Czkrs8vfnauygmrym0zz

ファッション

CATEGORY | ファッション

チェスターコートとリュックのミックス!上手いハズしのポイントはどこ?

2018.01.16

チェスターコートとリュックを合わせている人ってよく見かけますよね。今回は、「いつも無難にまとまってしまうから面白みに欠ける…」というお悩みをお持ちの方へ、抑えておきたい基本的なポイントと共にチェスターコート×リュックの脱無難コーデを3つご紹介します!

  1. チェスターコートにリュック!……って、組み合わせ大丈夫なの?
  2. チェスターコートの「Y」ラインを意識して!
  3. チェスターコートと相性の良いおすすめリュック
  4. チェスターコート×リュックのコーデはこうやってハズす! 脱無難のポイントをご紹介
  5. まとめ

きれいめの代表格「チェスターコート」にリュックはちぐはぐ?

引用: http://01.gatag.net/img/201504/14l/gatag-00001265.jpg
いえ!そんなことはありません!むしろチェスターコートとリュックは名コンビ。この2アイテムは、「きれいめになりがちなチェスターコートを程よくカジュアルダウンできるリュック」、「リュックがあることでボリューミーになってしまうシルエットを縦方向に補正してくれるチェスターコート」という具合に、実はとても相性が良いのです。コーデのポイントを抑えつつ、おしゃれなメンズコーデを楽しんでくださいね!
まず、チェスターコートを用いたスタイルについて軽くおさらいしましょう。チェスターコートはシルエットが大きいため、ボトムにはスキニーやジーンズ、スラックスなどの細身アイテムを合わせるのが鉄則。チェスターコートが1番が映えるよう、この「Yライン」を意識したコーデにするのが、おしゃれなリュックルックを成功させるための大前提です。
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/ohrmsk927/20160122/20160122074950.jpg
「Yライン」との比較のために「Iライン」のスタイルもチェック!「Yライン」は太ももなど腰回りの体型カバーもできる優秀なシルエット。チェスターコートを前開きに羽織れば真ん中に縦ラインができ、細見え効果も抜群なのです。チェスターコート、、、デキる、、、!
続いて、チェスターコートに似合うリュックをご紹介していきます!

定番のヤマ型!相性が良いのはきれいめリュック

引用: https://d2fftkxjmzlswm.cloudfront.net/yoshida/image_item/104/104319/10431915_b.jpg
引用: https://torato.jp/upload/save_image/MK0242-01s.jpg
リュックの定番と言えばヤマ型ですよね。上品な雰囲気のチェスターコートと合わせるならきれいめなものがおすすめです。ただし、メンズリュックと言えどきれいめ過ぎるとコーディネートによっては可愛くなってしまうため、二枚目のものようにファスナーやその他パーツの存在感があるリュックを選ぶと良いでしょう。

【イチオシ】 チェスターコートのシルエットを崩さない、薄めタイプ

引用: http://store.zerohalliburton.jp/img/goods/L/8074401.jpg
引用: http://mensbrand.rash.jp/wp-content/uploads/2016/05/5fef6d58667c24a2a93cbbdc18762073.jpg
チェスターコートの縦長シルエットに合わせて、リュックも薄型でマチ幅の狭いものをチョイスすると、スタイリッシュな雰囲気にまとめることができます。電車の中でも邪魔になりにくいので一石二鳥!
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/5v9jz4/20171201144720085/20171201144720085_276.jpg

色に関しては、とにかくお持ちのチェスターコートと同系色なら間違いはありません

チェスターコートは黒や紺、グレーやブラウン系が多いですよね。リュックもそれに合わせて、落ち着いた色合いものもを選びましょう。「メンズコーデにリュックは欠かせない…だけど何色も持つのはなあ…」という方には、特にこの選択を推したいところです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/7c63pl/20171212150946085/20171212150946085_1000.jpg

きれいめコーデ×きれいめじゃないリュック

引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/bd0g71/20171218140346503/20171218140346503_1000.jpg
「え?散々『きれいめ』を推してきたのに、いきなり『きれいめじゃない』ってどういうこと?」と思われたFirstStyleメンズ読者のみなさま、申し訳ございません。こちらの画像をご覧ください。リュック以外はすべてきれいめコーデなのに、リュックだけがややスポーティさ漂うシンプル系です。モデル男性の髪色が明るいこともあって全体的にカジュアルに見えるコーデですが、実は「きれいめだけど機動性も感じさせる美味しいとこ取りコーデ」なのです。ポイントは、リュック以外はきれいめに、そしてリュックはハズしアイテムとしてシンプル(ちょっと無骨なくらい)なものにすること!

あえての「Yライン」無視。

引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/64/43/fb6443994aac2b98909b3227cf36a317.jpg
「ん?はじめに『Yラインが大前提!』って言い切ったのに、まさかの無視?」と思われたFirstStyleメンズ読者のみなさま、、、またまた申し訳ございません。こちらの男性、とても「Yライン」の為のスリムなボトムを履いているとは言えませんね。しかしながら、うまくまとまっているどころか、ハットとステッキを持っていてもおかしくないくらいクラシカルでおしゃれです!質感はきれいめのままに、シルエットだけをゆったりめにハズしているのがコーデ成功のポイント。リュックはこれまたクラシカルなブラウンですが、シルエットを今っぽいラフさにしてハズしています。センスが光るコーデですね。

インナーダウンベストでスマートなタフさを演出!

引用: https://i.pinimg.com/564x/73/01/e7/7301e7d3d378fcd5746c04423bb4992b.jpg
こちらの男性が背負っているリュック、全体像は見えませんが、太めのバイアステープで両サイドを囲われたショルダーハーネスを見る限り恐らくスポーティなもの。このコーデは、おしゃれで上品なのにどこかアクティブな雰囲気漂う、メンズ必見のおすすめスタイルです。秘密はダウンベスト。高い保温性を持ちながらノースリーブで動きやすいという実用的なイメージと、カーディガンをブラウス扱いにしてスリーピースを思わせた着こなしが、スポーティなリュックを不自然なく迎え入れたといったところでしょうか。「暖かいダウンがほしいな~」と考えているメンズの方、この機会にダウンベストの導入を検討してみてはいかがでしょう?
いかがでしたか?「脱無難!」のハズしテクニック、是非取り入れてみて下さいね!