Ra4mhpfsfix4thq0ucb5

DIY

CATEGORY | DIY

ドアホン/インターホンの取り付け!簡単なDIY法、業者の費用比較など!

2018.12.16

ドアホンやインターホンの取り付けで問題となるのが、配線です。電源直結式の場合は業者に頼むことになりますが、そうでない場合はDIYで簡単にでき、費用も安くすみます。今回はそんなドアホンやインターホンの取り付けについて紹介していきます。

  1. ドアホンやインターホンの取り付けはDIYで簡単にできる!
  2. ドアホンやインターホンの取り付けをDIYで行う条件
  3. ドアホンやインターホンの取り付け業者にかかる費用
  4. ドアホンやインターホンをDIYで取り付ける際に必要な道具
  5. ドアホンやインターホンを取り付ける前の取り外し方
  6. ドアホンやインターホンの配線
  7. ドアホンやインターホンのDIYでの取り付け方
  8. 室内のドアホンやインターホンの取り付けDIY
  9. DIYで取り付けるドアホンやインターホンの選び方
  10. ドアホンやインターホン取り付けは配線が重要
家のドアホンやインターホンが故障したり、防犯なども考えて新しいものに変えるとなったとき、皆さんはどうしますか。多くの人は業者に頼んで交換するという人が多いですが、最近ではDIYで簡単に取り付けることができるということをご存知でしょうか。電源直結式でなく、配線などの条件さえクリアすれば、費用を安く済ませつつも、DIYで簡単に取り付けることができるのです。かなり大変そうな作業のように感じますが、実際は意外と簡単に取り付けができるものです。 今回はそんなDIYで簡単に取り付けができるドアホンやインターホン、そして電源直結式の場合の業者の費用などについて紹介していきます。
01
引用: https://www.biccamera.com/bc/c/life/intercom/images/01.jpg
Column 05 01
引用: https://www.royal-hc.co.jp/roy-support/img/column/column-05-01.jpg
せっかく費用が安く住むのであれば、ドアホンの取り付けもDIYで簡単に取り付けしたいものです。しかし残念ながら、すべてのドアホンやインターホンでできるとは限りません。DIYで簡単に取り付けをするには、ある2つの条件があります。 まず一つはチャイムコードがきちんと配線されているかどうかです。ほとんどのドアホンではこの部分はクリアしていますが、古い建物の場合そうでない可能性もあるため、念の為確認しておきましょう。 そしてもう一つが、電源直結式でないかどうかです。コンセントから給電するタイプであれば、問題なく取り付けができますが、電源直結式である場合、どうしても高度な作業が必要になり、その作業をするには資格も必要となるため、万が一電源直結式である場合は、DIYは不可能です。
Img 5015 500x375
引用: https://www.diy-mountain.com/wp-content/uploads/2017/08/IMG_5015-500x375.jpg
Image153
引用: https://www.diy-mountain.com/wp-content/uploads/2016/04/image153.jpeg

関連記事

先程少し述べたように、ドアホンやインターホンが電源直結式のものであったり、古い建物の場合、インターホンよりも古いボタン式のチャイムである場合、DIYで取り付けとなると簡単にはいかないものとなります。その場合は無理をせずに、業者などに頼みましょう。業者に頼むとなると、当然費用が高くなってしまいますが、電源直結式のインターホンの取り付けで感電したり、配線を誤って切ってしまって再起不能にするよりはよほど安全です。最近では写真を添付して送るだけで無料で工事の見積もりをしてくれるサイトなどもあるため、費用に関しても自分で見極めて安い業者を選ぶということができるようになっています。
1 / 4