Y7hm01mu5jpjuhu0gq5i

ファッション小物

CATEGORY | ファッション小物

アロマスプレーの作り方!簡単に自分好みの香りを立てる方法を丁寧に!

2018.06.16

アロマスプレーは、おうちではもちろん、マスクへのひと吹きや消臭スプレーなどの代わりとしても使える重宝するアイテムで、簡単に手作りできる優れモノなんです!そこで今回は、自分好みの香りを立てられるアロマスプレーの作り方についてご紹介します。

目次

  1. 簡単おすすめ手作りのアロマスプレー
  2. 手作りで簡単にできるアロマスプレー(約50ml)のおすすめの作り方の前にご用意していただくモノ
  3. 手作りで簡単にできるアロマスプレーのおすすめの作り方(約50mlの場合)
  4. 手作りで簡単にできるアロマスプレーのおすすめの作り方(動画)
  5. 手作りで簡単に作っていただいたアロマスプレーのご使用方法
  6. 手作りで簡単に作っていただいたアロマスプレーの注意点
  7. アロマスプレーおすすめのエッセンシャルオイルの組み合わせ
  8. 「アロマスプレーの作り方!簡単に自分好みの香りを立てる方法を丁寧に!」のまとめ

アロマスプレーなら携帯できますので、外出中でもごぞ真のお好きな香りに包まれることができます。作り方も簡単ですので、ぜひチャレンジしていただきアロマスプレーの魅力をいっぱい楽しんでみてください。

精製水

精製水を約40mlご用意ください。

無水エタノール

無水エタノールを約10mlご用意ください。無水エタノールを入れる理由:お掃除にも使われていますが、アロマスプレー作成時は、エッセンシャルオイルと精製水の混ざり具合を良くするためです。

お好みのエッセンシャルオイル(精油)

お好みのエッセンシャルオイル(精油)を10滴をお入れいただくことになります。

スプレー容器

スプレー容器(50mlタイプ)を1本をご用意してください。スプレー容器の素材について:エッセンシャルオイル(精油)はプラスチックを溶かしてしまう場合もありますので、スプレー容器はガラス製が安心です。

ラベルシール

ラベルシール1枚をご用意してください。

計量カップ(ビーカーなど)

計量カップ(ビーカーなど)1個をご用意ください。

1:計量カップ(ビーカーなど)を使い、無水エタノールを10ml計って、お入れください。

↓↓↓↓↓↓

2:1をスプレー容器に、こばさないように移し替えてください。

↓↓↓↓↓↓

3:2のスプレー容器に、好みのエッセンシャルオイル(精油)を10滴入れます。

↓↓↓↓↓↓

4:エッセンシャルオイル(精油)を入れ終わったら、スプレー容器を振り混ぜてください。

↓↓↓↓↓↓

5:計量カップ(ビーカーなど)を使い、精製水を45mlを計って、お入れください。

↓↓↓↓↓↓

4のスプレー容器に、5の精製水をこばさないよう移し替えてください。

↓↓↓↓↓↓

6:スプレー容器を、よーーーく振り交ぜていただいたく!

↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓

7:ラベルシールに、製造日やレシピを記載して、6のスプレー容器に貼っていただき、完成させていただきます!

関連記事

1 / 2