2018年04月07日 UPDATE

ルームフレグランススティックタイプの使い方!おすすめブランドは?

皆様はルームフレグランススティックタイプをお使いになったことはあるでしょうか。様々なタイプ、ブランドのルームフレグランスが台頭しているなか、今回はルームフレグランスのスティックタイプのおすすめの使い方、ブランド、そしてその人気ぶりをご紹介致します。

目次

  1. 基礎:そもそもルームフレグランスとは?
  2. 基礎:ルームフレグランススティックタイプとは?
  3. 基礎:ルームフレグランススティックタイプの使い方は?
  4. 基礎:ルームフレグランススティックタイプ、配置場所は?
  5. 基礎:ルームフレグランススティックタイプはインテリアにも!
  6. ルームフレグランススティックタイプおすすめブランド:コスト重視
  7. ルームフレグランススティックタイプおすすめブランド:香り重視
  8. ルームフレグランススティックタイプおすすめブランド:外見重視
  9. ルームフレグランススティックタイプおすすめブランド:ブランド力重視
  10. まとめ:人気ブランドのルームフレグランススティックタイプで生活に華を!

基礎:そもそもルームフレグランスとは?

Fxjd1e98fnjfvmaw29bo
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fwww.officiallyjd.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2013%2F10%2F20131021_fragrance_10.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r
昨今ルームフレグランスというものが人気を博しています。このルームフレグランスというのは所謂芳香剤で、香りを発することでお部屋を癒しの空間にしたり、消臭したりする効果があります。ルームフレグランスをはじめとする芳香剤はどうしても女性が使うというイメージが強く、実際大手ブランドも女性向けに作られたものが多いです。ですが最近は男性にも使える男女共用のものや、メンズ向けという商品も現れるようになりました。

基礎:ルームフレグランススティックタイプとは?

02221336 5a8e48e3d938c
引用: https://shiro-shiro.jp/upload/save_image/02221336_5a8e48e3d938c.jpg
一口にルームフレグランスといっても種類がいくつかあります。大体の商品がスプレータイプ、オイルタイプ、そして今回ご紹介するスティックタイプです。スプレータイプは読んで字の如く一点に噴射して香りづけするものですが、オイルタイプとスティックタイプはお部屋のどこかに配置して楽しむ、所謂置き型です。スティックタイプという名称は、オイルの入ったボトルにスティックを挿して香りを楽しむことからこのように呼ばれています。

基礎:ルームフレグランススティックタイプの使い方は?

Ceaozth2cy9tf14siflk
引用: http://mag.fufururu.jp/20170324_nitorifragrance/20170324_nitorifragrance_636.JPG
ルームフレグランススティックタイプの使い方ですが、ただ置いてスティックを挿すだけ、ではありません。画像からもわかるようにスティックが何本か入っていますが、実はこの本数を調節することによって香りの強さが変わるというのがルームフレグランススティックタイプの利点の一つです。お部屋の間取りや広さに合わせて使い方を変え、香りの強さを調節することで、無駄のない芳香効果をお部屋いっぱいに広げることができます。

基礎:ルームフレグランススティックタイプ、配置場所は?

Img 421
引用: http://datsumo-angel.jp/wp-content/uploads/2015/12/img_421.jpg
では実際ルームフレグランススティックタイプはどこに置けば良いのでしょうか。ルームフレグランスはとても汎用性の高いものであるため様々な場所に置くことができ、また様々な使い方ができます。

配置場所:トイレ

13
引用: http://www.tokyo-famis.co.jp/collection/case/img/21/13.jpg
トイレなど、自宅でニオイの気になる場所があると思います。そのような場所に配置してやると、不快なニオイを上書きしてくれ、快適な空間に様変わりさせることができます。消臭効果のあるものなどは近隣のドラッグストアでも購入できるケースが多いですが、ブランド物のルームフレグランスを配置するケースも少なくないようです。

配置場所:玄関

Img works renova 007 09
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/image.social.hokkaido.jp/app/uploads/2015/05/img_works_renova_007_09.jpg
玄関は自宅の顔とも呼ばれる場所です。家に出入りする際に自分の好きな香りが鼻に立ち込めたら素敵ですよね。また来客の際にも、良い印象を与えることができるため、自宅に出入りする際に必ず通る玄関に置く方も多いです。

配置場所:自室・書斎

15251721 1015905021888826 4091388496164421632 n
引用: https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/15251721_1015905021888826_4091388496164421632_n.jpg
ルームフレグランスは癒し効果を与えるものが多く、心を落ち着け、リラックスさせてくれる優れものです。学生であれば自室で勉強するときに、社会人であれば自宅で仕事をせざるを得ないときの書斎などにもルームフレグランスは活躍します。単純に飾るだけでもおしゃれなので、自室や書斎に置く方は多いです。

配置場所:寝室

Bedroom 300x200
引用: http://www.homes.co.jp/reform/img/common/pic/bedroom_300x200.png
大定番の寝室です。前述した通りルームフレグランススティックタイプは配置するだけで癒し、リラックス効果があります。ルームフレグランススティックタイプは健やかな安眠を促進する要素として申し分ないもので、寝室で愛用する方はかなり多いです。

基礎:ルームフレグランススティックタイプはインテリアにも!

Klbddblazr9vfktvk7xi
引用: http://kaden.watch.impress.co.jp/img/kdw/docs/476/976/8.JPG
先の文章で少しだけ触れましたが、ルームフレグランススティックタイプは何も香りを発して楽しむものだけではありません。ルームフレグランススティックタイプは今様々なブランドから作られており、多種多様な香りが開発されていますが、次点に力を入れているのは外見です。自宅に配置するのですから見た目が悪いとあまり使いたくありませんよね。こうした声にもきちんと答えており、外見がおしゃれなことから使い方次第ではインテリアの一つとして捉えることもできます。

ルームフレグランススティックタイプおすすめブランド:コスト重視

Parks

Hfd0301
引用: https://image.rakuten.co.jp/actplus/cabinet/pks/hfd0301.jpg
本場イギリスで作られたルームフレグランスで、価格が安いのに持続力があるのが特徴です。香料には天然のエッセンシャルオイルが配合されており、ルームフレグランス初心者の方におすすめできるブランドです。

ブルーラベル

0000000008272
引用: http://www.zakka-roger.biz/shopimages/roger/0000000008272.jpg
今回紹介するブランドの中では圧倒的な価格の安さを誇るブルーラベルです。デザインも深い青で男性向けのデザインですし、爽やかな海の香りがまた男性らしさを演出します。

ルームフレグランススティックタイプおすすめブランド:香り重視

DrVranjes

41tkabjwdnl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41tKABjwDnL.jpg
香りのレベルとしては最上級といっても過言ではありません。DrVranjesのRossoNobileという最高級のシリーズからのもので、見た目からわかりますが赤ワインをモチーフにしたデザインで、とても甘い香りがします。とても上品な香りがするため、大人の色気をつけたいあなたにおすすめです。価格は少し手が出しにくい値段ですが、最高ランクが気になる方は要チェックです。

CULTI

4888746ed48c8f30951bbfa5c2484b13d0271eeb l
引用: https://smlycdn.akamaized.net/data/product2/2/4888746ed48c8f30951bbfa5c2484b13d0271eeb_l.jpg
スティックタイプのウッドスティックを初めて作ったのがこのブランドです。全てのものに天然の香料が使用されており、とても深い、奥行きのある香りが人気です。ラインナップは9つと多めで、様々な香りがありますがどれもとても上品な香りがする至高の一品です。高級感を味わいたいあなたにおすすめです。

ルームフレグランススティックタイプおすすめブランド:外見重視

VOLUSPA

Baltci diff
引用: https://www.saison.com.au/media/catalog/product/cache/1/image/650x/040ec09b1e35df139433887a97daa66f/b/a/baltci_diff.jpg
注目すべきは瓶の形状です。柄が付いている瓶はルームフレグランススティックタイプの中ではあまりお目にかけることができず、ほとんどの瓶が柄のない丸型や角型でできています。見た目がかなり良い上に、中のオイルも黄色と少し黄金のような高級感が出ています。来客などにも一発でおしゃれと思わせること間違いなしなので、外見にこだわる方には是非おすすめしたいルームフレグランスです。

RosyRings

Rosy rings forest diffuser
引用: https://www.candledelirium.com/media/catalog/product/cache/1/image/265x/0dc2d03fe217f8c83829496872af24a0/r/o/rosy-rings-forest-diffuser.jpg
この花や植物、ガラスに描かれているのではありません、実際に本物がオイルの中に入っているのです。当然ながら香料は天然のエッセンシャルオイルを使用しており、とても優しい香りがします。置いてあるだけ、見ているだけで癒されそうなそのフォルムは男性にも女性にもウケることは必須です。

アロナチュラ

48890534 o5
引用: https://img08.shop-pro.jp/PA01035/903/product/48890534_o5.jpg
一見花が生けてあるようにしか見えませんが、これもれっきとしたスティックタイプのルームフレグランスです。間伐材が使用された前衛的なモデルで、とてもエコロジーなルームフレグランスです。植物が飾られているのに香りがする、という意外性が素敵なルームフレグランスです。

ルームフレグランススティックタイプおすすめブランド:ブランド力重視

マリエオーガニクス

Br bnr0544
引用: https://image.cosme-de.net/html/brand_banner/br_bnr0544.jpg
とにかく有名どころとして外せないのがこのブランド。芸能人やモデルの方にも愛用している方が多く、また値段のわりに持続力がかなり高いです。シリーズで性質は様々ですが、安いものでもかなり上品な香りが楽しめます。

Millefiori

600x450 mille
引用: https://image.rakuten.co.jp/add-kitchen/cabinet/mail_sharing/600x450_mille.jpg
有名ブランド、アルマーニやバレンティノを顧客にもつルームフレグランスのブランドとしてはかなり有名どころです。どれもかなり上品な香りがする上にデザインもかなりおしゃれなので、見た目にも香りにも、そして有名どころが良い、というあなたに欠かせないブランドです。

VOTIVO

81oec%2b99ebl. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81oEc%2B99ebL._SL1500_.jpg
こちらもかなり有名なブランドで、愛用者がかなり多いです。瓶の形がおしゃれで、またとても爽やかな香りがします。ルームフレグランス初心者の方はここから入ってみるのも良いかもしれません。

LINARI

Linari 2 cate
引用: https://www.rakuten.ne.jp/gold/agio-aj/img/category/linari_2_cate.jpg
一流ブランドの中でも高級感漂うのがこのブランド。高級ホテルや王室にも採用されているほどの人気ぶりで、その見た目からインテリアとして選ぶ方もいます。価格は安いとは言えないですが持続力が高いのでコストパフォーマンスの観点ではかなり良いと言えます。

まとめ:人気ブランドのルームフレグランススティックタイプで生活に華を!

ルームフレグランスの有名ブランドをいくつか紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。今や香りというものに敏感なのは女性だけではありません。男性の方々にもルームフレグランスの世界を知って頂き、そして楽しんでほしいと思っています。使い方は人それぞれ、あなた好みのルームフレグランススティックタイプを探し出し、生活を華やかに彩りましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.e-yamatoya.com/wp-content/uploads/2016/07/9ef58abd03070379bea79d2b6537670b.jpg