2018年03月27日 UPDATE

パンプアップとは?筋トレするのに抑えたい知識【方法/時間/回数】

筋トレする際のパンプアップとはどのようなものなのかご存知ですか?パンプアップは、筋肉の動きに大きく影響を与えるものなので筋トレする際には知っておく必要があります。そこで今回はパンプアップとはどのようなものなのか、筋トレする際に抑えたい知識を紹介していきます。

目次

  1. パンプアップとは?
  2. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】終動負荷トレーニング
  3. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】クランチスロートレーニング
  4. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】腕立てプッシュアップ
  5. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】ディップス
  6. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】ペットボトルサイドレイズ
  7. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】水分補給は欠かさない
  8. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】短い時間でできるだけ多くするのもポイント
  9. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】テンションを保つ
  10. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】休憩はあまりしない
  11. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】筋肉を意識することも大切
  12. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】ドロップセットを行う
  13. 【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】モチベーションを上げる
  14. パンプアップとは?筋トレするのに抑えたい知識【方法/時間/回数】のまとめ

パンプアップとは?

Adbde83ebf26544095eda724b5194e4a
引用: https://i.pinimg.com/564x/ad/bd/e8/adbde83ebf26544095eda724b5194e4a.jpg

そもそもパンプアップとは、簡単に説明すると筋肉がパンパンになって普段よりも膨らんでいる状態のことをいいます。筋トレを続けていると、筋肉が張ってきて血管や筋肉繊維がはっきりと見えてくることをパンプアップというんです。そんなパンプアップは筋肉を太くするのに効果があるだけでなく、体全体の活性化や老化防止の効果もあるんです。今回はそんなパンプアップを起こす回数や時間などの、筋トレ方法を紹介していきます。

パンプアップが起こる理由

2917e37330aaef463546cdd34daf192d
引用: https://i.pinimg.com/564x/29/17/e3/2917e37330aaef463546cdd34daf192d.jpg

そんなパンプアップが起こる理由は、筋トレで筋肉に負荷をかけていくと、アデノシンなどの筋肉の活動エネルギーの代謝産物が生成され、それらが動脈を拡張させます。その状態になると筋肉は血液を通しやすくなり、代謝物や水分が大量に流れ込み、筋肉がパンパンに張った状態になるんです。その為、パンプアップした状態は普通の筋トレをした状態に比べ、より筋肉が太くなるんです。

関連記事

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】終動負荷トレーニング

B28959fffaaeef271201a020eba43e18
引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/89/59/b28959fffaaeef271201a020eba43e18.jpg

そんなパンプアップに効果的な筋トレ方法の一つ目は、終動負荷トレーニングです。終動負荷トレーニングは一般的にゴムチューブを使い、ゴムチューブの限界の硬さにして20回~30回ほどスクワットします。しかしパンプアップを起こす際には、足が上がらない状態になるまで負荷をかけ、終動負荷トレーニングをやめないことが大切です。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】クランチスロートレーニング

次に時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは、クランチスロートレーニングです。普通に腹筋をする様に仰向けに状態になり、膝が90℃に曲げ体を丸めるように上体を起こしていきます。この時にこれ以上上体が起きない位置まで起こして、元の状態に戻るときも背中をつけないことがポイントです。回数はおよそ1セットに10回程度して、3セット繰り返すのが理想です。また慣れてきたら、回数を増やすとよりパンプアップを起こしやすくなります。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】腕立てプッシュアップ

32f7157dd3d3aee55cae7f0273a7467f
引用: https://i.pinimg.com/564x/32/f7/15/32f7157dd3d3aee55cae7f0273a7467f.jpg

腕立てプッシュアップは腕、肩、胸、お腹などを同時に鍛えることができ、パンプアップにも効果的な筋トレ方法です。そんな腕立てプッシュアップのやり方は普通の腕立て伏せとは違い、姿勢は体のラインが一直線になるように意識して、息を吸いながらゆっくりと体が床につくギリギリまで落としていきます。上体を持ちあげる時には逆に、息を吐きながらするとパンプアップが起きやすくなります。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】ディップス

ディップスは筋トレ初心者の方がパンプアップを起こす際におすすめで、安全にパンプアップを起こして筋トレすることができます。そんなディップスのやり方は、壁や椅子などに手を置き腕立て伏せの要領で肘を曲げていきます。ポイントとして、手首を真っ直ぐさせ肘は90度より深く曲げると、よりパンプアップに繋げることができます。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】ペットボトルサイドレイズ

ペットボトルサイドレイズは、ペットボトルに水を入れて重さを変えながら筋トレすることによって、パンプアップに繋げることができる効果的な筋トレ方法です。ペットボトルサイドレイズのやり方として、足を軽く開いた状態で、両手にペットボトルを持ち型のラインと平行になるまで持ち上げます。それを10回程度繰り返して、重さを徐々に軽くしていくと筋肉に負荷をかけることができ、パンプアップを起こしやすくなります。

関連記事

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】水分補給は欠かさない

F9d1b9ade77bbe56f97d98247853a5a2
引用: https://i.pinimg.com/564x/f9/d1/b9/f9d1b9ade77bbe56f97d98247853a5a2.jpg

上記でお伝えしたパンプアップに効果的な筋トレ方法をする際には、水分補給を欠かさないことも大切です。パンプアップは代謝物質が筋肉に、蓄積することによって起こります。その為、水分が足りない状態だと、たとえ筋肉に負荷をかけたとしてもパンプアップが起こらないこともあるので、水分補給を欠かしてはいけないのです。そんなパンプアップを効果的に起こす為には、筋トレ中にコップで2杯~3杯の水を飲むことをおすすめします。

炭水化物も摂取

E6dae717f498d926ceaad7bf8b4031ed
引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/da/e7/e6dae717f498d926ceaad7bf8b4031ed.jpg

また筋トレでパンプアップを効果的にする方法として、炭水化物を摂取することも大切なポイントです。炭水化物には、筋肉内の貯蔵量を増やす効果があり、炭水化物を摂取することによってそれだけ貯蔵量を増やすことができ、筋肉の水分量も高くなるのです。

クレアチンの摂取

E0ba4376cd276d844ba5c53e2d5ef865
引用: https://i.pinimg.com/564x/e0/ba/43/e0ba4376cd276d844ba5c53e2d5ef865.jpg

クレアチンは瞬発的なエネルギーを出すことができる栄養素となっており、そのクレアチンを摂取することで普段から最大限の力を出しながら、筋肉に負荷をかけることができ結果、パンプアップを引き起こすことにも繋がるのです。

パンプアップを狙うならNOサプリもおすすめ

Becb49d077f35f46402d9ad8adfeb3c9
引用: https://i.pinimg.com/564x/be/cb/49/becb49d077f35f46402d9ad8adfeb3c9.jpg

パンプアップを狙うならNOサプリもおすすめで、NOサプリを摂取することで血管の拡張を促してくれるんです。血管の拡張を促すということは、それだけ筋肉内に流れる血流が多くなり、結果パンプアップに繋げることができます。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】短い時間でできるだけ多くするのもポイント

Bffa975e582c97d7acaa105221665aad
引用: https://i.pinimg.com/564x/bf/fa/97/bffa975e582c97d7acaa105221665aad.jpg

パンプアップを起こしたいのであれば、短い時間でできるだけ多く筋トレするのもポイントです。短い時間で多くの筋トレをすることによって、筋肉内に流れ込んだ水分の排出を抑えることができ、筋肉を張れ上げさせることができます。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】テンションを保つ

005072d1d72f6a9d1114dde5b74ea8ca
引用: https://i.pinimg.com/564x/00/50/72/005072d1d72f6a9d1114dde5b74ea8ca.jpg

またパンプアップを狙うのであれば、筋トレ時に負荷がかかり続けるようにテンションを保つことも大切です。テンションを保つことによってそれだけ筋肉に負荷をかけ続けることができ、筋肉内の水分を溜めていくとパンプアップにも効果的なのです。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】休憩はあまりしない

Ae4373406aa1bb787b96752cae7a10be
引用: https://i.pinimg.com/564x/ae/43/73/ae4373406aa1bb787b96752cae7a10be.jpg

パンプアップに効果的な筋トレ方法として、休憩はあまりしない方がいいと思います。筋肉を休ませてしまえば、それだけ筋肉内に溜まった水分が排出されてしまい、筋肉の緊張をゆるめてしまうのです。休憩をあまりしない事で、筋肉が緊張し続け筋肉内に水分が溜まり、パンパンに張れ上げることができるのです。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】筋肉を意識することも大切

0bf684ac17a407e4c237d6fc57135810
引用: https://i.pinimg.com/564x/0b/f6/84/0bf684ac17a407e4c237d6fc57135810.jpg

またパンプアップに効果的な筋トレ方法として、筋肉の動きに意識すると更に効果を上げることができます。筋肉の収縮を意識することで、筋肉の緊張を意識的に高めることができ、パンプアップ効果を高めることができるんです。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】ドロップセットを行う

575cf5e76d4303963e485a4d72f9d699
引用: https://i.pinimg.com/564x/57/5c/f5/575cf5e76d4303963e485a4d72f9d699.jpg

ドロップセットとは重いウェイトから徐々に軽くし、筋肉を追い込んでいく方法で筋肉に休憩をとらせないことで筋肉内の圧を高めることができ、パンプアップに繋げることができるのです。

【時間や回数で効果的な筋トレ方法のパンプアップとは】モチベーションを上げる

Ec687eadde1993c1ac461db5527cff9d
引用: https://i.pinimg.com/564x/ec/68/7e/ec687eadde1993c1ac461db5527cff9d.jpg

筋トレは筋肉にそれだけ負荷をかけてしまうので、辛く感じる時もありますが自分のモチベーションを上げることで、パンプアップを効果的に引き起こす事ができるので大切なことなのです。

パンプアップとは?筋トレするのに抑えたい知識【方法/時間/回数】のまとめ

182d91a4ceceab95405a101e6c566ed3
引用: https://i.pinimg.com/564x/18/2d/91/182d91a4ceceab95405a101e6c566ed3.jpg

パンプアップとはどのようなものなのかおわかりして頂けましたか?パンプアップは簡単に説明すると、筋肉がパンパンに張った状態で血管や筋肉繊維が目で見てもわかり、筋肉を大きくする効果もあるんです。今回はそんなパンプアップを効果的に引き出すための、筋トレ方法を紹介してきました。人それぞれ筋トレ時間や回数は異なってきますが、筋トレ方法を参考に効果的にパンプアップさせてみて下さい。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/52/6d/b1/526db1c9c48f87677586d8e2122b8583.jpg