Hekdgrpka4beexexv9n8

ファッション

CATEGORY | ファッション

セータータイプ・カラー別の着こなし・コーディネートを徹底解説!

2018.03.16

寒い季節のコーデのカギといえばセーターの着こなしです。今回は秋冬コーデの主役・セーターのタイプ別、カラー別のおすすめコーデをご紹介していきます。セーターの購入を考えている皆さん、寒い季節ならではの着こなしを楽しんでくださいね!

目次

  1. セーターの選び方・着こなしのポイントは?
  2. セーターの選び方・着こなしのポイント①シルエット(サイズ感)
  3. セーターの選び方・着こなしのポイント②首元のデザイン
  4. セーターの選び方・着こなしのポイント③素材
  5. カラー・タイプ別セーターの着こなし①白セーターのコーデ
  6. カラー・タイプ別セーターの着こなし②グレーセーターのコーデ
  7. カラー・タイプ別セーターの着こなし③ネイビーセーターのコーデ
  8. カラー・タイプ別セーターの着こなし④ボルドーセーターのコーデ
  9. カラー・タイプ別セーターの着こなし⑤黄色系セーターのコーデ
  10. カラー・タイプ別セーターの着こなし番外編・オフィスカジュアルのコーデ
  11. 最後に
54
引用: http://kurumani.com/wp-content/uploads/2014/10/54.jpg

春や、秋冬のトップスの主役と言えば着回しがしやすいセーターです。ちなみに、「ニット」と「セーター」の違いを迷われる方がいますが、「ニット」とは生地のもとになるもののことを言い、「セーター」とはニットで編まれたもののことを言います。そのまま着ても、重ね着でも様々な着こなしを楽しめるタイプ別セーターのおすすめコーデと選び方のポイントをご紹介します!

7101904aa559a78b5a3ec5900ab331e5
引用: http://i.pinimg.com/736x/71/01/90/7101904aa559a78b5a3ec5900ab331e5.jpg
Eo4q1po21iqccgg9qbpm

セーターを選ぶときに、まず気を付けたいのがサイズ感です。1枚で着るコーデの場合はジャストサイズのものか、画像のようにビッグシルエットのものをあえて選ぶのが最近のトレンド派には人気です。重ね着のコーデの場合は、少し余裕のある程度のサイズのものを選ぶと、着ぶくれ感がでずスマートに着こなしができるのでおすすめです。

20141110165126374 500
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/j37wni/20141110165126374/20141110165126374_500.jpg
165
引用: http://kurumani.com/wp-content/uploads/2014/09/165.jpg

二つ目のポイントは、首元のデザインです。大きく分ければクルーネック、Vネック、タートルネックの3つがあり、タートルネックは首元まで覆われるので重ね着をするよりは単体で着こなすことが多く、重ね着のコーデにはクルーネックやVネックを選ぶのがポイントです。それぞれのタイプ別の魅力をしっかり把握してコーデを楽しみましょう。

Item 830 mo
引用: http://i1.wp.com/clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/08/item_830_mo.jpg

関連記事

Sv7ymphcdjboqtpdyicu
引用: www.neqwsnet-japan.info/wp/wp-content/uploads/2015/11/ps0093a.jpg

三つ目のポイントは何と言っても素材です。セーターは柄物が少ないので、素材感とカラーはダイレクトにデザインの印象を左右する重要なポイントになってきます。着心地のよさはもちろんですが、見た目も左右するのでコーデ全体のバランスを考え上手に着こなしましょう。

3daf8457393659bb989b29cac733ea7f37761acf1426213023
引用: http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/164/2015/3/d/3daf8457393659bb989b29cac733ea7f37761acf1426213023.jpg

白のクルーネックセーター+白系シャツ+ブラックスキニーパンツ+赤系スニーカー。白セーターをトップスに持ってくることで、カラーの際立つ小物が使いやすくなります。ボトムやコートなどもモノトーンでまとめると統一感も出て、目立つ色をアクセントに使いやすくなるのでの失敗しません。また、同系色のシャツを少し見せることで程よくカジュアルダウンしつつ知的な雰囲気も出すことが出来ます。

1 / 4