Hnw1rjjgbrvr1tch3bpx

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

管楽器のチューナーでおすすめは?吹奏楽を嗜むなら必須の一品!

2018.11.19

吹奏楽部などは今盛んになっていますが、管楽器のチューナーなども必要になってきますよね。人気のヤマハやKORGが人気でおすすめなのですが、ディズニーのキャラクターがデザインされた可愛いものもあります。今回は吹奏楽部の方におすすめの管楽器チューナーをご紹介します。

目次

  1. 吹奏楽を楽しむ方におすすめの管楽器チューナーはこれだ!
  2. チューナーとは?
  3. 吹奏楽をするときにはやはり必要になることが多い!
  4. チューナーにはタイプが存在!
  5. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナーはこちら!
  6. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナー① KORG クリップ式チューナー/メトロノーム Dolcetto AW-3M
  7. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナー② ヤマハ YAMAHA チューナーメトロノーム TDM-700G
  8. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナー③ KORG クリップ式チューナー AW-LT100M
  9. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナー④ ヤマハ チューナーメトロノーム ミニーマウス TDM-700DMN4 クリップマイク(ホワイト/ブラック)&本体専用ケース付き
  10. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナー⑤ クロマチックチューナー&メトロノーム(クリップ付属) TDM-38L
  11. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナー⑥ YAMAHA チューナーメトロノーム 【ファンタジア】 TDM-75DF
  12. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナー⑦ ヤマハ YAMAHA クリップオンチューナー TD-38L
  13. 吹奏楽部におすすめ管楽器チューナー⑧ KORG チューナー/メトロノーム/レコーダー
  14. 管楽器のチューナーはアプリも存在
  15. 【まとめ】おすすめのチューナーでより正確な練習・演奏をしよう!
Jpeg image c70367ecd87c 1
引用: https://ide-suke.com/wp-content/uploads/2017/02/JPEG-image-C70367ECD87C-1.jpeg

学校でも様々な部活がありますが、最近特に人気が急上昇しているのが吹奏楽部ですよね。今では吹奏楽団だけでなく、会社でも吹奏楽部が存在するところがあるほどです。そのような吹奏楽ですが、楽器の種類も豊富で、管楽器を扱う人も多いですよね。そのような管楽器を含め楽器を演奏する際に必要なのがチューナーです。今回はおすすめの人気チューナーをご紹介したいと思います。

Td38s 800
引用: https://www.yamahamusic.jp/var/rev0/0098/5833/td38s_800.jpg

吹奏楽部に入りたての方や楽器に触れ合う機会が少ない方はチューナーについてご存じない方もいると思いますが、チューナーとは楽器の音を正確にするアイテムです。というのも、楽器でもやはりその日の気温や室温によってや、使い方・使っている状況で音が変わることが多いです。特に有名なのがギターで、ギターは弦を締めているので日が立つと弦がゆるくなり、同じコードを押しても音の出具合が大きく変わります。このような本来の音に戻す時に調整する時に使うのがチューナーです。ギターなどが特に有名ですが、もちろんこのチューナーは管楽器にも存在します。

Slide 01 sp
引用: https://kanngakki.jp/wp-content/themes/hattori/img/SLIDE_01_sp.jpg

チューナーについてご紹介しましたが、チューナーはやはり吹奏楽など楽器を演奏するときには必須と言えます。先程も触れたように、楽器は使用状況や環境によって音が変わります。そのため、より正確な音を出すためにもチューナーを使うのが好ましいです。さらに、楽器の音を上手に出す、綺麗に演奏するためには練習すると思いますが、この練習時に欠かせないのがチューナーでもあります。

Ca 2
引用: https://tshop.r10s.jp/guitarplanet/cabinet/korg/ca-2.jpg?fitin=275:275

チューナーについてご紹介しましたが、チューナーと一言で言っても実はチューナーにも種類があります。もちろん種類が違えば魅力も変わるのですが、次は簡単にチューナーの種類と魅力をご紹介しますので、ぜひご参考いただけたらと思います。

チューナーの種類:置くタイプ

News photo
引用: https://img.barks.jp/image/review/1000083622/news_photo.jpg

まず最初に挙げられるチューナーの種類は置き型タイプです。置き型タイプは上記の画像のようなデザインですが、目にしたことがある方も多いと思います。ボタンがたくさんあるので、一見難しそうなイメージですが、操作性はかなり簡単で、慣れれば誰でも使えると言っても過言ではないです。もちろん上記の画像よりもさらにボタンが少ないシンプルなものもあるのですが、置き型タイプは置いて使うので、安定して音を拾いメモリが見やすいという点が特徴的と言えます。

1 / 4