Nbywbzls0fanro0fo35r

就活

CATEGORY | カテゴリー

ホワイト業界ってどこ?ブラック企業が少ない業界や見分け方を徹底解説!

2018.12.13

近年ブラック企業が増えてきている中、ホワイト企業が比較的に多い業界がどこにあるのか知っていますか?ブラック企業に引っかかってしまう前に、ホワイト業界を知っておくことが大切です。今回はそんなホワイト業界がどこにあるのかについて、徹底解説していきます。

目次

  1. ホワイト業界を見分けるにはブラック企業の特徴を知る!
  2. ブラック企業とホワイト企業の見分け方
  3. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】地方公務員
  4. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】インフラ業界
  5. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】もともと国営だった業種
  6. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】化学関連企業
  7. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】海運業界や航空業界
  8. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】石炭・石油業界
  9. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】大学業界
  10. 【ブラック企業が少ないホワイト業界】輸送機器製造業界
  11. ホワイト業界ってどこ?ブラック企業が少ない業界や見分け方を徹底解説!のまとめ
Efbcf3ebf4348ccc9175e08180e523aa
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/bc/f3/efbcf3ebf4348ccc9175e08180e523aa.jpg

ホワイト業界を見分けるには、まずブラック企業の特徴を知っておく必要があります。ブラック企業の特徴を知っておくことで、どんな企業がブラック企業なのかわかることもできますし、ホワイト業界を見分けることができるんです。こちらではそんなブラック企業の特徴を徹底的にお伝えしていきます。

残業が多すぎる

Fad2a67202e64a7581e41602e52c7658
引用: https://i.pinimg.com/564x/fa/d2/a6/fad2a67202e64a7581e41602e52c7658.jpg

ブラック企業の特徴の一つ目は、残業が多すぎる事です。ホワイト業界であれば、人件費を節約することはないので、比較的残業をしなくて済みますが、ブラック企業であれば、人件費を節約する為、社員一人一人の仕事が増えてしまい、残業が増えてしまうんです。またブラック企業によっては、残業代も出ることなく、毎日サービス残業させられる企業もあります。

社員の入れ替わりが激しい

F6c29b995443968475aecb96a4c7a339
引用: https://i.pinimg.com/564x/f6/c2/9b/f6c29b995443968475aecb96a4c7a339.jpg

ブラック企業の特徴として、社員の入れ替わりが激しいことがあります。ホワイト業界であれば、離職率は低いのですが、入社する前にはブラック企業だとわからずに就職してしまうことで、入社後にブラック企業だと知った社員が次々と辞めていき、新しい社員を雇用することで人の入れ替わりが激しくなってしまうんです。その為離職率が高い企業は、ブラック企業の可能性が高いです。

雇用契約書をもらえない

5866fc3d01314783cec4d6fe1616f239
引用: https://i.pinimg.com/564x/58/66/fc/5866fc3d01314783cec4d6fe1616f239.jpg

ブラック企業の特徴として、雇用契約書をもらえないこともあります。ホワイト業界であれば、基本的に労働条件がかかれた雇用契約書を渡し、契約書に同意してから入社しますが、ブラック企業の場合は雇用契約書を渡さずに、口頭だけ説明して入社させることがあります。書面で証拠を残してしまうと、企業側が違反をした時に不利になることもあるので、ブラック企業は社員に雇用契約書を渡さない野です。

セクハラやパワハラが当たり前

953bd7409321fa60787fdea9fa03feee
引用: https://i.pinimg.com/564x/95/3b/d7/953bd7409321fa60787fdea9fa03feee.jpg

ホワイト業界であれば、セクハラやパワハラなどのハラスメントはありませんが、ブラック企業の場合はパワハラやセクハラなどが多い特徴があります。上司からのパワハラや女性社員のセクハラなどが日常茶飯時に行われ、それに抗議したとしても、さらにハラスメントが悪化するのがブラック企業なんです。

給料が低い

724558259fb62e1710fcffb4c9e8024c
引用: https://i.pinimg.com/564x/72/45/58/724558259fb62e1710fcffb4c9e8024c.jpg

ブラック企業の特徴として、給料が低いということもあります。ホワイト業界であれば、福利厚生が整っているので、住宅手当や扶養手当、ボーナスなどが貰えるので、まともな給料を貰うことができます。しかしブラック企業の場合は、そのような手当てをもらう事ができないだけでなく、残業代までもつかないことで、給料が低いということもあります。

1 / 3