Rvd5cjxpf7l9ozpqrqqt

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

ヘアカラー 8トーンの明るさはどれぐらい?髪の明るさ比べてみました。

2019.02.12

ヘアカラーでの8トーンは、印象が大きく変わる境目とも言える。髪色を決めるそのまえに、トーン表で度数を決めることは、アッシュをするにも暗めを選ぶにも大切。髪の明るさをきめるヘアカラーでの8トーンについて、またそれぞれの明るさをを比べてみよう!

  1. 8トーンはどれくらいの明るさ?ヘアカラーで髪色を決める前に必要なトーン
  2. 8トーンとは?ヘアカラーの明るさを決めるトーンをおさらい!
  3. ヘアカラーの明るさは8トーンを基準に!トーンを決める理由とは?
  4. ヘアカラーの明るさはトーン表で!トーンを決める理由①:思い通りの髪色を実現
  5. ヘアカラーの明るさはトーン表で!トーンを決める理由②:状況や環境を考慮できる
  6. ヘアカラーの明るさはトーン表で!トーンを決める理由③:8トーンを基準に決めよう
  7. 明るさで印象が決まる!トーン別ヘアカラーをご紹介!
  8. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー①:4トーン
  9. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー②:5トーン
  10. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー③:6トーン
  11. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー④:7トーン
  12. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー⑤:8トーン
  13. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー⑥:9トーン
  14. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー⑦:10トーン
  15. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー⑧:11トーン
  16. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー⑨:12トーン
  17. 暗めから8トーンを基準に明るさを決めるヘアカラー⑩:13・14・15トーン
  18. トーンを決めて、髪のカラーリングの印象を楽しもう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/5d/45/f1/5d45f122127bb6bfb3aeb4b838b75588.jpg
ヘアカラーを変えるのであればチェックしておきたいトーン。髪の明るさは、8トーンから印象が変わるとも言われているが、実際に髪色を選ぶ際には、思い通りの髪色にするためにトーン表が必要になってくるだろう。暗めのアッシュなどからはじまり、ブリーチが必要なトーンまで、トーンの段階は様々あるので、実現したい印象でトーンを決めたいところ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/30/64/95/306495e27d80569e360a52aba871d823.jpg
おしゃれな髪色を実現するためにトーン表も役に立つ、ヘアカラーでのトーンだが、8トーンを基準にして、それぞれの髪の明るさはどれくらいのものになるのだろうか。また、暗めのアッシュや明るめの髪色にする際には、どれくらいのトーンを基準にすれば良いのだろうか。おしゃれなヘアカラーを実現するための明るさであるトーンについて比べてチェックしてみよう。
引用: https://d1cbe14be5894c8dcc3d-8a742a0d46bf003746b2a98abb2fa3cf.ssl.cf2.rackcdn.com/wp-content/uploads/2016/06/best-hair-color-for-your-skin-70.jpg
ヘアカラーのトーンとは、色の「明るさ」を表す単位のことです。トーンの数値が大きいほど、髪色が明るいことを表します。 美容院によっては髪色をカラーリングしてもらうとき、色見本やトーン表を見せてもらいながら髪色の明るさを決めることができます。

引用: https://i.pinimg.com/564x/8e/2d/f0/8e2df02e9cd1903a70c34a34ff7826bf.jpg
髪の明るさを表す指針となる単位であるトーン。トーンはヘアカラーを施した時の髪色の明るさを表す。トーンは数値で表され、数値の低い4トーンは黒髪である。そこから数値を増すごとに髪色が明るくなっていき、14から15トーンほどにもなれば明るい髪色になるのでブリーチが必要になる。トーン表はそのカラーの明るさを示す表のことである。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/a7/f8/3ea7f8b6e599e3a615caa0e12015be09.jpg
通常であれば、どんな色にしたいかという点が際立ち、明るさにはさほど意識が行かないという人もいるのではないだろうか。ヘアカラーを行うにあたっては、トーンを決めることは、印象を決めるに等しく重要なことである。ヘアカラーを行う際に、トーンを決める理由をチェック。まずはトーンを決めてしまおう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/4d/e1/42/4de1427f62764942203c5b4ff78a3025.jpg
髪を染めてみて、思い通りにならなかったり、またはカラーリングが落ちてしまい、理想の髪色から遠ざかってしまったりしたという経験がある人も多いのではないだろうか。トーンをあらかじめ決めておくことによって、思い通りの髪色はもちろん、色落ちしてきたときの髪色についても考慮できる。美容師さんと相談して、アッシュや黒髪に近い色などの明るさを相談しよう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/89/85/5d/89855d9d3856790b7b8be90019fbf0e5.jpg
会社や学校など、普段生活する上で行く場所によっては、あまりに明るい髪型は禁止されているというシチュエーションの人もいるはず。しかしながら、おしゃれな髪色を実現したい。そんなときにはトーン表を使って、その時の状況や環境を考た明るすぎないおしゃれな髪色を実現することが出来る。満足行く仕上がりを実現することが出来るだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/cd/29/05/cd2905e76c3c46c1efb9f0d0849ed4f6.jpg
トーンを選ぶ上で基準にしたい8トーン。8トーンは、髪色がちょうど明るい印象に切り替わるような位置になる。髪色を基準に、またアッシュで少し明るめにしたい場合なら、8トーンを基準にして決めるのが得策。また、8トーン周辺の明るさは、派手すぎずおしゃれに決めることができる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1a/48/83/1a4883187d5441ca1c7896d67e88bb1f.jpg
ファッションに合わせておしゃれに染めたい髪色。ヘアカラーをする際に基準となるトーン別に、どんな印象になるのかを画像と一緒にチェックしてみよう。トーンは黒髪に近いものから、アッシュでシックに決まるトーン、そしてブリーチを必要とする明るいトーンまであるので、それぞれのトーンナンバーで理想の髪色をチェックしてみよう。
引用: http://178.128.182.170/wp-content/uploads/2018/04/4-hair-color-on-dark-skin.jpg
トーン4は暗めのヘアカラーであり、黒髪に最も近いトーンになる。トーン4は主に就職活動をする人や、フォーマルな式典に参加する人が選ぶトーンとなっており、その時期にヘアカラーをする人には人気のトーンとなる。落ち着いていて飾り気も少なく、髪を染めていることに気づかれづらい点もポイントと言えるだろう。
引用: https://i.pinimg.com/originals/36/1e/c0/361ec039c8dbdba003263bd2c68fcad4.jpg
引用: https://i.pinimg.com/originals/04/eb/0f/04eb0ff2757052ef827a9bbd078eeb4f.jpg
5トーンで染める髪色は、全体的に暗い色ではあるものの、日の当たり加減や髪の周り付近が少し染まって見える程度。こちらも就職活動やフォーマルな場所に出かける人にとっては重宝するトーンとなる。明るすぎず、おしゃれな髪色を楽しむことが出来るだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a6/91/68/a69168af86dbcccfd4d1ca8418f5aca0.jpg
6トーンほどの明るさになってくると、髪を手ぐしでかきあげたりしたときには、カラーが入っているのが分かる。丁度、肉眼で見て髪を染めているのが分かる程度と言えば分かりやすいだろう。髪色が明るすぎないおしゃれを目指している人で、ある程度ヘアカラーをしても大丈夫な人がトライしたい明るさ。
引用: http://gacky0504.com/wp-content/uploads/2015/09/f38011d21470f26063d487c35147f29b-500x375.jpg
引用: http://kazuhiko-fujita.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/02/20160209124344.jpg
全体がほんのり明るくなる7トーン。入れる髪色にもよるが、全体がライトになって軽くなる印象を与えてくれる。ふんわりして重くない軽やかな髪色を求める人が基準にしたいトーンだ。
引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggyCkuM1C2Ye6hfd99H.WrEg---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-12160183302
引用: https://d1wjnekklco6g3.cloudfront.net/photo/tcPU2VLZ9fwAOHd1ovsJfd31Jgm4qa7s/1/0f03da9a860eda5764fbee36f9bb39e20212e29d13aade6b683728d0482caa92.jpg
マーメイドアッシュなどでも人気の8トーンのカラーリングは、その髪色の明るさが顕著に出るレベルとなる。職場や会合などに適しているかどうかのちょうど境目に位置するトーンレベルと言える。フォーマルやカジュアルファッションにもマッチするおしゃれな髪色を実現できる。
引用: https://kazuhiko-fujita.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/05/20170524054039.jpg
かなりブライトな印象のある9トーン。8トーンから比べても更に明るくなる印象ではないだろうか。アッシュをするにも存在感のあるおしゃれな髪型を実現することが可能だ。ブリーチを使わずしてここまで明るくすることができる。
引用: http://naotokimura.tokyo/wp-content/uploads/2016/10/20161016091709.jpg
10トーンともなれば、アッシュや他の髪型でも髪色が際立つようになってくる。外国人風のおしゃれな髪色を目指す人は、10トーンくらいの髪色を検討しよう。
引用: http://www.bleu-de-cleo.com/wp-content/uploads/2014/10/89083a855058919491d2b1a3a2db4135.jpg
引用: https://d1wjnekklco6g3.cloudfront.net/photo/QkKWhEdXPmTauSZE61ZIpWwjI0FX9221/1/ee89883817e5bbd1817bcd29826fa2e7178ed6aaa0a080302adcb5f4c25d42e4.jpg
11トーンと同じく、外国人風の髪色でさまざまなおしゃれを楽しむのにおすすめの12トーン。全体の軽さと明るくて美しい髪色を実現できる。さらに透明感の増すトーンレベルだ。
引用: http://galaxy1120.com/style/image_style/image_19_c.jpg
引用: https://www.instagram.com/p/BiTI6DmHncb/media/?size=l
ブリーチを入れて髪を明るくするトーン14あたりは、髪の毛が光るように明るくなり、大胆なヘアスタイルとなる。印象などもガラッと変わってくるので、イメージチェンジにトライしたい人にもおすすめのおしゃれな髪色となる。
引用: https://i.pinimg.com/564x/cf/50/88/cf5088acda9b3d30a6082ee2b8690deb.jpg
髪色を変えるならチェックしておきたいトーン。髪の明るさのことを差し、これによって髪型の印象も大きく変わる。トーンレベルが低めの髪は、さりげないおしゃれに、また、トーンレベルの高い髪型は、普段の服装のコーデと一緒に楽しむことが出来るおしゃれな髪型を実現できる。トーンを決めて、髪のカラーリングの印象を楽しもう!