Uazsgyuhjnnw1mm9i1eu

ファッション

CATEGORY | カテゴリー

モノトーンの部屋のコーディネート集。シンプルおしゃれを極めよう。

2018.03.10

モノトーンの部屋、と聞いてイメージするのは「シンプルでかっこいい!」ではないでしょうか?キッチンやリビングなども含めて、モノトーンコーディネートでおしゃれな部屋を作ってみませんか?ここでご紹介するモノトーンの部屋のコーディネートをぜひ真似してみてくださいね。

目次

  1. 部屋をモノトーンにするメリット
  2. モノトーンの部屋コーディネートのポイント
  3. 【モノトーンの部屋】おすすめのコーディネート1.赤を使ってスタイリッシュに
  4. 【モノトーンの部屋】おすすめのコーディネート2.青を使って開放的に
  5. 【モノトーンの部屋】おすすめのコーディネート3.紫を使って上品に
  6. 【モノトーンの部屋】おすすめのコーディネート4.緑を使って大人っぽく
  7. 【モノトーンの部屋】おすすめのコーディネート5.CHLOROS(クロロス)
  8. 【モノトーンの部屋】おすすめのコーディネート6.通販ショップ「sisdesign monotone market」
  9. 【モノトーンの部屋】おすすめのコーディネート7.通販ショップ「mon・o・tone」
  10. モノトーンの部屋のコーディネート集。シンプルおしゃれを極めよう。のまとめ

リビングやベッドルームなど、部屋をモノトーンにコーディネートすることでどのようなメリットが得られるのでしょうか。

Mzvmeqswvboc7plkurva
引用: https://www.instagram.com/p/Bf8aRqMhSs8/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

そもそもモノトーンとは?

Fjh2rri9n1lpbheu4jy2
引用: https://www.instagram.com/p/BgDJ9mzBzAM/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

モノトーンとは、「無彩色の配色」を意味します。欧米では同じ色味の配色(例えば青色と水色、など)のこともモノトーンと表現することがあります。モードでスタイリッシュな印象を与えることができるので大変人気があります。

モノトーンは無配色

R4ofujqaxcbncr9xrvmf
引用: https://www.instagram.com/p/BgBO6xPBIjV/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

モノトーンは上品でシックでクラシカルで、高級な印象を与えますが、モノトーンは「無配色」です。つまり「色に温度がない」ので、地味で無機質な部屋になってしまう可能性があります。人が集まるリビングは、できれば「温度のある色」をメインにコーディネートしたいですね。

モノトーンの部屋はインテリアが楽しい

Im7mjqihjuu9xhkwbmmj
引用: https://www.instagram.com/p/BgCDm5ZFYEx/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

ファッションと同じように、モノトーンの部屋はインテリアのバリエーションを増やすことができるというメリットがあります。どのような色のインテリアでも部屋に馴染ませやすいからです。

Fpxvxvdaoymhniq2ranu
引用: https://www.instagram.com/p/Bf8JFwelEGJ/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

リビングのコーディネートでは原色系の色味の強いソファでも、北欧風のナチュラルな色合いのテーブルでもしっくりと合わせやすいと思います。

リビングやベッドルームに統一感が生まれ、おしゃれな雰囲気を作ることができるのがモノトーンコーディネート。押さえておきたいポイントを確認しておきましょう。

ポイント1.白をメインにコーディネート

Nnhdlpbiaxlbtxpb7ogo
引用: https://www.instagram.com/p/BgC2XxfhHjf/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

リビングやベッドルーム、キッチンなどの壁紙は白が多いですよね。白という色には、部屋を大きく見せるという特色があります。ラグマットやカーテンなど、白のインテリアで部屋に広がりを見せながら、少しずつ黒のインテリアをプラスしていくと、モノトーン部屋のコーディネートを成功させやすくなります。

ポイント2.黒を少しずつプラスさせる

A7fkahjpeg1oyvhyqpi7
引用: https://www.instagram.com/p/BgCyFQcht1z/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

白がメインの部屋に黒を少しずつプラスさせて、部屋のバランスを取っていきましょう。黒は部屋の雰囲気をタイトにする効果があり、落ち着いたトーンを作ることができます。しかし黒色のインテリアを多くすると重厚感が出て、重たく息苦しい部屋になってしまうことがあります。ベッドルームの場合は黒の割合が多くても良いですが、リビングやキッチンなどでは黒の小物などでアクセントをつけて、重々しくならないように注意しましょう。

ポイント3.黒は部屋を狭く見せる

Wkhwhewdzonxkli0qhwm
引用: https://www.instagram.com/p/BgByL7rHNPD/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

黒は部屋をタイトに引き締めてくれる効果を持つ色ですが、部屋を狭く見せる特色もあります。狭いワンルームの部屋やにぎやかに過ごしたいリビングを黒メインでコーディネートするのはおすすめしません。やはり白をメインにしつつ、小物などで差し色としての黒をバランス良く足すのがおすすめです。

ポイント4.キッチンの黒は100均で!

Tzz7aeze6jpbb7kt1e9h
引用: https://www.instagram.com/p/BgCqDqYFS6y/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2

白く輝くキッチンに憧れる女性は多くいるでしょう。しかしキッチンは毎日使う部屋ですし、どうしても汚れてしまいがち。だからと言って黒をメインにすると雰囲気が重くなってしまう。そんな時は100均のキッチン小物をキッチンに散りばめてみてはいかがでしょうか?オイルボトルや塩胡椒などを入れる容器を黒にするだけで、おしゃれなキッチンにできますよ。

1/5