A45cewk15rtqtx5wlywi

ビューティー・ヘルス

CATEGORY | カテゴリー

ベルトで金属アレルギー…?その対策方法や人気アイテムを徹底解説!

2018.12.25

ベルトは金具なども多く使われているため、金属アレルギー持ちのメンズやレディースはコーデする時に注意が必要。金属アレルギーの人が金具に触れると皮膚が炎症を起こすこともあります。そこで今回はベルトによる金属アレルギーの対策をご紹介。人気対策アイテムもお送りします。

目次

  1. ベルトによって金属アレルギー?症状や対策をご紹介!
  2. 【メンズもレディースも必見!ベルトの金属アレルギー対策】①金属アレルギーの症状とは?
  3. 【メンズもレディースも必見!ベルトの金属アレルギー対策】②ベルトによる金属アレルギーの特徴
  4. 【メンズもレディースも必見!ベルトの金属アレルギー対策】③ベルトの金属アレルギー対策
  5. 【メンズもレディースも必見!ベルトの金属アレルギー対策】④金属アレルギーの対策グッズ
  6. ベルトによる金属アレルギーはしっかり対策をしよう!
61gksjukutl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61GKsjUkUtL._UL1500_.jpg

ベルトの金属によって引き起こされる金属アレルギー。油断しているとかぶれたり、かゆみをともなってしまったりと非常に厄介な疾患のひとつです。
そこで以下ではベルトによる金属アレルギーについて大特集。
おすすめの対策方法なども併せてお送りしていきます。ベルトの金属アレルギーでお悩みの方は要チェックです。

金属に触れると強いかゆみや赤みが発生する

81etcc5suxl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81EtCC5suXL._UL1500_.jpg

金属アレルギーは、その名の通り金属と肌が触れることによって起きるアレルギー疾患の一つです。
多くの場合には、強いかゆみや赤みが出て、人によっては出血などの危険も伴います。
特に多いのが、バックルの金属が直接肌に触れて起きるアレルギー。金属アレルギーは、このベルトのほかにピアスなどによっても引き起こされる危険があります。

メンズよりレディースに罹患者が多い

Pnmst11paskyl40dcjb3
引用: https://www.instagram.com/p/BrYkw3WFGHC/

金属アレルギーの罹患者は、実はメンズよりもレディースに多いと言われています。
というのも、レディースの方がピアスなどを開けていることが多く、金属に触れる機会が多いため。
一般的にアレルギーは、アレルゲンの物質に触れる機会が多ければ多いほど発症しやすいと言われています。

ベルトのバックル部分に直接皮膚が当たって起こる

818%2bz86z0sl. ul1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/818%2Bz86z0SL._UL1500_.jpg

ベルトによる金属アレルギーのほとんどは、バックル部分の金属に触れることによって引き起こされます。
特に多いのがニッケルという金属のアレルギー。金属の中でもニッケルは、アレルギー物質として反応しやすいという特徴を持っています。そのほかにクロムやコバルトなどもアレルギー反応が起きやすい金属です。

夏に起きやすいベルトの金属アレルギー

Elfa0704img 7132 tp v
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ELFA0704IMG_7132_TP_V.jpg

ベルトによる金属アレルギーは、夏に起きやすいという特徴も持っています。
というのも、夏はベルトの金属物質が汗によって溶けだしやすいため。夏はさらに薄着になるため、直接金属に肌が振れやすいというのもアレルギーが起きやすい原因です。

一番の対策はベルトを使わないこと

20180612190357855 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/m1tom8/20180612190357855/20180612190357855_500.jpg

ベルトによる金属アレルギーの一番の対策方法はズバリ「ベルトを使わないこと」。当然のように思えますが、これが一番効果があります。体型などに問題がなく、ベルトを使わなくても問題がない場合には、ベルトを使わないでおきましょう。
アレルギーは基本的にはアレルゲンから離れるのが一番の対策です。

1 / 2