Tbjartgldzui8wrqpvzp

腕時計・アクセサリー

CATEGORY | 腕時計・アクセサリー

アメリカンバイクなら大型が王道?国産・外車のおすすめ車種15選!

2018.04.12

アメリカンバイクの中でも最もおすすめなのが、大型のアメリカンバイクです。男らしい印象のアメリカンバイクが映えるのは、排気量の小さいものではなく、とにかくデカイ大型のバイクです。ここでは国産と外車のおすすめ車種を15選に厳選して紹介します。

目次

  1. アメリカンバイクとは?
  2. アメリカンバイクはなぜ大型が人気なの?
  3. 国産と外車、大型アメリカンバイクはどっちを選ぶべき?
  4. 大型アメリカンバイクのおすすめ①ホンダ シャドウファントム750(国産)
  5. 大型アメリカンバイクのおすすめ②ヤマハ ドラッグスタークラシック1100(国産)
  6. 大型アメリカンバイクのおすすめ③ホンダ VTX1300 VTX1800(国産)
  7. 大型アメリカンバイクのおすすめ④スズキ ブルバードM109R(国産)
  8. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑤カワサキ バルカンS(国産)
  9. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑥ハーレー スポーツスターファミリー XL883N アイアン883(外車)
  10. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑦ハーレー ソフテイルファミリー ファットボーイ(FAT BOY)(外車)
  11. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑧ハーレー ダイナファミリー ローライダー(外車)
  12. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑨ハーレー ツーリングファミリー ウルトラリミテッド(ULTRA LIMITED)(外車)
  13. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑩ハーレー V-ROD ナイトロッドスペシャル(外車)
  14. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑪ハーレー ストリート750(STREET® 750)(外車)
  15. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑫ハーレー Sシリーズ ローライダーS(外車)
  16. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑬ハーレー CVO リミテッド(外車)
  17. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑭ホンダ ワルキューレ(国産)
  18. 大型アメリカンバイクのおすすめ⑮ヤマハ BOLT(国産)
  19. 大型バイク未経験者がハーレーに乗っても大丈夫?
  20. 国産でも外車でも好きなアメリカンバイクに乗ろう!

アメリカンバイクという文字だけを見ると、アメリカで作られたバイクと勘違いしてしまいがちですが、上の写真のような形のバイクのことを言います。アメリカの広い大地を快適に走るために作られた形にないっています。

モトGPなどのレースで使われるような、前傾姿勢をとるバイクだと長時間の運転が辛いため、アメリカバイクはゆったりと座れる仕様になっています。見方によっては、ふんぞり返っているように見えるので、バイク好きではない年配の方からの評判はよろしくないことも多いです。

日本国内では、アメリカンバイクという名称で親しまれていますが、海外では「クルーザー」という表記をされることも多くなっています。アメリカの砂漠地帯のような、起伏が少なく直線的な道が続く道路で、真価を発揮します。

アメリカンバイクという言葉は、バイクの種類を示すものなので、一言でアメリカンバイクと言っても「アメリカ製」「日本製」「ヨーロッパ製」など、沢山の種類があります。今回は、「日本製」とその他の「外車」という括りでおすすめのアメリカンバイクを紹介していきます。自分に合ったカッコいいアメリカンバイクを見つけてくださいね!

先ほども書いたように、アメリカンバイクとは形のことを言いますので、大きさは小さくても問題ありません。実際に、アメリカンバイクの中には、原付免許だけで乗ることが出来るバイクも存在します。ただ、ゴツくて男らしいのがアメリカンバイクの魅力なので、その魅力を強く感じるためには排気量の大きいバイクを選ぶ必要があります。

また、当たり前ですが、大型のアメリカンバイクは「大型自動二輪免許」を持っていないと、乗ることができません。日常の足としてバイクを利用する場合には、普通自動二輪免許で事足りますので、大型自動二輪免許を持っている時点で相当なバイク好きだと言えますよね?つまり、「大型アメリカンバイク=バイク好き」というように、仲間を作りやすいという特徴もあります。

結論から言いますと、「自分が好きなほうを選べばOK」です!国産も外車も、絶対にどちらかがダメという訳ではないので、見た目や機能面を見て自分に合ったものを選びましょう。

ただ、初心者に強くおすすめしたいのは、「国産車の現行モデル」です。アメリカンバイクには、めちゃくちゃ古くてもカッコいいものがたくさんありますが、壊れてしまったときの修理のしやすさが全然違います。既に製造が終わっている製品だと、交換用のパーツが手に入らないこともあるので、自分で弄るのが難しい初心者は、バイク屋さんで修理を依頼しやすい国産車の現行モデルを選びましょう。

1 / 7