2018年02月22日 UPDATE

ホワイト業界ってどこ?ブラック企業が少ない業界や見分け方を徹底解説!

近年ブラック企業が増えてきている中、ホワイト企業が比較的に多い業界がどこにあるのか知っていますか?ブラック企業に引っかかってしまう前に、ホワイト業界を知っておくことが大切です。今回はそんなホワイト業界がどこにあるのかについて、徹底解説していきます。

目次

  1. ホワイト業界を見分けるにはブラック企業の特徴を知る!
  2. ブラック企業とホワイト企業の見分け方
  3. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】地方公務員
  4. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】インフラ業界
  5. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】もともと国営だった業種
  6. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】化学関連企業
  7. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】海運業界や航空業界
  8. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】石炭・石油業界
  9. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】大学業界
  10. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】輸送機器製造業界
  11. ホワイト業界ってどこ?ブラック企業が少ない業界や見分け方を徹底解説!のまとめ

ホワイト業界を見分けるにはブラック企業の特徴を知る!

Efbcf3ebf4348ccc9175e08180e523aa
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/bc/f3/efbcf3ebf4348ccc9175e08180e523aa.jpg
ホワイト業界を見分けるには、まずブラック企業の特徴を知っておく必要があります。ブラック企業の特徴を知っておくことで、どんな企業がブラック企業なのかわかることもできますし、ホワイト業界を見分けることができるんです。こちらではそんなブラック企業の特徴を徹底的にお伝えしていきます。

残業が多すぎる

Fad2a67202e64a7581e41602e52c7658
引用: https://i.pinimg.com/564x/fa/d2/a6/fad2a67202e64a7581e41602e52c7658.jpg
ブラック企業の特徴の一つ目は、残業が多すぎる事です。ホワイト業界であれば、人件費を節約することはないので、比較的残業をしなくて済みますが、ブラック企業であれば、人件費を節約する為、社員一人一人の仕事が増えてしまい、残業が増えてしまうんです。またブラック企業によっては、残業代も出ることなく、毎日サービス残業させられる企業もあります。

社員の入れ替わりが激しい

F6c29b995443968475aecb96a4c7a339
引用: https://i.pinimg.com/564x/f6/c2/9b/f6c29b995443968475aecb96a4c7a339.jpg
ブラック企業の特徴として、社員の入れ替わりが激しいことがあります。ホワイト業界であれば、離職率は低いのですが、入社する前にはブラック企業だとわからずに就職してしまうことで、入社後にブラック企業だと知った社員が次々と辞めていき、新しい社員を雇用することで人の入れ替わりが激しくなってしまうんです。その為離職率が高い企業は、ブラック企業の可能性が高いです。

雇用契約書をもらえない

5866fc3d01314783cec4d6fe1616f239
引用: https://i.pinimg.com/564x/58/66/fc/5866fc3d01314783cec4d6fe1616f239.jpg
ブラック企業の特徴として、雇用契約書をもらえないこともあります。ホワイト業界であれば、基本的に労働条件がかかれた雇用契約書を渡し、契約書に同意してから入社しますが、ブラック企業の場合は雇用契約書を渡さずに、口頭だけ説明して入社させることがあります。書面で証拠を残してしまうと、企業側が違反をした時に不利になることもあるので、ブラック企業は社員に雇用契約書を渡さない野です。

セクハラやパワハラが当たり前

953bd7409321fa60787fdea9fa03feee
引用: https://i.pinimg.com/564x/95/3b/d7/953bd7409321fa60787fdea9fa03feee.jpg
ホワイト業界であれば、セクハラやパワハラなどのハラスメントはありませんが、ブラック企業の場合はパワハラやセクハラなどが多い特徴があります。上司からのパワハラや女性社員のセクハラなどが日常茶飯時に行われ、それに抗議したとしても、さらにハラスメントが悪化するのがブラック企業なんです。

給料が低い

724558259fb62e1710fcffb4c9e8024c
引用: https://i.pinimg.com/564x/72/45/58/724558259fb62e1710fcffb4c9e8024c.jpg
ブラック企業の特徴として、給料が低いということもあります。ホワイト業界であれば、福利厚生が整っているので、住宅手当や扶養手当、ボーナスなどが貰えるので、まともな給料を貰うことができます。しかしブラック企業の場合は、そのような手当てをもらう事ができないだけでなく、残業代までもつかないことで、給料が低いということもあります。

会社の経費を社員に払わせる

1b28295a206ed537bbcb0947da6ec6a7
引用: https://i.pinimg.com/564x/1b/28/29/1b28295a206ed537bbcb0947da6ec6a7.jpg
ホワイト業界であれば会社の経費を社員に払わせることはありませんが、ブラック企業の場合は社員に自腹を切らせることがあります。また社員のミスがあった時でも、給料か勝手に引かれたり、ノルマを達成できなかった時にはその分を自腹で購入させる企業もあります。

休みがもらえない

Fbf1b0ec60220c605953fa4fda043a10
引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/f1/b0/fbf1b0ec60220c605953fa4fda043a10.jpg
ホワイト業界であれば、必ず有給休暇がありますが、ブラック企業にはそんなものはなく、労働基準法での最低の休みを与えればいいとしているので、休みが少ない特徴があります。また休みたい時にも休ませてもらえず、無理やり出社させる企業もあります。たとえ有給休暇があったとしても、有給休暇は捨てるものだと認識している企業もブラック企業の可能性が高いです。

ブラック企業とホワイト企業の見分け方

1375df6358f6f31f2d38bf116715c852
引用: https://i.pinimg.com/564x/13/75/df/1375df6358f6f31f2d38bf116715c852.jpg
C9c31fe26a3f3f62dcc8b5a559f1fde4
引用: https://i.pinimg.com/564x/c9/c3/1f/c9c31fe26a3f3f62dcc8b5a559f1fde4.jpg
ブラック企業とホワイト企業の見分け方として、厚生労働省はブラック企業と判定した企業リストをあらかじめチェックしておく必要があります。企業の口コミをチェックしたり、求人が長期間出ている所はブラック企業の可能性が高いです。その他にも求人票で想定年収の幅が大きい場合や、その会社が夜遅くまで、電気がついていた時には、遅くまで残業をしている可能性があるのでブラック企業の恐れがあります。

【ブラック企業が少ないホワイト業界】地方公務員

Ed0f11d0000a31091d15e8d6cc55b138
引用: https://i.pinimg.com/564x/ed/0f/11/ed0f11d0000a31091d15e8d6cc55b138.jpg
ブラック企業が少ないホワイトな業界は、国や市の職員として雇用する地方公務員にはブラックな企業は少ないです。地方公務員は必ず休みをもらえますし、残業は少なく、給料も安定されています。しかし地方公務員になるには、公務員試験を受けなければいけないですし、年齢制限もあります。

【ブラック企業が少ないホワイト業界】インフラ業界

5db4a8e6da4f7adf8ac4d22fed9f652b
引用: https://i.pinimg.com/564x/5d/b4/a8/5db4a8e6da4f7adf8ac4d22fed9f652b.jpg
インフラ業界の中には、社会に必ず必要な、水道、ガス、電気、電話などの業種がありますが、比較的にホワイトな業界が多いです。また給料も他の業界に比べると高くて、残業も少ない特徴があります。インフラ業界といっても、様々な子会社がありますが、ブラック企業は少なく、ホワイトな企業が多い業界です。

【ブラック企業が少ないホワイト業界】もともと国営だった業種

Bd6d3f8b408e0d753d0bc56e884a22a3
引用: https://i.pinimg.com/564x/bd/6d/3f/bd6d3f8b408e0d753d0bc56e884a22a3.jpg
ブラック企業が少ないホワイト業界には、もともと国営だった業種の業界もホワイトなことが多いです。もともと公務員だった業種には、JRや郵便局員などがあって、給料も比較的に多くもらえ、残業することもほとんどないんです。福利厚生もしっかりしているので、手当も充実しています。

【ブラック企業が少ないホワイト業界】化学関連企業

9c7500d1b401949f1d87e129d2c23466
引用: https://i.pinimg.com/564x/9c/75/00/9c7500d1b401949f1d87e129d2c23466.jpg
化学関連企業といっても、部品を作る会社や化学系商品を扱う会社がありますが、それらの企業は比較的にホワイトな業界です。化学関連企業はなんの仕事をする企業なのかわかりにくいこともあって、あまり人気はないですが、かなりホワイトな業界です。給料も高くなる傾向があり、残業も少なく休みをきちんととれる企業が多いです。

【ブラック企業が少ないホワイト業界】海運業界や航空業界

5dc5be4aeb8568cd22e8498456e5baee
引用: https://i.pinimg.com/564x/5d/c5/be/5dc5be4aeb8568cd22e8498456e5baee.jpg
空と海を渡る、海運業界や航空業界はホワイトな業界です。給料や福利厚生の待遇は良いですが、空と海を渡ることもあって、残業をしているかのように思ってしまうこともあります。しかし職業として非常に安定していますし、給料も高めにもらえます。

【ブラック企業が少ないホワイト業界】石炭・石油業界

3dfed8c9e760027f1025e3003a69e310
引用: https://i.pinimg.com/564x/3d/fe/d8/3dfed8c9e760027f1025e3003a69e310.jpg
石炭や石油を取り扱うエネルギー系業界はブラック企業が少ない業界ともいえます。休みが少ないイメージがありますが、エネルギー系の業界のほとんどは、土日に機器を稼働しないのでホワイトな業界が多いです。また給料が高く、残業も少ない傾向があります。

【ブラック企業が少ないホワイト業界】大学業界

E2c37bfe6b595aab0080d414fbb27048
引用: https://i.pinimg.com/564x/e2/c3/7b/e2c37bfe6b595aab0080d414fbb27048.jpg
大学業界も、ホワイトな企業が多いです。特に私立大学の職員は、土日に授業はないので休むこともできますし、夏休みや冬休みの期間中に交代で休むことができます。残業は少しあるかもしれませんが、給料は高いところが多いのでホワイトな業界といえます。先生になるには資格を必要としますが、職員であれば特殊な試験がないのも魅力です。

【ブラック企業が少ないホワイト業界】輸送機器製造業界

870e519a7437f4c6c61c5a9d5354d562
引用: https://i.pinimg.com/564x/87/0e/51/870e519a7437f4c6c61c5a9d5354d562.jpg
8963e478d43148fc904283c1aceac15c
引用: https://i.pinimg.com/564x/89/63/e4/8963e478d43148fc904283c1aceac15c.jpg
一口に輸送機器製造業界といっても、飛行機、船、自動車、鉄道などの企業が多くありますが、そのほとんどの企業はホワイトなことが多いです。給料も高くもらうことができますし、休みもきちんと取れます。しかし納期などから激務になってしまうと、残業が増えてしまうことがあります。しかし待遇もきちんとしてくれるので、ホワイトな業界といえます。

ホワイト業界ってどこ?ブラック企業が少ない業界や見分け方を徹底解説!のまとめ

B81a202b02f26dac092b4c38d3547962
引用: https://i.pinimg.com/564x/b8/1a/20/b81a202b02f26dac092b4c38d3547962.jpg
ホワイト業界がどこにあるのかお分かりして頂けましたか?最近ブラック企業が増えてきている中で、ホワイト企業に就職するのが難しいのが現実です。しかしブラック企業に就職してしまうと、苦労するのが目に見えています。そんなブラック企業に就職しない為にも、ホワイト業界の企業に就職することが大切です。今回紹介したホワイト業界を参考に、ホワイトな企業を見つけ出してみて下さい。