Eeuuofvwajsbxpujz9ax

収納・整理

CATEGORY | カテゴリー

オキシクリーンの失敗例!何が原因?正しい使い方をおさらい!

2018.12.16

オキシクリーンは高い洗浄が魅力の酸素系漂白剤として人気があります。オキシクリーンを使ったオキシ漬けで”風呂・服・靴・ステンレスシンク・五徳”をキレイに洗浄!オキシクリーンの失敗例とその原因、失敗しないための正し使い方をご紹介します。

目次

  1. オキシクリーンとは?
  2. オキシ漬けで”風呂・服・靴・ステンレスシンク・五徳”を洗浄
  3. オキシクリーンで失敗?その原因とは
  4. オキシクリーンの失敗例とその原因①:「ステンレスシンク」
  5. オキシクリーンの失敗例とその原因②:「服」
  6. オキシクリーンの失敗例とその原因③:「靴」
  7. オキシクリーンの失敗例とその原因④:「換気扇」
  8. オキシクリーンで失敗しないためのポイント
  9. 失敗なし!正しいオキシクリーンの使い方
  10. オキシクリーンは優秀な万能クリーナー【まとめ】
Oz5tidwsianhj5ghu4ap
引用: https://www.instagram.com/p/Bo3fPvigiyW/?utm_source=ig_web_copy_link

オキシクリーンは”風呂・服・靴・ステンレスシンク・五徳”などあらゆるものに使うことができる大人気の酸素系漂白剤です。オキシクリーンの魅力としては臭いのキツく洗浄力が強い塩素系漂白剤とは違い、基本的には無臭で酸素系漂白剤に界面活性剤がプラスされたオキシクリーンは洗浄力と使い勝手の良さが絶妙なため万能クリーナーとして多くの人に愛用されているのです。

V0kmpkwkxcv5cnpxs4vk
引用: https://www.instagram.com/p/BhvXwIiAwfH/?utm_source=ig_web_copy_link

オキシクリーンで洗浄することを”オキシ漬け”と呼びます。オキシ漬けとはオキシクリーンをお湯に溶かした液体に漬け置きすることによって汚れを破壊し、浮かせて落とす働きがあります。塩素系漂白剤では使えないようなものでも洗浄することができる酸素系漂白剤のオキシクリーンは”風呂・服・靴・ステンレスシンク・五徳”の洗浄にも大活躍してくれます。万能クリーナーとして活躍の場が多い漂白剤だと言えます。

Y7eujgvi9y39c1gr9kfx
引用: https://www.instagram.com/p/Bo2BA0qnCJr/?utm_source=ig_web_copy_link

オキシクリーンは塩素系漂白剤と比較すると失敗が少ないのが魅力ではありますが、それでも使い方を誤ると失敗してしまうので注意が必要です。オキシクリーンはアルカリ性に弱いものには使用することができないので、まずは下記の製品に関しては使用は避けるようにしましょう。

・ウール製品
・ペルシャ製カーペット
・麻製品
・天然革、合成皮革
・おしゃれ着
・コーティングされている製品
・ステンレス以外の金属製品

Uqpphoptntdgk51jowwh
引用: https://www.instagram.com/p/BnGrBUjFSZF/?utm_source=ig_web_copy_link

こちらのものを使用すると失敗の可能性が極めて高くなってしまうので気を付けましょう。その他にもオキシクリーンの使い方には気を付けないと失敗のリスクがあるので、まずは幾つか失敗例を挙げていきます。

関連記事

Ijhcwcdvfxnpqgerkuiy
引用: https://www.instagram.com/p/BXPNxHTH6UA/?utm_source=ig_web_copy_link

基本的にオキシクリーンはステンレスシンクへも使用することができますが、ステンレスシンクの種類によっては失敗してしまう可能性があるので注意が必要です。オキシクリーンをステンレスシンクに使って失敗してしまう原因としてはステンレスシンクのコーティングを剥がしてしまい、シンクがまだら模様のようになってしまう恐れがあるのです。お使いのシンクがフッ素コーティングされているかどうか調べてからオキシクリーンを使うことで失敗のリスクを下げることができます。

1 / 4