R1iznbujk4wrivmk95o2

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

夏でも長袖を着たいあなたへ。快適に涼しく見せるコーデのコツはこれ。

2018.08.20

夏でも長袖を快適に着こなす方法や涼しく見せるポイントをご紹介します。夏のポイントを抑えて頂くだけで夏でも爽やかな着こなしに。また、おすすめの長袖コーデや人気の長袖ブランドも合わせてご紹介しますので是非、参考にしてみてください。

目次

  1. どうしても夏に長袖を着たいあなたへ!
  2. 夏の長袖の着こなしはメリットだらけ!
  3. 夏でも涼しく見せる!長袖コーデの3つのポイント
  4. おすすめの長袖コーデ①長袖×ハーフパンツで夏らしさを
  5. おすすめの長袖コーデ②サマーニットで夏コーデ!
  6. おすすめの長袖コーデ③デニムシャツで夏を演出!
  7. おすすめの長袖コーデ④モノトーンで夏コーデ!
  8. おすすめの長袖コーデ⑤ストライプシャツは夏にも!
  9. おすすめの長袖コーデ⑥デニムのセットアップが夏らしい
  10. おすすめの長袖コーデ⑦夏のワントーンコーデ
  11. おすすめの長袖コーデ⑧夏の長袖ジャケット
  12. おすすめの長袖コーデ⑨ワントーンの夏ジャケット!
  13. 夏に最適!おすすめの長袖ブランド4選
  14. 夏でも長袖コーデ!おしゃれに爽やかな着こなしを!
Spu09132 snap 08
引用: http://image.rakuten.co.jp/spu/cabinet/spu09132_2017/spu09132_snap_08.jpg

「夏でも長袖を着たい!」と感じているあなたのために長袖を爽やかに着こなすポイントやおすすめの長袖をご紹介します。是非、参考にしていただき、夏でも爽やかに長袖を着こなしていきましょう。おしゃれな夏コーデの参考にしてみて下さい!

日焼け・紫外線対策になる!

1334827830 1783362951
引用: http://blog.seaside.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/1334827830-1783362951.jpg

夏に長袖を着ることで日焼け・紫外線対策になります。最近では日焼け止めを塗って対策をしている男性も多いようですが、それだけでは日焼けや紫外線を防ぐことはできません。そこで登場するのが長袖です。長袖を着ることで太陽の光を遮ることができ、日焼け・紫外線対策になります。

冷房対策になる!

20150802 cold top w960
引用: https://assets.media-platform.com/cafeglobe/dist/images/20150802_cold_top-w960.jpg

長袖を着ることで冷え対策にもなります。職場や公共機関などでクーラーを効かせすぎている所がありますよね。長時間冷気を浴び続けることは体に毒です。例えば、クーラーの弊害として自律神経の乱れ、免疫力の低下などが挙げられます。クーラーは適切な温度で使用すれば熱中症対策になるのですが、効かせ過ぎてしまうと体に不調をきたすことになるので長袖でカバーすることが大切です。

1.通気性の良い素材を選ぶこと

Nz19vycpctputkiv7tng
引用: http://giga-images-makeshop-jp.akamaized.net/dmountain/shopimages/9_000000003610.jpg?1516178723

通気性の良い素材を選びましょう。おすすめはリネン素材。リネンとは麻の一種で吸湿性・通気性に優れ、夏でも快適な着こなしができます。汗をかいてもしっかりと吸収してくれるので汗冷え対策にも効果的。手触りもサラサラしているので夏に最適です。また、日焼け対策として長袖を着るのであればポリエステルやウール素材がおすすめ。

2.袖をまくって爽やかに!

Uniqlo
引用: http://touseki.me/wp-content/uploads/2017/04/uniqlo.png

袖をまくり、素肌を露出することで爽やかな印象に。夏の長袖コーデでも清潔感を演出できます。また、わざわざ袖をまくらなくても七分袖の長袖もあるのでそちらを着用するのもおすすめです。

3.丈の短いパンツと合わせること

T997 t992 x a096 a053 1
引用: https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/05/t997_t992_x_a096_a053-1.jpg

長袖を着用する場合は丈の短いパンツでバランスを取ることが大切です。長袖×長ズボンだと、重たい印象になってしまうのでパンツで爽やかさを演出しましょう。また、長ズボンの場合でもロールアップして足首を出すだけでも爽やかに決まります。

関連記事

1 / 4