Spw6vupidorje4r13vxs

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

白のカーディガンのメンズコーデ集!春夏秋冬で違うメンズスタイルを!

2018.12.21

純白のカーディガンは、メンズの誠実さや清潔さをアピールするためにぴったりのアイテム。今回ここではそんな白のカーディガンを季節ごとに着こなすおすすめのメンズコーデをご紹介します。春夏秋冬それぞれ違うコーデで白のカーディガンを上手に着まわしましょう。

  1. 白のカーディガンを季節ごとに着こなし!春夏秋冬のメンズコーデ集をご紹介
  2. 【白のカーディガンを季節ごとに着こなしたメンズコーデ集】①春らしい淡い色で着こなす
  3. 【白のカーディガンを季節ごとに着こなしたメンズコーデ集】②夏は半袖アイテムなどで着こなす
  4. 【白のカーディガンを季節ごとに着こなしたメンズコーデ集】③秋はブラウン系アイテムとのコンビで魅せる
  5. 【白のカーディガンを季節ごとに着こなしたメンズコーデ集】④冬はボアカーディガンがおすすめ
  6. 白のカーディガンで爽やかモテメンズを目指そう!
20181117222602795 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/w4sadm/20181117222602795/20181117222602795_500.jpg
使い勝手の良いアイテムとして年間を通して活躍してくれる白のカーディガン。何にでも合わせることのできる「白」という色合いとカーディガン特有の脱ぎ着のしやすさが特徴です。 そこで以下ではそんな白のカーディガンを使った春夏秋冬のメンズコーデを大特集! 暖かい時にも、寒い時にも便利な白カーディガンをおしゃれに着こなしましょう!

淡色系のアイテムでまとめて春らしさを演出

20160425071916783 500
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/aoj1s6/20160425071916783/20160425071916783_500.jpg
春のコーデとしておすすめなのがパステルカラーなどの淡い色のアイテムと合わせるメンズコーデ。 淡い色でも、白はその色合いを邪魔しないのでおしゃれに着こなすことが可能となります。 上記はスカイブルーのインナーと白カーディガンを組み合わせた爽やかコーデ。まるで春の陽気のような青色がコーデを引き立てます。 淡くなりすぎないよう足元はブラウンの靴で決めているのもポイントです。
20150306023133486 500
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/boyf62/20150306023133486/20150306023133486_500.jpg
こちらはいわゆる「オールホワイト」と呼ばれるメンズコーデ。 白カーディガンに白ボトムスを合わせて、春の花のようなふんわりとした印象のコーデとなっています。 真っ白にせずボーダーのアイテムを取り入れてるのが工夫。インナーが透けているのも計算づくの良コーデです。

夏は半袖タイプのカーディガンを使って

20170528205811170 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/77opfo/20170528205811170/20170528205811170_500.jpg
夏にカーディガンは暑すぎる、なんて方におすすめなのが半袖のサマーカーディガン。 さっくりした質感のサマーカーディガンは、夏コーデを上品に彩ってくれます。 上記はそんな半袖のサマーカーディガンを、リラックスした印象のスエットパンツなどと合わせたメンズコーデ。 ホワイト系のアイテムで統一し、爽やかさを演出しています。
20170703182738450 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/yjftp4/20170703182738450/20170703182738450_500.jpg
夏には上記のように、カーディガンを小物として取り入れてみるというのもおすすめです。 カーディガンを肩掛けにすれば、まるで外国人のような雰囲気に。 冷房が強すぎるときにさっと羽織ることもできるので非常に便利です。

秋らしくブラウン系アイテムと組み合わせてみる

20181023012133363 500
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/mvbj5k/20181023012133363/20181023012133363_500.jpg
秋は、ブラウンなどやや濃い目の色のアイテムと組み合わせるのがおすすめ。 ブラウンのボトムスや靴などを取り入れれば、効果的に秋っぽさを演出することができます。 上記はそんなブラウンパンツなどと白カーディガンのコンビネーション。 ロングカーディガンをアウターのように着こなして肌寒さを乗り切りましょう。
1 / 2