Uunsi5iivxtha6r7nvbe

スニーカー

CATEGORY | カテゴリー

コンバースの紐は簡単におしゃれに!おすすめの結び方を超わかりやすく!

2018.03.03

コンバースはスニーカーはそのシンプルなデザインが人気ですが、ただ普通に紐を結んではいませんか?シンプルなデザインだからこそ、紐の結び方次第で周りと違った個性を楽しむことができるんです。今回はそんなコンバースの紐の結び方を、わかりやすく簡単に解説していきます。

目次

  1. コンバースの紐の結び方次第で個性を演出できる!
  2. 【コンバースの紐の結び方:その1】ディスプレイム結び
  3. 【コンバースの紐の結び方:その2】ラティス結び
  4. 【コンバースの紐の結び方:その3】パラレル結び
  5. 【コンバースの紐の結び方:その4】チェッカーボード結び
  6. 【コンバースの紐の結び方:その5】スター結び
  7. コンバースの紐のアレンジテクニック:ローカットの紐は二番目にとめる
  8. コンバースの紐のアレンジテクニック:ハイカットは三番~四番で結ぶ
  9. コンバースの紐のアレンジテクニック:タンでVラインを作る
  10. コンバースの紐のアレンジテクニック:タンを折る
  11. コンバースの紐のアレンジテクニック:サイドで紐を結ぶ
  12. コンバースの紐のアレンジテクニック:ハイカットでアンクル結びをする
  13. コンバースの紐は簡単におしゃれに!おすすめの結び方を超わかりやすく!のまとめ
08e501fa16db5d5fa230732f83be4714
引用: https://i.pinimg.com/564x/08/e5/01/08e501fa16db5d5fa230732f83be4714.jpg

コンバースは洗練されたシンプルなデザインが人気のブランドとなっており、新鮮でトレンドに左右されないアイテムが幅広い世代にも愛されています。しかしそんなシンプルなデザインだからこそ、個性を演出するのに難しいアイテムでもあります。そんなコンバースでおしゃれに演出するには、紐の結び方次第で、周りと違った個性的な足元に仕上げることができるんです。今回はそんなコンバースの紐の結び方のアレンジ方法を、分かりやすく簡単に解説していきます。

コンバースの靴で個性を演出できる結び方の一つ目は、ディスプレイ結びです。この結び方は初心者にでもできる簡単な結び方で、最後の結び目をタンに隠すだけで作り出すことができます。結び目が見えないことで、足元にスッキリとした印象を与えることができます。簡単でありながらも、周りと違ったおしゃれを楽しむことができますよ。そんなディスプレイ結びのやり方を以下に紹介します。

ディスプレイム結びのやり方

ディスプレイ結びのやり方はとても簡単で、はじめに紐を通す際に、外側から内側に紐を通すだけです。基本的に紐を通す時は、内側から外側に通しますが、逆に通すだけでディスプレイ結びができます。ですが紐の長さが長すぎてしまうと、内側で結んだ時に邪魔になることもあるので注意が必要です。

Iqwmdnd1jsxyzhu1ryje
引用: https://www.instagram.com/p/Bc2NGfQATfe/?tagged=%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E7%B5%90%E3%81%B3

ラティス結びの特徴として、普通の結び方と違い紐が交差しているので、難しいイメージがありますが、やり方さえ理解してしまえば、とても簡単です。それでいて、個性的な足元に仕上げることができるので、おすすめの結び方でもあります。そんなラティス結びのやり方を以下に紹介していきます。

ラティス結びのやり方

ラティス結びのやり方は、一番下の穴に、内から外に紐を通し、穴を一つ飛ばして左右の穴に通します。その後に飛ばした穴に紐を通して、一つの穴を飛ばしながら入れていくと完成です。言葉では説明が難しいですが、簡単に説明すると、1つの穴を飛ばしながら通していくとラティス結びができます。気をつけなければいけないポイントは、紐の長さがないと途中で足りなくなることもあるので注意が必要です。

ラティス結びの参考動画

パラレル結びの特徴として、左右の紐が平行に見えて、クロスしている紐の部分が見えない結び方です。普通の結び方であればクロスしている部分が見えますが、クロスしている部分をタンに隠れているように通すことで、平行にしか穴を通していないように見せることができるんです。そんなパラレル結びの結び方を以下に紹介していきます。

1 / 4