Neeweuhcmmmp1r5yxy9r

トレーニング

CATEGORY | カテゴリー

有酸素運動の時間はどのくらい必要?正しい知識で効果的にダイエット!

2018.03.18

ダイエットをしようと有酸素運動をしても、すぐにやめたりしてませんか?ダイエットの効果が現れるには、いかに毎日有酸素運動を行っても、あまりに時間が短ければ意味はありません。そこで今回この記事では、ダイエットに適した有酸素運動の時間を解説します。

目次

  1. ダイエットに必要な有酸素運動には時間が関係する?
  2. ダイエットには長時間運動する有酸素運動がおすすめ
  3. ダイエットにはおすすめできない運動時間が短い無酸素運動
  4. 【ダイエットと時間】有酸素運動と無酸素運動の簡単な違い
  5. 【ダイエットと時間】有酸素運動はどれくらいの時間すれば良いの?
  6. 【ダイエットと時間】有酸素運動で大事になるのは時間ではなく何を消費しているか
  7. 【ダイエットと時間】有酸素運動を長時間やる説はどこから
  8. 【ダイエットと時間】有酸素運動の時間が20分以上がおすすめは当てにならない理由
  9. 【ダイエットと時間】継続的な運動が欠かせない
  10. 有酸素運動とダイエットと時間のまとめ
Belly 2354 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2010/12/13/10/08/belly-2354_1280.jpg

ダイエットをするために色々調べると、必ずと言っていいほど有酸素運動が話題に出て来ます。でもこの有酸素運動ってどういうものか理解している人は意外に少ないのです。簡単に言ってしまえば、有酸素運動のポイントは長時間運動をしているかどうかなのです。短い瞬発的な運動は無酸素運動と言われます。ダイエットのためにおすすめな方法は、カロリー消費が多い有酸素運動になります。有酸素運動には、散歩やウォーキング、ジョギング、自転車等々があげられ、ダイエットをしたいのであればこれらを取り入れた方法がおすすめになります。

Yoga 3053487 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/01/01/01/56/yoga-3053487_1280.jpg
Ama m02
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/page/ama_m02.jpg

先ほども話をしましたが、ダイエットに必要なのは有酸素運動です。ただ運動するだけでは有酸素運動と言えず、有酸素運動になるためには長時間の運動が必要となります。有酸素運動ができる運動には、ウォーキングやジョギング、自転車など、長時間に渡って行う運動がおすすめです。ではなぜ有酸素運動がダイエットに効果があるかというと、有酸素運動を行うことにより、体内に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させ、物質をエネルギーに変えることができます。つまりダイエットの目的である、脂肪を減らすためには有酸素運動をする方が、効果的に脂肪を減らすことができるのです。また長時間運動することにより、消費カロリーが増大してどんどん脂肪を燃焼させてエネルギーを消費させようという、嬉しい効果があることもポイントです。ダイエットのポイントは有酸素運動なのか、無酸素運動かに別れると言えます。

Ama 03
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/page/ama_03.jpg
Jogging 2343558 1280
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/05/25/15/08/jogging-2343558_1280.jpg

ダイエットをするときに、効率が悪い運動は無酸素運動です。無酸素運動の方法は、短距離走やウエイトトレーニングなど、短時間で終了してしまう運動方法になります。酸素をほとんど消費しないので、ダイエットで重要なポイントの脂肪燃焼があまりされません。なぜ無酸素運動なんて名前がついているのかというと、酸素を消費できないほどの激しい運動ということで、激しい運動を長時間続けても有酸素運動にはなれない側面もあります。有酸素運動はじっくり時間をかけて運動をするため、その運動に必要なエネルギーを脂肪から取り出します。しかし、無酸素運動はそんなことをしているほど時間がないため、糖質からエネルギーを取って行ってしまうのです。無酸素運動単体では脂肪を燃焼させることができませんが、筋肉の減少を抑制するため、ダイエットに取り入れることは可能です。注意しなければいけないことは、摂取カロリーが消費カロリーよりも少なくなってしまうと、脂肪だけではなく筋肉も落ちてしまうポイントです。落ちる筋肉の割合を少なくし、脂肪減少の割合を増やすのがダイエットにおける筋トレの役割です。

1 / 4