Stpm99rjahdaymxld66u

トレーニング

CATEGORY | トレーニング

ストレッチバンドが腹筋や脚やせに効く!おすすめ商品とトレーニング!

2019.02.12

ストレッチバンドはダイエットにおすすめです。100均などで売られているものでも、腹筋や脚やせに十分効果があり、ダイエット器具としてはかなり優秀です。今回はそんなストレッチバンドを使ったトレーニングとおすすめ商品を紹介します。

  1. ストレッチバンドとは
  2. おすすめのストレッチバンドトレーニング:腹筋
  3. おすすめのストレッチバンドトレーニング:脚やせ
  4. おすすめストレッチバンド:アルゴ
  5. おすすめストレッチバンド:チャコット
  6. ストレッチバンドで効率よくダイエット
ダイエット器具と言っても、その種類は様々あります。ダンベルもその一つです。しかしダンベルなどの器具はどうしても場所を撮ってしまいます。しかしそれでも負荷をかけなければ、腹筋や脚やせには繋がりません。そんなときに便利なアイテムが、ストレッチバンドというものです。今まではチューブが主流でしたが、最近ではこのようなストレッチバンドが人気となっています。
引用: http://www.onthefield.co.jp/images/products/image_strech.jpg
ストレッチバンドはチューブとは違い、取っ手がきちんとついていたり、チューブよりも負荷をかけることができるものが多いため、ダイエットはもちろん、腹筋の強化や脚やせにもかなり効果があります。また、100均にも売られているため、100均のストレッチバンドを購入して使用しているという人も多いです。今回はストレッチバンドを使ったトレーニングや、おすすめ商品を紹介します。
引用: https://sc02.alicdn.com/kf/HTB1Okt1HpXXXXa7XVXXq6xXFXXXD/49352/HTB1Okt1HpXXXXa7XVXXq6xXFXXXD.jpg
ストレッチバンドを使う場面として最も多いのが、腹筋です。腹筋というのは基本的に自分の体重を使って負荷をかけることが一般的ですが、当然のことながら続けることによって腹筋が強化され、自分の体重では負荷が足りないということになります。そんなときこそ、100均などで売られているストレッチバンドが便利です。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/6/6/5/8/1/201611291128/2016_03_17_162_S.JPG
使い方としては、クランチの場合は足にストレッチバンドを引っ掛け、取っ手を掴んだ状態で上体を倒します。後は通常のクランチの要領で行うことで、より多くの負荷をかけることができます。レッグレイズの場合は、ストレッチバンドをなにかに引っ掛けて使用するか、もしくは取っ手の部分を足に引っ掛けて使用することで、負荷をかけることができます。
引用: https://wglint.com/wp-content/uploads/2018/03/Leg-raises-tube-300x254.png
ストレッチバンドやチューブの定番の使い方としては、脚やせのためのトレーニングがあります。特にチューブアダクションは、ストレッチバンドを使った脚やせトレーニングの中では定番中の定番です。ストレッチバンドの取っ手をしっかりと持ち、しっかりと張った状態で脚を動かすだけで、十分脚やせの効果があります。
引用: https://wglint.com/wp-content/uploads/2017/09/tubediet-300x184.jpg
そしてチューブアダクションは、もう一つやり方があります。それは片方の取っ手を椅子やテーブルの脚に引っ掛けて、もう片方の脚を自分の脚に引っ掛けるという方法です。こうすることでも内ももを鍛えることができ、脚やせに一歩近づきます。この方法でトレーニングをする場合は、周囲への注意を怠らないようにしましょう。
引用: https://i0.wp.com/nikutai-kaikaku.info/wp-content/uploads/2018/06/leg-adduction.jpg?resize=680%2C685

関連記事

現在では様々なメーカーからストレッチバンドが出ており、100均でも売られているほどです。しかし良いストレッチバンドというのは、それだけ良いダイエットや筋トレを行うことができます。最後におすすめのストレッチバンドをいくつか紹介します。
引用: http://www.kameda.com/pr/kameda_ssm/images/goods7.jpg
アルゴのストレッチバンドは、筋トレ前後のストレッチや、毎日の生活などの傷害予防のためのストレッチに最適なストレッチバンドとなっています。長めに作られており、折り返しての使用も十分できます。楽な姿勢でのストレッチに最適であり、無理なく楽しくストレッチバンドを使ったトレーニングをしたい人にはおすすめです。
引用: https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net/thumb/photos/m257733995_1.jpg?1447026486
ストレッチバンドと言っても、決して筋トレがメインというわけではありません。柔軟さが重要になるバレエなどのダンスにおいても、ストレッチバンドはかなり役に立ちます。そんなバレエ用品を中心に展開しているチャコットのストレッチバンドも、かなりおすすめです。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/kosugi-skate_3941band
チャコットのストレッチバンドであるダンスバンドは、現役で活躍しているプロのダンサーとコラボして作られたストレッチバンドであり、様々な面でダンスをしている人に最適な仕様になっています。ダンスに必要な筋肉を効率よく鍛えることができるため、ダンスをしている人にとっては必需品とも言えるストレッチバンドです。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/coruri/20150429/20150429101344.jpg

関連記事

今回はストレッチバンドを使ったトレーニングや、おすすめのストレッチバンドをいくつか紹介しました。今回紹介したトレーニング以外にも様々なトレーニングがあり、ストレッチバンドについても様々なメーカーから出ているため、なりたい自分と自分の身体にあったストレッチバンドやトレーニングメニューを選ぶと良いでしょう。
引用: http://selfstretchband.com/wp-content/uploads/2015/05/band.jpg
負荷をかけるアイテムとしては、今まではチューブが主流でしたが、最近ではチューブよりもストレッチバンドを選ぶ人が増えています。より多くの負荷をかけることができるということもありますが、取っ手がついているなど、チューブよりも手軽に使いやすいという理由で選ぶ人が多いです。皆さんもこの機会に、ダイエットにストレッチバンドを取り入れてみてはいかがでしょうか。
引用: https://ae01.alicdn.com/kf/HTB13dMGSpXXXXaRaXXXq6xXFXXX3/-.jpg_640x640.jpg