Pguofqyb6tkcedr5zmj0

食事

CATEGORY | カテゴリー

ホワイトペッパーとは?ブラックペッパーとの違いと知っておきたい豆知識!

2018.12.13

ホワイトペッパーとブラックペッパーの違いって知っていますか?コショウとブラックペッパーの違いなら、大体の予想はつきますがホワイトペッパーの違いをわからない方もいると思います。そこで今回はホワイトペッパーについて、詳しく解説していきます。

目次

  1. コショウとペッパーの違いとは?
  2. ホワイトペッパーとブラックペッパーの違いとは?
  3. ホワイトペッパーとブラックペッパーではどちらがスパイスが効いてるの?
  4. 【ホワイトペッパーを使い分けるポイント:その1】ホールはじっくり香りを引き出す時
  5. 【ホワイトペッパーを使い分けるポイント:その2】クラッシュは香りを持続させたい時
  6. 【ホワイトペッパーを使い分けるポイント:その3】風味をやんわりとしみこませる時は粗挽き
  7. 【ホワイトペッパーを使い分けるポイント:その4】幅広く使うならパウダーやグラインド
  8. ホワイトペッパーに相性のいい料理は?
  9. ホワイトペッパーに期待できる効果
  10. ホワイトペッパーとは?ブラックペッパーとの違いと知っておきたい豆知識!のまとめ
3cb64e18836a5199f40b76ca46d5601b
引用: https://i.pinimg.com/564x/3c/b6/4e/3cb64e18836a5199f40b76ca46d5601b.jpg

まずはブラックペッパーとホワイトペッパーの違いをお伝えする前に、コショウとペッパーの違いについて解説していきます。そんなコショウとペッパーの違いは、実は日本で表記されているコショウはホワイトペッパーとブラックペッパーを粉末状にしたものだったんです。その為、コショウはペッパーそのものだったと言えます。しかし海外では、ブラックペッパーとホワイトペッパーを混合させたコショウは日本独自なものであまり見かけないそうです。

2d0e8af2f96beec006e00971b0b5c9c9
引用: https://i.pinimg.com/564x/2d/0e/8a/2d0e8af2f96beec006e00971b0b5c9c9.jpg

続いてホワイトペッパーとブラックペッパーの違いについて解説していきます。どちらも胡椒の実から作り出されていますが、その違いはどのようなものがあるのでしょうか?

ブラックペッパーは熟していない胡椒の実を乾燥させたもの

D8c42658bb710c9232dc6ad1d40fb949
引用: https://i.pinimg.com/564x/d8/c4/26/d8c42658bb710c9232dc6ad1d40fb949.jpg

ブラックペッパーはホワイトペッパーと同じ胡椒の実を使われていますが、ブラックペッパーの場合は、熟していない胡椒の実を、乾燥させて作り出されているんです。

ホワイトペッパーは熟した実を乾燥させたもの

38adff2a1a7c8777b65659dd72824309
引用: https://i.pinimg.com/564x/38/ad/ff/38adff2a1a7c8777b65659dd72824309.jpg

ホワイトペッパーはブラックペッパーとは逆に、胡椒の実が完全に熟したものから作り出されています。完全に熟した実を水に浸してから、実の皮を取り除き天日乾燥させたものがホワイトペッパーになります。

E2db63ea98511aa3bc9021fa7c5a8009
引用: https://i.pinimg.com/564x/e2/db/63/e2db63ea98511aa3bc9021fa7c5a8009.jpg

ホワイトペッパーとブラックペッパーのどちらがスパイスが効いているのかも気になるポイントだと思います。ブラックペッパーはホワイトペッパーに比べると辛みがあるので、ブラックペッパーの方がスパイスが効いています。その逆にホワイトペッパーは、ブラックペッパーほどスパイスは効いていませんが、マイルドなスパイスがあり上品な香りが特徴的です。

55d23eee1a588cb09f22d4143c060f90
引用: https://i.pinimg.com/564x/55/d2/3e/55d23eee1a588cb09f22d4143c060f90.jpg

ブラックペッパーとホワイトペッパーの違いは、お分かりして頂けたかと思います。しかしホワイトペッパーでも、「ホール」「クラッシュ」「粗挽き」「パウダー」などの種類があります。そんなホワイトペッパーの粒子の大きさによって、スパイスの香りが異なってくるんです。まずはそんなホールを使い分けるポイントとして、じっくりと香りを引き出したい時に使います。ホールの特徴として、粒状になっているので、他の種類よりも香りが強いのと同時に、すぐには香りが出てこないでの、じっくり香りを引き出したい時に適しているんです。

1 / 3