2018年03月02日 UPDATE

ディーゼルの腕時計人気モデル!2018年の新作モデルも紹介!

デニムパンツで有名なイタリアのブランド「ディーゼル」ですが、実は腕時計メーカーとしても人気が高いんです。最近見かけるようになった、オーバーサイズウォッチブームの火付け役となったのがディーゼルの腕時計です。今回は2018年の新作モデルを紹介します。

目次

  1. オシャレに気を使うならディーゼルの腕時計を忘れずに!
  2. ディーゼルの腕時計はオシャレなものが多い
  3. ディーゼルの腕時計は「ゴツい男らしさ」のが売り
  4. ディーゼルの腕時計は白ベルトがオススメ
  5. 白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ①DZ5558
  6. 白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ②DZ1741
  7. 白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ③DZ1818
  8. 白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ④DZ1823
  9. 白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ⑤DZ4454
  10. 白ベルトのディーゼル新作腕時計でクールに決めよう!

オシャレに気を使うならディーゼルの腕時計を忘れずに!

オシャレにこだわりを持つならば、洋服だけでなくネックレスやピアスなどのアクセサリー類まで注意しなくてはいけません。アクセサリー類の中でも特に、腕時計が重要になってきます。耳につけたピアスをジロジロ見てくる人は少ないですが、話していても目が行く腕時計は多くの人が注目しています。
ビジネスマンは絶対に腕時計にも気を抜かないと言われますが、カジュアルなファッションにおいても同じことが言えます。腕時計を着けないのは論外ですが、たとえ腕時計を着けていてもテキトーなブランドでは絶対に駄目です。どんな腕時計をしているかで、年収や性格まで見えてしまうとも言われているので、洋服以上に気を使っていきましょう。
もちろん時計だけに注意して、それ以外の洋服をおざなりにしてしまうのもダメです。腕時計と全身のファッションに統一性を持たせて、どれかのパーツが浮いてしまうということは避けましょう。全身モノトーンコーデでシックに決めたのに、腕時計は真っ赤なG-SHOCKといったコーデは見てて恥ずかしいですよね?
上の画像のように、髪の毛のセットから靴の選び方まで、流れを止めないように気をつけてください。

ディーゼルの腕時計はオシャレなものが多い

「ディーゼル」というブランド名を聞いて、「デニムパンツ」を思い浮かべた人はなかなかのファッション好きと言えますが、最近では腕時計にも力を入れています。特にオーバーサイズウォッチとも呼ばれる、ケースの直径が40mmを超えるようなビッグサイズがディーゼルの売りです。
大きな盤面にカギ爪のようなパーツが付いた、このデザインの腕時計を見たことも多いのではないでしょうか?

ディーゼルの腕時計は「ゴツい男らしさ」のが売り

ディーゼルの腕時計は、上の画像のように、体が大きな男性の腕にあっても非常に大きな存在感を示しています。これだけしっかりと主張してくれる腕時計は他を探しても、そうそう見つかりません。この男らしいゴツさが、ディーゼルの腕時計をおすすめするポイントなんです。
運転中でも、街中を歩いているときでも、どんな瞬間にもディーゼルの腕時計は大きな存在感を見せてくれます。軽自動車を運転中には外した方がいいかもしれませんね。
海外セレブたちが愛用する、ストリート系ハイブランドファッションにも、ディーゼルの腕時計はマッチします。上の画像のように、派手なプリントや主張の強いスニーカーにも、負けないような腕時計が必要なんです。

ディーゼルの腕時計は白ベルトがオススメ

「男らしいゴツさ」は、ディーゼルの腕時計のメリットですが、同時にデメリットの1つでもあります。大きな腕時計をしていると、どうしても怖い系の人に見えてしまうので、一般的な趣向の女性からは受けが悪いことも多いでしょう。
そんな怖い印象を与えてしまうディーゼルの腕時計ですが、「白ベルト」を選ぶことによって女性受けの良い腕時計に変身します。白ベルトの美しく可憐な印象によって、怖い印象が中和されて、カッコいいけど可愛いという理想的なモテ要素をゲットすることが可能です。

白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ①DZ5558

Dz5558 00qqq 01 f
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ5558_00QQQ_01_F.jpg
メタルバンドを採用しながらも、全てのパーツを白で染め上げた「DZ5558」は、ディーゼルの腕時計の中でもクールな一本になっています。リュウズ、文字盤、時針、分針、秒針、アワーマーク、ケース、バンド、バックル、本当に全てのパーツが真っ白になっています。
Dz5558 00qqq 01 e
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ5558_00QQQ_01_E.jpg
側面から見てもこの通り真っ白です。適度にシルバーが入っているので、こなれ感も演出できていますね。
Dz5558 00qqq 01 a
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ5558_00QQQ_01_A.jpg
腕時計が収められている箱にもこだわりを感じます。黒の武骨なスタイルを構成しながらも、適度な装飾でイタリアのブランドらしい気品を醸し出しています。

白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ②DZ1741

Dz1741 00qqq 01 f
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ1741_00QQQ_01_F.jpg
続いては、白のレザーベルトが特徴的な「DZ1741」を紹介します。先ほどの白のメタルバンドに対して高級感を感じ過ぎるという人におすすめなのが、この白のレザーベルトです。レザーベルトがいやらしくない上品な印象を与えてくれるでしょう。
盤面の構成は、高級スポーツカーのスピードメーターを意識してデザインされています。円の内側に「時」を表示し、円の外側に「分」を表示するという画期的なスタイルは、初めて見る人の目を奪うこと請け合いです。
Dz1741 00qqq 01 e
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ1741_00QQQ_01_E.jpg
ケースサイズは40mmを採用しています。厚みもかなりある方なので、ゴツい腕時計を探している人におすすめです。

白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ③DZ1818

Dz1818 00qqq 01 f
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ1818_00QQQ_01_F.jpg
「DZ1818」には、「白のラバーバンド」と「グラデーション盤面」という2つの特徴があります。白のシリコンバンドは、カシオのG-SHOCKにもラインナップされていますが、ディーゼルのシリコンバンドは高級感が段違いです。10,000円ちょっとの価格帯でこれだけの高級感を生み出すディーゼルの技術力は本当に凄いとしか言いようがありません。
また、腕時計の顔とも言える盤面の塗装にも大きな特徴があります。この「DZ1818」の盤面は、光が当たる角度によって、色が変わって見えるという斬新な機能が備わっています。腕の角度によって、変わる表情を楽しんでください。
Dz1818 00qqq 01 e
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ1818_00QQQ_01_E.jpg
横から見ると分かりますが、腕時計本体のケースもシリコン素材に覆われています。ケースの裏側は金属で出来ていますが、腕や手の甲に当たる横部分はシリコン素材なので、ゴツい腕時計なのに腕が痛くないという、ビッグサイズウォッチ初心者にも優しい仕様になっています。

白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ④DZ1823

Dz1823 00qqq 01 f
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ1823_00QQQ_01_F.jpg
「DZ1823」の特徴は、スクエア型のケースと、差し色としてアクセントに使われている「赤」になります。ビッグサイズウォッチのほとんどが、円形のケースを採用している中で、スクエア型のケースは非常に珍しい存在です。
また、全てが白いという純白の中にハッキリと見える「赤」が、全体のデザインを引き立ててくれています。
Dz1823 00qqq 01 e
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ1823_00QQQ_01_E.jpg
横から見ても、白とシルバーの組み合わせが上品な印象を与えています。ベルトには白のレザーベルトを採用していますが、このベルトは裏が本来の革らしいベージュ色になっているのが特徴です。

白ベルトを採用している2018年ディーゼル新作腕時計のおすすめ⑤DZ4454

Dz4454 00qqq 01 f
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ4454_00QQQ_01_F.jpg
「DZ4454」は、全てのパーツを白にするのではなく、適度に色味を加えることによって男らしさを失わないデザインになっています。「いかにもディーゼルの腕時計」といった、円形のケースは49mmという超ビッグサイズなのが特徴的です。差し色として使われているオレンジや薄いグリーンが、全体の白をより一層引き立ててくれます。
また、この「DZ4454」は特殊なベルトを採用していることでも有名なモデルになっています。白のレザーベルトをシリコンが包んでいるので、腕へのフィット感が抜群にいいのです。小さな腕時計だったらフィット感はそこまで重要ではありませんが、ディーゼルの腕時計のように大きくなればなるほどフィット感が大事なんです。
Dz4454 00qqq 01 e
引用: https://cdn.diesel.co.jp/product/detail/DZ4454_00QQQ_01_E.jpg
横から見たときは、ブラックのカギ爪が強い主張をしているのがハッキリと分かりますね。

白ベルトのディーゼル新作腕時計でクールに決めよう!

ディーゼルの腕時計特有の「男らしいゴツさ」を失わずに、怖い印象を取り除いてくれる「白」というカラーリングで、女性受けを狙ったクールなファッションを楽しんでいきましょう。

関連記事

関連記事