Lswqtumtx7ikcj4ws63i

キッチン収納

CATEGORY | キッチン収納

フライパンで長持ちするのは?ガスとIHのコンロで選び方が違う?

2018.11.13

フライパンが長持ちするというのはかなり良いことです。ガスとIHでは選び方が異なり、くっつかないことはもちろん、長く使うことができるものがおすすめです。今回はそんなガスとIHに対応している長持ちするおすすめのフライパンを紹介していきます。

目次

  1. 長持ちするフライパンとは
  2. おすすめ長持ちフライパンの選び方:エクセレンス
  3. おすすめ長持ちフライパンの選び方:シルクウェア
  4. おすすめ長持ちフライパンの選び方:ル・クルーゼ
  5. おすすめ長持ちフライパンの選び方:スイスダイヤモンド
  6. おすすめ長持ちフライパンの選び方:フェアリーローズ
  7. おすすめ長持ちフライパンの選び方:和平フレイズ
  8. おすすめ長持ちフライパンの選び方:軽いねストロング
  9. おすすめ長持ちフライパンの選び方:フォアフッ素加工
  10. フライパンは長持ちしてくっつかないものを

毎日の料理で必ずといってもよいほど使用するフライパン。必要不可欠な調理器具だからこそ、くっつかない長持ちのフライパンが最もおすすめです。とはいえ、フライパンといってもさまざまなものがあり、深さも異なれば大きさも異なります。またフライパンによっては、テフロン加工がされているものもあるなど、くっつかないための工夫がされているフライパンもあります。また、フライパンといってもIHに対応しているものもあれば、ガスでしか使うことができないものもあるなど、自分が普段使用しているコンロによっても、対応していないフライパンがあるということもあります。今回はそんなくっつかない長持ちするおすすめのフライパンの選び方などを紹介します。

5dada5f5c79d40b7fd0ee0aa0234c955
引用: https://happypio.com/wp-content/uploads/2016/05/5dada5f5c79d40b7fd0ee0aa0234c955.png
Pan corting 1024x576
引用: https://www.frypan-susume.com/wp-content/uploads/2015/06/pan-corting-1024x576.jpg

フライパンを始め、調理器具の代名詞ともいえるフランスのブランドであるティファール。そんなティファールの人気フライパンが、エクセレンスです。ガスはもちろん、IHにも対応されているため、かなり万能です。テフロン加工はもちろんチタン加工もされているため、くっつかない加工についてもかなり長持ちします。そして何より最大の特徴は、CMなどでもおなじみの機能である、取っ手が取れることです。取っ手が取れるため料理においてかなり使い勝手がよく、フライパン以外の調理器具にすぐ取り付けることができるため、一度に複数の料理をするときにかなり便利です。フライパン自体もかなり長持ちするため、あまりフライパンを買い換えたくない人におすすめです。

5a966cf54c2e2
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/form/article/2018/02/28/5a966cf54c2e2.jpg
0000000011632
引用: https://shop35-makeshop.akamaized.net/shopimages/nishizawa/0000000011632.jpg

取っ手は取れませんが、デザインがかなりおしゃれなフライパンが、中尾アルミ製作所のフライパンであるシルクウェアです。アルミであるためフライパンとしては軽量であり、炒め物などをするときにも腕が疲れたりしてしまうということがなくなります。こちらもチタンフッ素加工がされており、くっつかない加工がされており、その機能も長持ちします。こちらはガスには対応していますが、IHには対応していないため、オール電化などでIHのコンロを使用しているという人は使うことができません。大きさについてもかなり種類があり、一人暮らしにおすすめの小さいサイズから、かなり大きなフライパンまで、さまざまな大きさが用意されています。

5bbee96f1de22
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/406/406/contents-commerce/form/article/2018/10/11/5bbee96f1de22.jpg
61 zcyvvghl. sx355
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61-zcyvvghL._SX355_.jpg

テフロン加工というのはくっつかないのが特徴ですが、もうひとつの特徴として熱伝導が優れているというところです。しかしその熱伝導については、テフロン加工よりも優れたものがあります。その加工がされているフライパンがル・クルーゼのフライパンです。こちらはノンスティック加工というものが施されており、テフロン加工よりも熱伝導がかなり良くなっています。そして熱伝導とともに耐久性も良くなっているため、フライパン自体もかなり長持ちします。こちらはガス、IHともに対応しているため、かなり使い勝手が良いです。熱伝導に優れており、それでいて耐久性があって長持ちするフライパンを探している人におすすめです。

1 / 3