Xnfhdbbwnnid8yozruwc

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

カラートーンの中から理想の髪色を選ぼう!画像で分かりやすく比較!

2019.02.12

髪色におけるカラートーンはその人の印象を大きく変える要素となります。理想の髪色を手に入れるためにもカラートーンの違いや種類を理解して自分に合ったレベルを見つける必要があります。アッシュカラーなどを例に挙げてカラートーンのレベル別ヘアカラーの違いを解説。

  1. カラートーンとは?
  2. カラートーンの違いで印象が変わる
  3. カラートーンの種類別髪色の違いを画像で解説!
  4. 【ヘアカラー】カラートーンの種類別髪色の違い①:「1~3レベル」
  5. 【ヘアカラー】カラートーンの種類別髪色の違い②:「3~5レベル」
  6. 【ヘアカラー】カラートーンの種類別髪色の違い③:「6~7レベル」
  7. 【ヘアカラー】カラートーンの種類別髪色の違い④:「8~9レベル」
  8. 【ヘアカラー】カラートーンの種類別髪色の違い⑤:「10~12レベル」
  9. 【ヘアカラー】カラートーンの種類別髪色の違い⑥:「13レベル~」
  10. カラートーンを理解して理想の髪色を手に入れよう!
引用: http://gahag.net/img/201604/12s/gahag-0075155107-1.jpg
そもそもカラートーンとは何なのか?髪色におけるカラートーンとは主にヘアカラーの「明るさ」を表すもので、レベルの大きさで明るさの度合いを数値化したものになります。簡単に言うと、レベルの数値が小さければ髪色は暗く、レベルの数値が大きくなると髪色が明るいことを意味します。ヘアカラーをする上で、カラートーンのレベルで明確に髪色の明るさを数値化することによって自分が理想とするヘアカラーを美容師の人にも伝えやすくなるので、カラートーンの違いや種類をしっかりと理解することがヘアカラーの基本と言えるでしょう。

カラートーンは1~20レベルで種類が分けられる

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_kakomaretairoenpitu1278_TP_V.jpg
カラートーンは1~20レベルというカラーで分けられているので、横に並べて比べないと違いが分からないような細かい種類分けがなされています。美容師はそのような違いも把握できているので、ヘアカラーをお願いする時には細かいカラートーンレベルの違いを理解してから注文するのが大事になるでしょう。

日本人の髪色のカラートーンレベル

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ikehageIMGL7546_TP_V.jpg
日本人の多くは地毛が黒髪であることは言うまでもないと思いますが、カラートーンのレベルで言うと日本人の平均的なカラートーンレベルは「4~6レベル」だとされています。黒髪だから1レベルということではなく、同じ黒でも細かくレベル分けされているのです。

レベルとトーンの違い

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA160312530I9A3621_TP_V.jpg
カラートーンは主に「レベル」、「トーン」という風に表されます。どちらも髪の明るさを表すものですが、その違いは「トーンは明度(明るさ)+彩度(鮮やかさ)を含める」ということです。しかし、一般的にレベルとトーンは同じくくりになっているので、ヘアカラーにこだわる美容師でもない限りは違いは意識しないで良いでしょう。
引用: http://gahag.net/img/201601/08s/gahag-0044153139-1.jpg
カラートーンの違いで髪色の印象が大きく変わるだけではなく、その人自身の雰囲気も変わることなので、カラートーンのレベルはその人の印象を左右する大事な要素だと言えます。前述したとおり、日本人の地毛は多くは4~6レベルのカラートーンになるので、黒髪で日本人らしい髪色こそが4~6レベルだと言えるでしょう。それ以上のレベルになってくると明るい雰囲気を与えるヘアカラーとなり、職場や学校によっては規則違反の髪色になってくるので気を付けましょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2019/01/bb4.png
実際にカラートーンの違いで髪色はどのような違いがあるのか、人気のヘアカラーであるアッシュカラーを中心に例を挙げて画像で紹介していきます。自分の理想の髪色を手に入れるためにも違いをしっかりと理解していきましょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2016/10/20799de327ce30087fe5a1a494f4da6a.png
1~3レベルのカラートーンは「ザ・黒髪」といった髪色になります。日本人の中でも特に黒の色味が強い人は1~3レベルのカラートーンであることが考えられます。この1~3レベルのカラートーンをヘアカラーで作りだすのは難しい色だとされており、無理やりこのレベルに染めると不自然な髪色になってしまう恐れがあるので気を付けましょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2015/02/fgk.jpg
上記の画像が正に1~3レベルという髪色で、日本人らしい清潔感のある髪色ではありますが、少々重い雰囲気がある色合いだといえるでしょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/ee6ec48d5d130ec2b7b2f38bcdca4b0d-e1492918593732.jpg
3~5レベルのカラートーンは日本人の平均的で自然な色味の黒髪のことです。1~3レベルが暗すぎて、不自然になってしまったり、黒光りするような漆黒の黒だったのに対して、3~5レベルのカラートーンはナチュラルな黒髪だと言えます。良くも悪くも3~5レベルのカラートーンは平均的な髪色の種類だと言えるでしょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/7.jpg
3~5レベルのカラートーンは自然なヘアカラーとして日本人のぴったりな髪色です。ヘアカラーやブリーチを行わない限りは地毛は3~5レベルの髪色の人がほとんどだと思うので、印象を明るくしたい人がカラートーンのレベルを上げてヘアカラーを行うというのが一般的でしょう。ヘアカラーを行わなくても自然な髪色の3~5レベルの髪色は日本人らしい合った髪色だと言えます。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2017/10/55997aae7ed688c84095546a4e82c3b0.png
6~7レベルのカラートーンになってくると黒髪系の色味ながら光の当たり具合によっては茶色に染まって見える髪色になってきます。皆さんの周りにも「髪を染めていないのに学校や職場で注意される」なんて人はいませんか?そういった人は地毛が6~7レベルのカラートーンの可能性が高いでしょう。6~7レベルのカラートーンは普通の黒髪よりも軽さや明るさがプラスされておしゃれな髪色を演出できます。6~7レベルのカラートーンは「ダークブラウン」とも呼ばれています。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2018/11/image3-38.jpg
上記の画像はアッシュカラーである「アッシュベージュ」の6レベル。6~7レベルのカラートーンは少しの変化で髪色の雰囲気が大きく変わります。ジェルでセットすることで濡髪風のヘアスタイルになり、落ち着きのある男らしい髪色になっています。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2017/10/bb1-1.png
上記の画像もアッシュカラーである「アッシュブラウン」の6レベルのヘアカラー。アッシュカラーはこのレベル帯のヘアカラーと相性が良いので、おしゃれなアッシュカラーに興味がある人は6~7レベルのカラートーンを意識すると良いでしょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/BB33.png
8~9レベルのカラートーンになってくると黒髪の雰囲気は少なくなり、髪を染めているのがはっきりと分かる髪色になってきます。一般的に「ブラウン」とも呼ばれるヘアカラーになります。明るさがあるので、黒髪とは違う軽やかな印象を与えてくれるでしょう。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2019/01/bb5.png
上記の画像はアッシュカラーである「アッシュブラウン」の8レベルのカラートーン。明るい印象を与える8~9レベルのブラウンとアッシュカラーの暗めの印象を与えるヘアカラーが絶妙にマッチしたおしゃれな髪色に仕上がっています。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2017/07/IMG_1685.jpg
10~12レベルのカラートーンになってくると髪色は明るい色合いになってきます。ヘアカラーの醍醐味をしっかりと表現できる色味でもあるので、ヘアカラーのアレンジの幅も広がってくるでしょう。10~12レベルのカラートーンだと黒髪系ではなくブラウン系の色味をベースにした髪色が主になってきます。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2016/06/d2fb7b98d60a8dab26576c802e60d6b9-375x500.jpg
上記の画像は明るめのアッシュブラウンのヘアカラーで、カラートーンは12レベルになります。同じアッシュカラー系でもカラートーンのレベルが上がれば雰囲気が大きく変わることがお分かりいただけると思います。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2017/03/3c8859b4179960527814b357f0918611.jpg
13レベル以上のカラートーンになってくると、ブリーチが必要なヘアカラーが増えてきます。ブリーチ無しで染める場合は13~14レベルの明るさが限界だとされ、それ以上になってくるとブリーチが必須となります。13レベル以上はかなり明るい髪色になってくるので似合う人を選ぶヘアカラーだと言えます。だからこそ個性を出しやすいカラートーンなのでヘアカラーを楽しめること間違いなし。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2017/03/6-e1489843328333-375x500.jpg
上記の画像は14レベルのカラートーンのミルクティーベージュ。このレベルのカラートーンになってくるとヘアカラーでインパクトのある髪色を表現することができるでしょう。
カラートーンについて解説してきましたがいかがだったでしょうか?カラートーンを理解するのはおしゃれなヘアスタイルを作る上では大事なことなので、今回紹介した内容を参考にして理想の髪色を手に入れてください。