Lswqtumtx7ikcj4ws63i

キッチン収納

CATEGORY | キッチン収納

フライパンで長持ちするのは?ガスとIHのコンロで選び方が違う?

2018.11.13

フライパンが長持ちするというのはかなり良いことです。ガスとIHでは選び方が異なり、くっつかないことはもちろん、長く使うことができるものがおすすめです。今回はそんなガスとIHに対応している長持ちするおすすめのフライパンを紹介していきます。

目次

  1. 長持ちするフライパンとは
  2. おすすめ長持ちフライパンの選び方:エクセレンス
  3. おすすめ長持ちフライパンの選び方:シルクウェア
  4. おすすめ長持ちフライパンの選び方:ル・クルーゼ
  5. おすすめ長持ちフライパンの選び方:スイスダイヤモンド
  6. おすすめ長持ちフライパンの選び方:フェアリーローズ
  7. おすすめ長持ちフライパンの選び方:和平フレイズ
  8. おすすめ長持ちフライパンの選び方:軽いねストロング
  9. おすすめ長持ちフライパンの選び方:フォアフッ素加工
  10. フライパンは長持ちしてくっつかないものを
61 o9wfyaml
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/61-o9WfYamL_.jpg
Ee5351b7507b08c3e3e91c17a5575ad8f326c35c.58.1.8.2
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/8/ee5351b7507b08c3e3e91c17a5575ad8f326c35c.58.1.8.2.jpg

テフロン加工というのは、使えば使うほどはがれてきてしまうものです。特に調理器具によっては、普通に料理しているだけでは傷が付いたりはがれたりして、くっつかない加工ははがれてしまうものです。そんなフライパンの中で今最も人気のあるフライパンが、スイスダイヤモンドのフライパンです。こちらはダイヤモンド加工がされており、フライパンの表面にダイヤモンドのコーティングがされています。ダイヤモンドというのはかなり丈夫なものであるため、傷つきにくく、それでいてくっつかないのが特徴です。こちらもガスとIH両方に対応しています。くっつかない加工が長持ちするフライパンとしては、こちらが最もおすすめです。

41t7ee76pzl
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/41T7ee76PZL.jpg
P5136036
引用: https://mom.rouxril.com/images/P5136036.JPG

どれだけ長持ちするフライパンといっても、どうしても買い換えなければいけないことがあります。どうせ買い換えるのであれば、できるだけフライパンを買い換えるコストを抑えておきたいものです。ティファールのフェアリーローズは、コストが安いフライパンとして人気があります。人気ブランドであるティファールの中ではかなりお手ごろな価格であり、手ごろな価格でありながらも性能は折り紙つきであるため、コストパフォーマンスはかなり良いです。パワーグライドという加工がされているため、炒め物などをしてもくっつかないです。こちらはガスのみの対応となってしまうので、IHでのしようは残念ながらできません。

C50006
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/C50006.jpg
490555233.1
引用: https://im8-a.mbokimg.dena.ne.jp/1/7/233/490555233.1.jpg

スーパーなどで売られているタイプのフライパンと違い、鉄フライパンというのは見た目がかなりおしゃれであり、料理の仕上がりも通常のフライパンとは少し違います。しかし鉄フライパンの多くはテフロン加工がされておらず、どうしてもくっつきやすいものが多いです。和平フレイズの鉄フライパンは、鉄フライパンでありながらもくっつかないというのが特徴のフライパンです。鉄フライパンであるため重量は他のフライパンと比べると重いですが、その分くっつかないため、料理がかなり楽になります。また、ガスはもちろんIHにも対応しているため、おしゃれな鉄フライパンを使ってみたいが、IHコンロだという人にもおすすめです。

51oztb9r6ul. sl1000
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/tsv_upload/51ozTB9r6uL._SL1000_.jpg
58835
引用: https://tshop.r10s.jp/emedama/cabinet/mc117/58835.jpg?fitin=275:275

フライパンの選び方というのはさまざまありますが、多くの人が注目するポイントとしては、料理をした後の後始末です。フライパンというのはネジなどでパーツを固定しているものも多いため、そのようなところに汚れなどが入ると、取り除くのがかなり大変です。パール金属の軽いねストロングというフライパンは、その名の通り軽いフライパンとなっています。また、フライパン自体も傷や汚れに強く、お手入れがかなり簡単です。特にフライパン本体と柄の部分の間にネジなどが付いていないため、汚れがたまりにくくなっています。フライパンを使って料理をするが、その後の後始末がかなり大変だという人は、このフライパンを使ってみてはいかがでしょうか。

2 / 3