Nwm01ctxbnk9hukzjo2e

プレゼント

CATEGORY | プレゼント

誕生日に花束を贈ってみませんか?おすすめの花を月ごとに紹介!

2018.03.04

誕生日プレゼントに何を渡したらいいのか迷ったら、花束をプレゼントしてみましょう。花束をもらって嬉しくない人はいませんし、普段から使わないようなものを誕生日プレゼントにあげても愛用してもらえません。花束は場の雰囲気を盛り上げることができるのでおすすめです。

目次

  1. 誕生日プレゼントに花束ってどうなの?
  2. 誕生日プレゼントの相場は?
  3. 1月が誕生日の人におすすめの花束は「カーネーション」
  4. 2月が誕生日の人におすすめの花束は「チューリップ」
  5. 3月が誕生日の人におすすめの花束は「ピンクガーベラ」
  6. 4月が誕生日の人におすすめの花束は「アルストロメリア」
  7. 5月が誕生日の人におすすめの花束は「ピンクバラ(薔薇)」
  8. 6月が誕生日の人におすすめの花束は「アジサイ(紫陽花)」
  9. 7月が誕生日の人におすすめの花束は「ユリ(百合)」
  10. 8月が誕生日の人におすすめの花束は「ヒマワリ(向日葵)」
  11. 9月が誕生日の人におすすめの花束は「ダリア」
  12. 10月が誕生日の人におすすめの花束は「コスモス」
  13. 11月が誕生日の人におすすめの花束は「ガーベラ」
  14. 12月が誕生日の人におすすめの花束は「赤バラ(薔薇)」
  15. 相場を把握してから誕生日プレゼントを選ぼう!

花束をもらってもどうせ家では飾らないから、そんなに嬉しくないという人がいますが、実際にもらってみるとその思いも変わるでしょう。普段の生活で花束をもらう機会なんてそうそうありませんし、目の前に実際に存在する花束は想像以上に美しいものです。

学校の卒業式や会社の歓送迎会で、花束を渡すのが慣例になっている理由を考えてみてください。他のどんなプレゼントよりも、その場の雰囲気を盛り上げてくれます。花束特有の香りがその盛り上げ役になっています。いい匂いが好きな女性は非常に多いですし、男性も悪い気持ちにはなりませんよね。

また、花束をプレゼントすることで「しっかりした大人」という印象を与えることもできます。彼女の誕生日に欲しがっていたバッグをプレゼントするのも悪くありませんが、それに加えて花束をプレゼントしてみるのも良いでしょう。彼女はご両親に花束をもらったという話をしますよね?それを聞いたご両親は、間違いなく「相手の男性は常識のあるしっかりした大人なんだな」という良い印象を受けます。

誕生日に花束をプレゼントするときの注意点としては、「プレゼントを花束だけにしない」というものがあります。彼女の立場になって考えてみてください、花束をもらったら「で?あとは?」となりますよね。花束自体は1,000円程度の安いものでよいので、あくまでも誕生日という日を盛り上げる役として花束を活用していきましょう。

彼女や奥様への誕生日プレゼントにかける費用の相場は、自分と相手の年齢によって大きく変わってきます。学生の場合は、手紙や歌だけでも喜んで貰えるかもしれませんが、大人になったらそうもいきません。場合によっては、別れる原因にもなってしまうので、大人として年齢に見合った相場のプレゼントを選んでいきましょう。

あくまでも目安程度に考えて欲しいのですが、一般的にはこれから紹介する額がプレゼントにかける費用の相場と言われています。10代は5,000円~10,000円、20代前半は10,000円~30,000円、20代後半は30,000円~50,000円、30代以上なら50,000円程度、世間一般とされる相場になります。

もちろん、絶対にこのような「相場に従ってプレゼントを選ぶべき!」という訳ではありません。一切プレゼントはいらないから、将来のために貯金して欲しいという堅実な女性も増えていますし、40代でも年収が300万円程度であれば相場よりも低い金額で問題ありません。問題無いというか、無理に背伸びしては2人の関係にとっても悪影響です。

1 / 4