダイエットのための食事を。メニュー・タイミングなど丁寧に。

筋トレといえば筋肉を鍛えるトレーニングですが、実はダイエットにも効果があるんです。しかしそんな筋トレダイエットをする際には、食事も大切な要素になります。そこで今回は筋トレダイエットの食事メニューや筋トレ方法を紹介していきます。

目次

  1. 筋トレダイエットに必要なのは食事8割と筋トレ2割!
  2. 筋トレダイエットの食事欠かせないのはたんぱく質
  3. 筋トレダイエットをする際の食事のタイミング
  4. 筋トレダイエットの食事には炭水化物も大切な栄養素
  5. 筋トレダイエットで効率よく食事を吸収するポイント
  6. 【筋トレダイエットの食事でおすすめするメニュー】納豆オムレツ
  7. 【筋トレダイエットの食事でおすすめするメニュー】豆腐サラダ
  8. 【食事を含めて筋トレダイエットを成功させる筋トレ方法】大きな筋肉を鍛える
  9. 【食事を含めて筋トレダイエットを成功させる筋トレ方法】短時間で集中して鍛える
  10. 【食事を含めて筋トレダイエットを成功させる筋トレ方法】週に2回でOK
  11. 筋トレダイエットのための食事を。メニュー・タイミングなど丁寧に。のまとめ

筋トレダイエットに必要なのは食事8割と筋トレ2割!

3bf304a1569e5c558f9a530c15cdf382
引用: https://i.pinimg.com/564x/3b/f3/04/3bf304a1569e5c558f9a530c15cdf382.jpg

筋トレダイエットといえば、筋トレがメインになるイメージがありますが、実は食事8割で筋トレが2割なんです。それだけ筋トレダイエットには食事が欠かせない存在になり、筋トレで良い体を作り上げる為にも食事が最も重要で、筋トレ自体はあまり重要ではないのです。しかし食事と筋トレを合わせてダイエットをしないと、あまり効果が得られないので筋トレをするのも大切です。

関連記事

筋トレダイエットの食事欠かせないのはたんぱく質

9a8cd7373ccf1e053a92a3a772128bae
引用: https://i.pinimg.com/564x/9a/8c/d7/9a8cd7373ccf1e053a92a3a772128bae.jpg

また筋トレダイエットをする際の食事に欠かせないのがたんぱく質です。たんぱく質は体を作り上げる大切な栄養素になっており、三大栄養素の炭水化物、脂質、たんぱく質の中でも最も重要な体を作る主成分なんです。たんぱく質には炭水化物などとは違い、筋トレ時のスタミナを維持したり、疲れを緩和する働きもあるので、筋トレダイエットには必要不可欠な成分なのです。

たんぱく質を多く含む食材

B03d293b0ddc32b46a98bdc81062f145
引用: https://i.pinimg.com/564x/b0/3d/29/b03d293b0ddc32b46a98bdc81062f145.jpg

そんなたんぱく質を多く含む食材で、最も知られているのがささみですがその他にはたんぱく質を多く含む食材があります。そのささみ以外でたんぱく質が豊富な食材は、肉類であれば豚ヒレ肉や牛ももの赤み肉があります。その他にも大豆製品の納豆や、チーズ類、魚類のカツオ、マグロなどにもたんぱく質が豊富に含まれています。

関連記事

筋トレダイエットをする際の食事のタイミング

Dc437d3a859fce56c8689a832a6478b8
引用: https://i.pinimg.com/564x/dc/43/7d/dc437d3a859fce56c8689a832a6478b8.jpg

筋トレダイエットをする際には食事が最も重要になってきますが、その食事のタイミングも大切なポイントです。こちらではそんな筋トレダイエットの、食事のタイミングについて以下に紹介していきます。

タイミングその1:一回の食事量を減らして回数を増やす

C79be08e3d92d1b6d8cee9526792ac7a
引用: https://i.pinimg.com/564x/c7/9b/e0/c79be08e3d92d1b6d8cee9526792ac7a.jpg

筋トレダイエットをする際に食事をするタイミングは、一回の食事量を減らして一日の食事回数を増やすことが大切です。一般的な食事のタイミングは、朝、昼、夜の三食ですがその間にも食事を取り入れて、空腹を避けることが大切です。しかし必ず、一回に食べる食事の量を減らすことが重要なポイントです。

タイミングその2:1日5回が理想

848b5ceb6d72edf7e0ca5cef95406b01
引用: https://i.pinimg.com/564x/84/8b/5c/848b5ceb6d72edf7e0ca5cef95406b01.jpg

また筋トレダイエットで食事をするタイミングは、一日に5回が理想です。上記でお伝えしたように一回の食事の量を減らし、一日に4時間ほどあけて食事をすると食欲が劇的に減るので、できる事なら食事は5回程度することをおすすめします。

タイミングその3:たんぱく質を多く摂取する

9e4068b67bfaf918727408ff2124fe18
引用: https://i.pinimg.com/564x/9e/40/68/9e4068b67bfaf918727408ff2124fe18.jpg

先ほどもお伝えしたように、たんぱく質は筋トレダイエットに欠かせない栄養素です。一回の食事の量を減らしたとしても、たんぱく質を多く摂取することが大切なのです。その為、たんぱく質をメインにとることを意識して食事をすることが重要です。

タイミングその4:炭水化物を多く食べたくなったら朝

116cc719ea2d5e14e71f6dc09e2954b5
引用: https://i.pinimg.com/564x/11/6c/c7/116cc719ea2d5e14e71f6dc09e2954b5.jpg

どうしてもたんぱく質がメインの食事になってしまうと、炭水化物を食べたくなる期間も出てくると思います。そんな期間になったら、朝に炭水化物を食べることをおすすめします。朝は炭水化物に含まれている糖質が活動エネルギーになるので、脂肪になりにくいのです。

タイミングその5:ダイエットする期間を求めないのであれば夜だけぬく

24f734f4bfe60db588123ad1fc4722f3
引用: https://i.pinimg.com/564x/24/f7/34/24f734f4bfe60db588123ad1fc4722f3.jpg

もし筋トレダイエットを長い期間できるのであれば、夜だけ炭水化物を抜くと良いと思います。しかしそれだけ長い期間筋トレダイエットをしなければいけないので、その事を十分に理解しておく必要があります。しかし好きな食事をとれるので、筋トレダイエット期間でもストレスを感じることなくできる方も中にはいます。

タイミングその6:炭水化物制限は半年の期間が勝負

21954aeac042488f79cf4b65f88006b2
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/95/4a/21954aeac042488f79cf4b65f88006b2.jpg

また炭水化物制限で筋トレダイエットをする期間は、半年が勝負だとされています。筋トレダイエットをはじめて最初の半年で、劇的に体が変化するので半年の期間を目標にして炭水化物を制限し、たんぱく質の量を意識して食事をするのがポイントです。

タイミングその7:トレーニング前後の捕食も大切

Ebcf431159870c5be0941feedd67bd2b
引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/cf/43/ebcf431159870c5be0941feedd67bd2b.jpg

また筋トレダイエットをする際には、トレーニングをした後とする前のタイミングで感触することも大切です。例えばトレーニング前に4時間以上食事が開いていた場合は、すぐにエネルギーとなる糖質の捕食を取り入れることをおすすめします。またトレーニング後は、筋肉が疲労している状態なのでエネルギーとなる糖質とたんぱく質を捕食することが大きなポイントになります。

関連記事

筋トレダイエットの食事には炭水化物も大切な栄養素

1ff2affbb558fe274d4b776640149c4f
引用: https://i.pinimg.com/564x/1f/f2/af/1ff2affbb558fe274d4b776640149c4f.jpg

炭水化物と聞けばダイエット時には敬遠されがちな栄養素ですが、実は大切な栄養素でもあるんです。上記でお伝えしたように炭水化物には糖質が含まれており、その糖質が筋トレダイエットに大きな役割をはたしてくれるのです。筋トレダイエットをした30分以内はゴールデンタイムとも呼ばれており、その時間内に炭水化物を中心とした食べ物と、たんぱく質を含んだ食べ物を合わせるとより効果を得ることができるのです。しかし食事をする量ではなく、あくまでも捕食する程度に抑えるのも大切です。

筋トレダイエットで効率よく食事を吸収するポイント

6f8dbc00738f2fdbab919d7ac85fa0af
引用: https://i.pinimg.com/564x/6f/8d/bc/6f8dbc00738f2fdbab919d7ac85fa0af.jpg

たとえ筋トレダイエットでたんぱく質を中心に食事をしていたとしても、体内でうまく吸収されなければその効果は半減してしまいます。そんな食事を効率よく吸収するポイントは、代謝を促進させるビタミンB軍が大切な栄養素になるんです。そのビタミンB軍の中でも特にビタミンB6が、体内の代謝を促進させてくれるのでたんぱく質と一緒に摂取することが重要です。

【筋トレダイエットの食事でおすすめするメニュー】納豆オムレツ

Aa9ba8c035dfe04e39b1dcfeeaa47cff
引用: https://i.pinimg.com/564x/aa/9b/a8/aa9ba8c035dfe04e39b1dcfeeaa47cff.jpg

筋トレダイエットの食事のメニューといっても様々あって、どんな食事をとって良いのか分からないという方もいると思います。そこでそんな方の為に、こちらでは筋トレダイエットの食事でおすすめするメニューを紹介していきます。その一つ目のメニューは、納豆オムレツです。納豆オムレツは、卵と納豆の豊富なたんぱく質を摂取することができるのでおすすめです。さらにその中にキャベツを入れると、ダイエット時でも食べ応え抜群です。

【筋トレダイエットの食事でおすすめするメニュー】豆腐サラダ

6e1516351d9f0bc43485e2622f444e31
引用: https://i.pinimg.com/564x/6e/15/16/6e1516351d9f0bc43485e2622f444e31.jpg

次におすすめするメニューは、豆腐サラダです。豆腐サラダは誰でも簡単に作ることができますし、豆腐からたんぱく質をきちんと摂取することができます。豆腐とプラスして海苔や干しエビなどを入れると、美味しくいただくこともできるおすすめのメニューです。

【食事を含めて筋トレダイエットを成功させる筋トレ方法】大きな筋肉を鍛える

0ee6c0826dc95fc0f3c13145a4c2cc1f
引用: https://i.pinimg.com/564x/0e/e6/c0/0ee6c0826dc95fc0f3c13145a4c2cc1f.jpg

筋トレダイエットは食事が最も重要なポイントになりますが、やはり筋トレをしないとダイエットにならないので筋トレも大切な役割があります。そんな食事を含めて筋トレダイエットを成功させるには、大きな筋肉だけ鍛えると効率よくダイエットをすることができます。

筋肥大を狙う

B5a62881f151cb8e98a187115d8a9881
引用: https://i.pinimg.com/564x/b5/a6/28/b5a62881f151cb8e98a187115d8a9881.jpg

筋肥大とは筋肉を大きくすることをいい、その筋肥大を狙うことで筋トレダイエットの成功にも繋がります。

【食事を含めて筋トレダイエットを成功させる筋トレ方法】短時間で集中して鍛える

7f10e63057e4fe7176c89bccce0fdaab
引用: https://i.pinimg.com/564x/7f/10/e6/7f10e63057e4fe7176c89bccce0fdaab.jpg

食事を含めて筋トレダイエットを成功させるポイントは、短時間で集中して鍛えると、筋肥大に効果を与えることができ効率よく脂肪を燃焼させることができます。一回の筋トレは、最大でも1時間以内ですることをおすすめします。

【食事を含めて筋トレダイエットを成功させる筋トレ方法】週に2回でOK

14f2deaace87c6ce2cf380046e178249
引用: https://i.pinimg.com/564x/14/f2/de/14f2deaace87c6ce2cf380046e178249.jpg

筋トレダイエットをする際には毎日筋トレをしなければいけないイメージがありますが、週に2回程度で大丈夫です。逆に筋トレを多くしても、効率よく痩せることができない事もあります。筋トレダイエットに重要なのは食事ですので、毎日筋トレをする必要がないのです。

筋トレダイエットのための食事を。メニュー・タイミングなど丁寧に。のまとめ

11ca98907f765f70b02bf9fa8de61c13
引用: https://i.pinimg.com/564x/11/ca/98/11ca98907f765f70b02bf9fa8de61c13.jpg

筋トレダイエットの食事や筋トレ方法はいかがでしたか?筋トレダイエットに最も大切なことは、食事でその中でもたんぱく質がキーマンとなります。その栄養素をうまくコントロールできないと、筋トレをしても痩せることができない事もあるので、食事管理に徹底して理想のスタイルを作り出してみて下さい。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/af/c2/1e/afc21e95462b0c050541e81d2d18cc92.jpg