Zadoalcmbolnqndalozl

筋トレ

CATEGORY | 筋トレ

お尻の鍛え方解説!ジムで鍛えて男らしいモテるヒップを手に入れよう

2018.12.21

筋トレというと胸や腕のイメージが強いですが、お尻も重要な筋肉の一つ。がっちり仕上がったお尻は男のセクシーさや力強さを感じさせてくれます。そこで今回は男用お尻の鍛え方をご紹介!ジムでの鍛え方や自宅での鍛え方をお送りします。

目次

  1. お尻を鍛えてかっこいい男に!鍛え方を大特集!
  2. 【お尻の筋肉の鍛え方!ジム・自宅でのトレーニング】①自宅でできる器具なし筋トレ
  3. 【お尻の筋肉の鍛え方!ジム・自宅でのトレーニング】②ベンチとダンベルでより高負荷に
  4. 【お尻の筋肉の鍛え方!ジム・自宅でのトレーニング】③レッグプレスでお尻に刺激を加える
  5. 【お尻の筋肉の鍛え方!ジム・自宅でのトレーニング】④下半身を満遍なく鍛えられるスクワット
  6. お尻を鍛えてセクシーなメンズになろう
Lqtaglsaalgltycxsowr
引用: https://www.instagram.com/p/BgGx6oJhpAZ/

「筋トレ」と聞くとどうしても上半身の胸や腕のトレーニングを想像しますが、実はプロポーションを決定づけるのは下半身だとも言われています。その中でも引きしまったお尻は、後ろ姿の美しさなどを決める重要なポイントです。
そこで以下ではお尻を効果的な鍛え方をご紹介。
自宅でできるトレーニングやジムでの鍛え方をお送りしていきます。
ぷりっとしたお尻は男性でも重要項目ですよ!

器具なしで10分間で完了するお手軽筋トレ

こちらは10分間で完了することのできるお手軽なお尻筋トレです。
自宅で寝ながら器具を使うことなく行うことができる鍛え方なので、筋トレ初心者でも比較的簡単に取り組むことができます。
鍛え方は上記の動画をご参考に。体幹をつかってしっかりフォームキープするのが重要です。

お尻を引き締める効果が高いトレーニング

Cd9cea4c91719b10d8b2061a491014bc
引用: https://i.gyazo.com/cd9cea4c91719b10d8b2061a491014bc.png

こちらはモリモリと筋肉を鍛えるというよりは、お尻を引き締める効果が高いトレーニング。
お尻が垂れ下がってしまう方や、ウエストが気になるという方にもおすすめの鍛え方です。
ヒップアップ効果もあるので、男性だけでなく女性の方も取り組んでみましょう。

ベンチやダンベルを使って負荷を高めてプリっとしたお尻に

こちらはベンチとダンベルを使用したトレーニング。
ベンチやダンベルを使うことによって、器具無しの時よりもより高い負荷をお尻にかけることができます。
やり方は、ベンチに上半身を預けブリッジを作ったらお尻を上下させるだけ。
手にはダンベルをもって負荷を高めてあげましょう。

ややフォームが難しいの動画や鏡を見てチェックしよう

Dc0e43cbba125e51ac454a91e13d9fff
引用: https://i.gyazo.com/dc0e43cbba125e51ac454a91e13d9fff.png

こちらの鍛え方はややフォームが難しいため最初は鏡などでチェックしながら行うのがおすすめ。
始めたての時には、ダンベルなどは持たず自重でチャレンジしましょう。
こちらはぷりっとしたお尻を作ることができ、同時に腹筋や背筋にも刺激を入れることができます。

レッグプレスでもお尻を鍛えることが可能

385e3b35e4e4bcf472de019e11432d79
引用: https://i.gyazo.com/385e3b35e4e4bcf472de019e11432d79.png

太ももを鍛えるレッグプレスでも、お尻を鍛えることが可能です。
レッグプレスを使ってお尻を鍛えるときには、姿勢にポイントがあり、そちらは以下の動画で紹介されているように最初のポジショニングが重要となります。
背もたれから腰の下部分を離し、ややお尻を前にもってくるとお尻に刺激が入りやすくなりおすすめです。
高重量を扱ってしまうと腰を傷める危険があるため、低重量で高回数行うようにしましょう。

1 / 2