Sulg5siunkytm3j7r2ne

セットアップ

CATEGORY | セットアップ

トレーナーのコーデのお手本10選!コツと一緒に徹底解説します。

2018.03.03

メンズファッションアイテムのなかでも、トレーナーは、そのシンプルさゆえにコーディネートが難しいのでは?とお思いの方は多いかもしれません。そこで、トレーナーのメンズおすすめコーデを見ながら、着こなしのポイントをつかみましょう。

  1. トレーナーを着こなすコツは?
  2. トレーナーのおしゃれメンズコーデ① ホワイトトレーナー×ブラックカーディガン×ネイビーパンツ
  3. トレーナーのおしゃれメンズコーデ② ホワイトトレーナー×ブラックパンツ
  4. トレーナーのおしゃれメンズコーデ③ ホワイトトレーナー×ブラックコーチジャケット×ブラウンワイドパンツ
  5. トレーナーのおしゃれメンズコーデ④ ライトピンクトレーナー×ホワイトタートルネック×ブラックパンツ
  6. トレーナーのおしゃれメンズコーデ⑤ ネイビートレーナー×ブラックセットアップ
  7. トレーナーのおしゃれメンズコーデ⑥ ネイビートレーナー×ブラックトラックパンツ
  8. トレーナーのおしゃれメンズコーデ⑦ ネイビートレーナー×ブラックスキニーパンツ
  9. トレーナーのおしゃれメンズコーデ⑧ ネイビートレーナー×ベージュシャツ×ブラックテーパードパンツ
  10. トレーナーのおしゃれメンズコーデ⑨ ブラックトレーナー×ブラックパンツ
  11. トレーナーのおしゃれメンズコーデ⑩ ブラックトレーナー×ブラックジャケット×ブラックパンツ
  12. 着こなしポイントわかりましたか?
トレーナーを着ると、どうしても野暮ったくなってしまう…。そんな悩みを解消できる、カンタンなコツを紹介しましょう。

ビッグシルエットでアクセントを

引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/01/banner016.jpg
最近のトレンド、ビッグシルエットは、トレーナーにも有効です。大きめサイズのトレーナーにスキニーパンツのような細身のボトムスを合わせれば、上下のフォルムにメリハリがつきます。

レイヤースタイルで縦ラインを

引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/01/banner012.jpg
インナーに着ているシャツをトレーナーから見せることで、すらっとした印象を与えることができます。脚を長く見せる錯覚の効果もあるようですよ。
それでは、おしゃれに見えるトレーナーのコーディネートを紹介していきましょう。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/v9a5ze/20180202153556849/20180202153556849_500.jpg
白トレーナーに黒カーディガンをアウターに羽織ったコーディネートです。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/504/28871504/28871504B_b_15_500.jpg
大人にふさわしい1枚はいつだって頼れる存在ゆったりとしたシルエットと、すっきりとした首元が落ち着きのある大人の印象を与え、どんなアイテムにも合わせやすい利便性をも備えた頼もしい1枚です。袖にロゴが刺繍されただけのシンプルデザインなので、レイヤードスタイルのインナー使いとしてはもちろん、一枚でも存在感を発揮する汎用力の高さが魅力。あわせるアイテム次第でシックにもカジュアルライクにも合わせやすく、気軽にお洒落を演出できます。

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/3nkhz8/20180107213606461/20180107213606461_500.jpg
トレーナーをアウターにして、ライントラックパンツと組み合わせました。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/221/24939221/24939221B_1_D_500.jpg
ビッグシルエットで着たい人もベーシックに着たい人もサイズが選べるJERSEYSのベーシックスウェット

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/8o7oul/20171118140907216/20171118140907216_500.jpg
ビッグトレーナーとコーデュロイのワイドパンツとの組み合わせ。コーチジャケットをアウターにして、3色でまとめています。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/549/24884549/24884549B_1_D_500.jpg
毎年人気のラグランプリントトレーナーに無地タイプが登場。 肩を落としてラフに着られるゆったりめのサイジングで、旬のコーデを実現してくれます。 毛玉のできにくい「抗ピリング加工」を施した、ふんわり柔らかく優しいタッチと高い防寒性の裏起毛素材はそのまま継承。

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/5kgofj/20180218210905281/20180218210905281_500.jpg
ピンクのトレーナーをアウターにして、白のタートルネックを中に着たレイヤードスタイリング。トップスとボトムスのコントラストがいいですね。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/185/27716185/27716185B_26_D_500.jpg
柔らかな着心地が魅力のスウェットプルオーバー。合わせやすい定番の3色に加え、コーディネートに映えるピンクもラインナップ。首元のVガゼットの下には、文字のロゴがボディと同色の刺繍で施されており、さりげないアクセントに。袖は切りっぱなしの生地をつなぎ合わせ、2本のラインを生地の切り替えによりデザイン。特別なデザインが詰まった逸品に仕上がっています。

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/1l952d/20171117193828377/20171117193828377_500.jpg
セットアップにトレーナーを組み合わせたコーディネート。モノトーンでまとめています。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/623/20603623/20603623B_385_D_500.jpg
旬のドロップショルダーデザインや、程よくゆったりしたシルエットが、シンプルながらも着回し力を高めてくれる。カットソーやシャツなど、合わせるアイテム次第で様々なコーディネートを楽しめ、これからの着こなしの幅を広げてくれる。スキニーパンツに合わせてメリハリのある上品な着こなしにも、トレンドのワイドなパンツに併せてリラックスした雰囲気にも合う1枚は重宝する。

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/3ed3hs/20171106144908402/20171106144908402_500.jpg
ネイビーのベロアスウェットをアウターに、トラックパンツと組み合わせてみました。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/121/25052121/25052121B_16_D_500.jpg
ベロアならではの光沢が、上質な印象を生み出し、また1枚で着てもしっかり存在感を出してくれます。ベロアは肌触りがいいので着心地も良く、幅広いスタイリングで活躍する1枚です。

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/r5ml9o/20171204184204092/20171204184204092_500.jpg
ビッグシルエットのネイビートレーナーとスキニーチノパンでメリハリコーデ。アウターにチェスターコートを羽織って、オトナっぽくまとめています。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/754/25978754/25978754B_16_D_500.jpg
今季らしいシルエットと素材で上品さも兼ね備えるストンと落ちたドロップショルダーとオーバーサイズがリラックス感をあたえる。ゆったりさもありつつベロア地で上品さを醸し出す。キレイめにスキニーパンツに合わせても、トレンドのワイドなパンツに合わせても、上品だけどラフ感を漂わせる1枚は飽きの来ないファッションスタイルを演出できる。

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/ibhsvp/20180223163933714/20180223163933714_500.jpg
ネイビーのスウェットにベージュのシャツをアウターに使って春っぽさを演出したコーディネート。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/949/28704949/28704949B_16_D_500.jpg
程よくストレッチのきいたツイルニットを使用したスウェット。 さらっとした素材で肌触りがよく着心地の良さもポイントのアイテムです。 ドロップショルダーのデザインは肩部分も稼働しやすく、身幅にゆとりもあるので 気温の低い今時期にはシャツインのスタイリングもおすすめです。

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/dlvq0z/20170704155113340/20170704155113340_500.jpg
黒で上下まとめた組み合わせ。Tシャツをレイヤードで見せることで、オシャレ度がアップします。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://cdn.wimg.jp/item/22547317/a5bbbf61fade5/20170710060537514_500.jpg
ラウンドネック、長袖、リブ編みの裾とカフス、グラフィック柄。コットン製。

引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/s2q6cg/20161108121205155/20161108121205155_500.jpg
アウターにコーチジャケットを選んで、ジョガーパンツとともにすっきりさせたコーディネート。チラ見えの靴下がアクセントです。

このコーデで使用したアイテムはこちら

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/084/15804084/15804084_8_D_500.jpg
裏面がシャギーボアでしっとりと滑らかで柔らかくて暖かいカットソー素材を使用したオーバーサイズのクルーネックプルオーバーです。大きく入ったスリットがポイントです。

今回紹介したコーデのほとんどに、ブラックのパンツが使われています。実は、「黒パンツ」はトレーナーの一番の相棒なのです。迷ったら黒パンツを選びながら、遊びを取り入れると、あなたの着こなしのローテーションにトレーナーがはまっていくかもしれませんよ。